映画「ハイド&シーク」をみて、夜中の2時6分に何かが起こる

April 24, 2006 海外ドラマ/映画 Comments Off on 映画「ハイド&シーク」をみて、夜中の2時6分に何かが起こる

映画のハイド&シークを今日みた。最初は単なるかくれんぼと思っていたが、途中からチャーリーという人物が現れ、そしてその実体が実は主人公のエミリーの父親だった。何か途中からわけがわからなくなった。というのもエリザベスが窓から突き落とされるが、これにこの父親が関わっていたのかなと不思議に思ったのだ。風呂場での死体からの忠告なども映画の時間の流れをみると父親がそれを発見しているように描かれているからだ。

まあ、ともかくも最後の展開は速すぎるなとおもった。よっぽど正体がわかったときにそれを隠したかったのだろう。ただ、最後の絵に描かれた二人の顔はそれは別人であることを示しているのであろうが、この最後のシーンはいろいろなパターンがあったらしい。

DVDには時間の許す限り、コマーシャルや、カットシーンなどが入っており、そういう意味ではこれらは楽しい。先日2時?分に地震があったと思うが、自分はぐっすりと寝ていて気がつかなかった。こお2時?分には何かがいつも起きているのかもしれない。今日も何かがおこるのかな?

TWITTER

今日で一連の虫歯は終了

April 24, 2006 健康全般 Comments Off on 今日で一連の虫歯は終了

虫歯と表現したが、数週間前に急に治療歯の下が痛み、神経をその時にはじめて抜いてもらった。それから毎週のように薬を変えてもらい、今日はその金属に穴を開けていたのだが、それがふさがった。昨日はどういうわけか、少し痛みがあったが、今日は特に痛みもなく。歯医者では、その穴を光で変化するという特別のプラスティックが覆った。その時のにおいときたら、セメダインのような異様なにおいだった。またかみ合わせの関係で、金属やすりが回転し、何回か歯か金属かけずった。そして治療は今日で終了した。

今回の歯は自分も気がついていたが、手で触ると少々ぐらつく。先生にこれってどうすれば治るのかと聞くと、それは治らないと言われ、まだまだ現状では抜けることはないと。しかし抜けると、入れ歯をしなければならないという話があった。え~~、入れ歯なんていやだ!

歯はなぜか弱い。動物はわりと歯は丈夫と聞くが、なぜ人間はこうも弱いのだろうか?何か歯科にいくとかえって悪くなるような気もするのだが、それも気のせいか。結局歯の治療に関しては、どのように悪く、どのように治療していったのかが、実際にその状態を見ていたわけではないのでわからない。すべてお任せの状態だからこそ、ちょっと不安でもある。歯医者の場合は、これで終わりといっても、確実に歯は老化する。何回も足を運ぶことになってしまうのだから、どうすれば良いのか?

神経を抜いてしまったので、虫歯の進行は直視して気をつけておかないと痛みとしてはわからない。また金属の下なんてわかる分けない。本当に何も手が出せないところなのだ。

まあ、一応、今日で通院は終わり。これまでなるべくその歯ではかむことはなかったが、これからは大いに使用して、丈夫な歯でい続けたいと思う。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives