高速船が何かに衝突、そして社長がコメント、それに疑問

April 11, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 高速船が何かに衝突、そして社長がコメント、それに疑問

高速船が先日何かにぶつかるという事故があり、シートベルト義務化も考えていると言うニュースがあった。何もかもこれも収益性のためなのだろうが、安全面と言うことをはじめから考えていなかったのだろうか?社長のコメントでは、現高速船には確実に衝突を避けるべき手段がないというのだ。これはおかしくはないか?確実に衝突を避ける手段がなければ、今後もこのような事故は確実に起こるということであって、シートベルトは即刻強制的に着用、そして80kの速度も大幅に下げるべきである。このような事故の確率は確かに小さいのかもしれないが、確実に事故が起こることにはかわらない。安全をまず考える企業であれば、現時点で何ができるのかをまずは考えたい。そして確実に衝突事故を起こさない、あるいは起こしても大惨事にはならないと言う確証を考えるべきである。これは理想でもなんでもない。説明していることがまず安全でコレコレをやっていたと言うのであればわかるが、何かに衝突することに回避もできない、乗客は負傷するのでは信頼もできない。


TWITTER

スカイマークエアラインズの社長が利益が出ないと言う理由で路線を切る、公共性は?

April 11, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on スカイマークエアラインズの社長が利益が出ないと言う理由で路線を切る、公共性は?

日本航空とスカイマークエアラインズの社長があいついで参考人招致で謝罪を行ったが、スカイマークエアラインズ(sky)の方針に疑問を感じた。収益確保は理解できるのだが、公共性が高い路線を、その収益によって失くすと言うことに対してだ。ニュース記事にはそこまで載っていないようだが、NHKでその報道を行っていた。

SKYはなぜ航空産業に参入したのかがわからない。収益ありきで参入したとはいえ、路線に関しては計画性というのがなかったのだろうか?今回の問題ではJALもSKYも危険な飛行機を飛ばし続けていると言うことではそれだけでも大きな問題である。謝罪するだけでは済まされる問題ではない。これまで大きな事故になっていないからって済まされることでもない。

さらに公共性が強い航空産業なのに、収益の変動で路線をコロコロ変えられたらそれも大きな問題だ。そういう意味では企業努力というのがまったく見えない。結局はこの両企業とも隅々まで見ていなかった、現場主義ではなかったということではないだろうか?彼らは、毎日のように、各路線や現場を見て歩いているのだろうか?自ら点検もしていたのだろうか?

ということで公共性が強いシステムはそう簡単に変更が可能かどうかに疑問を感じた

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives