サイエンスの話題、接着力が強いのは細菌?

April 13, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on サイエンスの話題、接着力が強いのは細菌?

サイエンスのニュースの中で「カウロバクター・クレセンタス」という細菌が水の流れるところ、つまり水道管などに付着、つまり接着し、それが市販品の約2倍の接着力があるということを米インディアナ大等のチームが実験で証明したそうだ。接着剤と言うと、市販されているアロンアルファやボンドを思い出すのだが、この記事の通り、流れに逆らってその場に居座ると言う意味では接着なのかとあらためて認識した。詳細の確認はこれかららしいが、毒性もないということから外科手術などに使用する目的でさらなる研究が進むと見られる。

ともかくもこのような発見はというか、これを日々研究していること自体にびっくりした。

TWITTER

NOVAのVOICEに参加、明日からイースター

April 13, 2006 英語の勉強 2 Comments

NOVAのVOICEに参加、明日からイースターが始まることを確認した。すでに大学のオフィスがやはり同じ理由から休日に入るというアナウンスが入っていた。しかし言われてみるまでは知らないことであった。実際、NOVAは明日から連休に入るわけでもないし、先生がそれで休暇を取ることもないようだ。今回のVOICEで知ったことといえば、イースターのエッグがチョコレートであること。とかくチョコレートが好きなんだなと再認識した。そしてマスコットであるイースターバニー(白いウサギ)である。NOVAではピンクのウサギが有名だが、このバーニーも知らなかった。これも習慣の違い(実際はクリスチャンに関する宗教色が強い)である。

ということでまずはこのイースターが明日から来週火曜日まであること。そして日本ではゴールデンウイークが間近であることだろうか。私の場合はゴールデンウイークにMBAの科目のレポートの提出や最終試験があるのでそうゆっくりとはしていられない。

英語の勉強になるのかどうかわからないが、先日多くのDVDとヒストリアンという本をamazon.ukに注文した。ヒストリアンはすでに日本語訳も上下で出ているがトータル3400円と高い。原書は1000円前後で日本でも手に入る。洋書はとかく高い。昨日東京八重洲口ブックセンターによって、NETUREという雑誌を購入しようと思った。これは日本語訳雑誌はない。そして洋書は4000円以上もするのだ。何と高いことか。結局購入はやめにした。MBAで必要な英語の本はamazonを通して購入しているが、最近はused/NEWのNEWで購入することが多くなった。というのも一見しても新品なのに安いからである。日本では相変わらず再販制度のため価格が競争化なっていないが、洋書は価格が異なり、安く購入もできる。それらをフルに使って、英語の本を英語で理解できるようにしたいものだ。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives