Home » イギリス全般 » Currently Reading:

NOVAのVOICEで入手したイギリスのコインについて

June 6, 2006 イギリス全般 No Comments

今日もNOVAのVOICEに参加したのだが、その中で、私がいつもイギリスのコインを持ち歩いていることから、それを紹介するとともに、先生から思いもよらない情報を聞くことになった。というのもいままで知らなかったからである。

1poundという今なら200円ちょっとの少々分厚いコイン。これのデザインを先生がみて、先生はイギリス出身なのだが、先生も同じコインを出して、こちらはウェールズのでこっちはイングランドと説明し始めた。?a

そうなんんです。私が持っていた1poundはウェールズのデザインで、また側面に書かれている文字もウェールズ語だったのです。絵柄は竜がデザインされています。
+ PLEIDIOL WYF I’M OWLAD
と。意味不明
知らなかった。

他の1poundを見ると、紋章がデザインされているものが
+ DECUS ET TUTAMEN
これも意味不明

この2枚、エリザベス女王のデザインも違う。

2poundsには
+ STANDING ON THE SOULDERSOF GIANTS
と書かれています。3枚手持ちがあるが、側面の文字は同じだが、エリザベス女王の絵柄に2種類ある。

不思議

20pと50pは7角形なのですね。10pもエリザベス女王の絵柄に2種類あった。

私も所持しているのが限られているので、そう詳細はわからないが、コインをまじまじと見ることがなかったのでびっくりだった。?

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives