Sample1

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In elit tellus, vulputate a, scelerisque et, ultricies at, neque. Proin leo libero, hendrerit ac, volutpat vel, ultricies a, felis. Nullam odio velit, venenatis venenatis, aliquet eget, commodo at, erat. Nullam erat urna, condimentum eget, porttitor in, semper id, sem. Fusce erat. …

Sample2

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In elit tellus, vulputate a, scelerisque et, ultricies at, neque. Proin leo libero, hendrerit ac, volutpat vel, ultricies a, felis. Nullam odio velit, venenatis venenatis, aliquet eget, commodo at, erat. Nullam erat urna, condimentum eget, porttitor in, semper id, sem. Fusce erat. …

Sample3

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In elit tellus, vulputate a, scelerisque et, ultricies at, neque. Proin leo libero, hendrerit ac, volutpat vel, ultricies a, felis. Nullam odio velit, venenatis venenatis, aliquet eget, commodo at, erat. Nullam erat urna, condimentum eget, porttitor in, semper id, sem. Fusce erat. …

Sample4

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In elit tellus, vulputate a, scelerisque et, ultricies at, neque. Proin leo libero, hendrerit ac, volutpat vel, ultricies a, felis. Nullam odio velit, venenatis venenatis, aliquet eget, commodo at, erat. Nullam erat urna, condimentum eget, porttitor in, semper id, sem. Fusce erat. …

Recent Articles:

正しいことが出た時にこそ言えること、今回の理研は共同研究者が確認を怠ったからではないのか

再発防止策を問われると、「科学は性善説で、共同研究者が出したデータは信じるもの。今回はそれが問題だったのかもしれないが、だからといって、共同研究 者が出したデータを信じず、1から自分の手で行った研究しかできないことが科学として望ましいかというと分からない。今回のような問題を防ぐ方法は、自分 でも言い切れない」と複雑な思いを吐露した。(ニュース記事より引用)

確かに最初からやるのは大変だというこの記事はわかるけど、それは共同研究者以外の人のことであって、共同研究者はそれが正しいと確認をするべきだったのではないか。その部分がない。理研として共同研究者はどうだったのかを示すべき。

何かこの記事を見ると共同研究者もひとりが出した結果をそのままその周辺の関係者も確認しなくてもいいと言っているように聞こえる。それは違うのではないか。

 「STAP細胞は存在しないと考えてよいか」との質問に対しては、「科学者としてはお答えできない」と応じた。「検証実験は、論文の手順に従ってSTAP 現象が再現できるか調べたもの。今回の手順では再現はできなかったが、そこに可能性を見いだすか見いださないかは、個々の研究者の判断にゆだねる」(相澤 氏)。

これも彼女が論文以外の方法で確認をしたのかが不明のままである。それがあるなら48回も論文の確認をすること以外の方法、彼女の方法で検証するべきだったのではないか。彼女が200回もOKだと思ったその方法が明確ではない。

Comments

電子書籍は消費期限付き

December 19, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

「スマートフォンなどのアプリで電子書籍を購入した場合、端末のOSをアップデートした際にアプリとの互換性がなくなることがあります」。アプリが使えなくなれば、当然、購入した電子書籍も読めなくなってしまう。さらに、電子書籍を読む端末が故障した場合も、その端末にダウンロードしたデータを読めなくなる可能性が…。では、これらのトラブルが起きた時、どうすればいいのだろうか?「現在は残念ながら、これらのトラブルについて有効な対処法はなく、消費者はそれを理解したうえで使うしかありません。利用規約には、こういったトラブル の可能性も書かれているケースが多いものの、すべてに目を通すのは大変ですよね。『機種変更したらどうなるか』『端末が壊れたらデータ復元できるか』と いった情報だけでも確認しておいたほうがいいでしょう」(ニュース記事より引用)

私もアプリだがアップデートができなくなりその原因がOSのバージョン、つまりハードまで新しいものに変えないとダメとなって、それならとそのまま放置。つまりハードも交換を伴うのならいくら金があっても無駄だとわかったからだ。

結局、おいしいサービスには消費期限もあるということだ。

となるとネット上とかサーバ、端末には多くの電子書籍やアプリの残骸がたまり、数年後でさえもそれを発掘しても再生ができないということになるわけだ。

歴史が物語っているように、書籍は何千年も保存でき、後世の人にも価値が出るけど、電子書籍は後世の人は存在はわかっても再生もできないことになるということだ。

国立図書館とかどうするのだろうか。すべて電子化してしまってもその都度ハードも交換するのだろうか。

Comments

中国製冷凍ギョーザ事件の終結、今思えばあの工場の管理はよかった、一人の従業員の問題だけだった

December 19, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

2007~08年に中国製冷凍ギョーザを食べた兵庫、千葉両県の10人が中毒症状を訴えた事件で、両県警は19日、中国・河北省の製造元「天洋食品」の元 中国人男性従業員(40)を殺人未遂容疑で書類送検した。元従業員は中国の裁判で危険物質投与罪に問われ無期懲役の判決を受けており、送検により捜査は終 結する。(ニュース記事より引用)

結局、この事件が発端で中国本土から中国政府も中国人も日本の嘘つきとよばわれ、さらに日本からは中国製品の不買運動まで起こって、いまだにこれだけでないけど中国製は品質が悪いとレッテルをはられている。

でも冷静にこの事件を見るとあくまでのこの記事が正しければ、ひとりの従業員の問題で二国間の問題になってしまった。

当時はこの工場の徹底した管理も紹介があった。最近はあのマクドナルドなどが提携していた工場の管理のずさんさもあったけど、すべてとは言わないけど、欧米や日本が関わっている工場管理は基本としてはいいのではないか。 … Continue Reading

Comments

「Made in PRC」であろうが現状を作ったのは我々国民、市場が作り上げたもの

December 19, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

「Made in PRC」という表示を見て、どこの国で作られたものかわかるだろうか。「PRC」は、中華人民共和国の英文表記「People‘s Republic of China」の頭文字を取ったもので、この表示は中国産を意味している。日本では、「Made in China」と表示するのが一般的だが、あえて浸透していない「PRC」を用いる真意はどこにあるのか。中国産を敬遠する消費者の目をごまかし、売り上げを伸ばそうとする確信犯的行為との専門家の指摘もある。(ニュース記事より引用)

中国産を嫌うのも勝手だけど、加工品とか店で使われている食材の生産元がどこかを一度調べたらどうか。これまでも中国産を日本産と偽装したニュースもあったのだから、むしろ加工品は加工したところを明記するから個人的には加工品も怪しいと思っている。でもコンビニでも中国産もあるのだから、それは日本の輸入業者、あるいは加工業者が中国産でも品質が高い、問題がないと確認をするしかないのではないか。そもそも自給率も低く、輸入に頼っている状態を改善しない限りは無理。さらに以前は電化製品や衣類などmade in Japanが多く日本製=品質も高いだったけど今はmade in Chinaが多い。その状況を作ったのは我々ではないのか。 … Continue Reading

Comments

現実は厳しい成長戦略、日本が成長したのは20年以上も前の話…

 「アベノミクスは円安を誘導して輸出を増やすということだった。それができていないし、国内消費は今年4月以降、低迷が続いている。中小企業の業績は今後さらに悪化するでしょう」と予測するのは日本総合研究所チーフエコノミストの山田久さん。慶応大教授(労働経済学)の太田聡一さんは「アベノミクスは金融・財政政策による一過性の効果だけと、多くの経営者が見抜いているのだと思います。株が上がり資産効果が出ますよね、円安で業績がよくなりますよね……ということにすぎないと。日本経済の体質が強くなったからではなく、少し懐が温かくなったから賃上げをしただけ。景気が回復傾向にあり、人手不足だから必然的に賃金は上がるといっても、建設や小売りなど一部の業種に限られています」と話す。(ニュース記事より引用)

個人的な意見をいえば選挙も終わってなぜいまさらアベノミクスの批判をするのか。投票でアベノミクスは今後も続くし、期待していると投じたのではないか。(個人的にはアベノミクスの成長戦略は失敗すると言い続けている)。さらに皆の意見や記事も正しいと思う。ではどうすれば政府に期待せずアメリカのようにGDPをあげられるようにできるかを考えないといけないのではないか。本来ならそういうのは選挙中に候補者同士、その地域で毎日選挙カーではなく討論会をやればよかったのである。 … Continue Reading

Comments

成長とかトップダウンなのか、いつになったら底まで恩恵を得られるのか

よく世間では成長戦略とか言って次のような便利な言葉で一時停止をずっとつづけている。
・大企業だけ儲けて給料も上がっている
・地方と都心部は収入格差が広がっている
・中小企業は報酬は上がらない
・店では増税分を価格に反映できない
・非正規社員よりも正社員
・成果主義よりも年功序列、終身雇用

などなど、便利な言葉が多くある。これらはそういう言葉が出てくる原因、社会の状況がある。先日までの選挙では … Continue Reading

Comments

賃上げまで国が関与するのは異常!!

December 16, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

政府、経済界、労働界の代表は16日午前、政労使会議を首相官邸で開き、経済界が来春の賃上げへ最大限の努力を図るとする合意文書をまとめた。安倍晋三首相は会議で「経済界の皆さんに賃上げについて最大限の努力を果たしていただけるよう要請したい。賃上げの流れを来年、再来年と続けていき、全国津々浦々にアベノミクスの効果を浸透させたい」と強調した。(ニュース記事より引用)

日本もどんどんと普通のことができない、中国政府のようになんでも政府が関与するような社会になってきた。これまでも規制などで資本主義のビジネスの自由を奪い、あくまでも中央のやり方に従えという言わんばかりを続けている。

本来税収アップの順番がある。
まず投資をして、それに売上と利益が出て初めて税金を払い、報酬も払い、さらに次の投資に回すのである。これがまわってはじめて成長が続くのである。

でも今の日本はまず日銀が金を刷って市場に流して株高にして、気分が高揚したと騙し、さらに円安から得た収益の出た企業だけに報酬を払えと頼んでいる。ただ数字上の売上が上がっただけで、投資から生まれた売上の上昇によるものではない。ここで言う売上というのは利益が出て、次回の投資もできて報酬も払えるという状態になることである。 … Continue Reading

Comments

アベノミクスは来年増税のために頑張ってきたのではないのか

December 15, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

安倍晋三首相(自民党総裁)は15日の記者会見で、衆議院選挙では予想をはるかに上回る国民の力強い支持を得ることができたと指摘。アベノミクスへの支持を受け、引き続き自民党・公明党の連立与党の下で、経済最優先で政策を進めていく考えを示した。(ニュース記事より引用)

素朴な疑問、来年10月に増税10%のためにアベノミクスの第三の矢があって女性の活用とか特区を作ったりとかあったはず。つまりいろいろな案があって来年増税を目指して優先度を決めてやっていたはず。でも結果は1年半後の延期、さらに選挙でのアベノミクスの承認、これっていまさらアベノミクスを前進しようと言うのはなぜなのだろうか。いまさらなのだが、もっと成長するだけのアイデアがあったのならなぜもっと早くやらなかったのだろうか。それとも前進するという意味は優先度の低い、取り残しをこれからやるということか。そもそも1年半後の景気状況に関係なく増税をするという意味はそういうことではないのか。 … Continue Reading

Comments

今後批判するべきは自公ではなく野党、野党が国民に実現可能なことを示さない限り、選挙で勝つことはない

現状の日本の政治は野党は政権与党を批判だけするだけの集団、野党を批判するのは有権者という構図になっている。

本来の政治は与野党ともにその2つの大きな集団同士が議論を行い、何かを決めていくのが本来の政治の仕事。国民は常にそれを見て選挙というのはどっちを選ぼうか、今後の4年、あるいは3年を彼ら与党か野党を選ぶ期待感があるもの。

でも今は与野党は対等ではない。それは議員数の問題ではなく、野党には国民に問うだけの期待感を与えてくれない。

自公の批判はマスコミがやればいい。野党も立派な政治家なら野党としてできることを国民に見せてほしいのに、それがまったく何もないことが大問題。 … Continue Reading

Comments

政権交代実現できないならせめて議員定数削減と報酬カットを野党からさっさとやれ

December 14, 2014 ニュースに関するコメント Comments Off

年末年始、自公政権は経済が悪いという数字が出ても祝杯、野党は負けた、でも選挙前と同じと開き直って反省会もなく彼らも年末年始の休日

せめて負けたのだから1年半後、あるいは2年後の中間選挙、あるいは4年後の任期満了までまたずにさっさと野党は国民のためにすぐに実行せきるということを示してほしい。

それはやはり議員定数削減と報酬カットである。特に維新の党も橋下市長のさっさと問題を指摘して改善していく姿勢を評価しているのだから、せめて野党だけでもこの2つをさっさとやったらどうか。それをやってから年末年始の休みに入ってほしい。

野党だってサプライズを出せるんだから、せめて国民のためになることをさっさとやったらどうか。 … Continue Reading

Comments

Page 1 of 1,12812345...102030...Last »
December 2014
S M T W T F S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

News

cnnbrkCNN Breaking News
@cnnbrk:
There is at least one armed suspect involved in Sydney hostage situation, U.S. officials say. http://t.co/02SVSxOrFt
5 days ago from Twitter Web Client
USATODAYUSA TODAY
@USATODAY:
Motivation of Sydney hostage perpetrator unknown according to Australian PM Tony Abbott http://t.co/G4SklxfNf3
5 days ago from Hootsuite
BBCBreakingBBC Breaking News
@BBCBreaking:
Construction workers gather in front of #Sydney Opera House after evacuation: http://t.co/z9JrtJ2IN3 #sydneysiege http://t.co/9FphFGenb6
5 days ago from TweetDeck
BBCBreakingBBC Breaking News
@BBCBreaking:
Australia postpones release of mid-year budget update due to #sydneyseige http://t.co/pCJmb6EO6A
5 days ago from SocialFlow
BBCBreakingBBC Breaking News
@BBCBreaking:
The US Consulate in #Sydney has been evacuated - Statement via @PaulNBlake http://t.co/jYIp6E1Qp7
5 days ago from TweetDeck

Archives