意外と使いにくいネットショッピング

January 31, 2007 一般 Comments Off on 意外と使いにくいネットショッピング

定期的ではないが、DVD-Rのディスクやプリンターのトナーをヨドバシカメラでそれもネットで購入している。しかしこのネットショップはお客からみるとかなり不親切である。

まずカテゴリー別に分かれているとはいえ、お互いの関連性がない。
例えばプリンターとトナーは別のカテゴリーであって、ヨドバシカメラでは別商品である。もちろん別なのであるが、プリンターには固有のトナーやカートリッジがついている。その型番をいちいち覚えているわけではない。覚えていたとしてもヨドバシカメラは相互リンクがないので、結局はその商品にたどり着くまで時間を要する。また型番がわかっていても直接検索もできないし、ABC順に並び替えることさえできない。

このネットショップを使い始めてたぶん一年以上になるが、過去の注文履歴をもとに新しく発注もできない。トナーやカートリッジあるいは印刷用紙などは定期的に購入する機会が大きい。それなのに毎度毎度、まずどこにこれらの商品があるのかを探すところから始まるのだ。なぜ過去履歴からそれを応用した発注ができないのだろうか?本当にヨドバシカメラは自分の都合でしか店を開いていない感じがする。もっとネットショップはアイデア一つでどうにでも便利なものにできるはずである。

TWITTER

意外と知らない日本をどう紹介すれば良いのか

January 30, 2007 英語の勉強 1 Comment

本当に住んでいると行かなくなるのはだれでも同じではないだろうか?NOVAのVOICEに参加するも、いろいろな先生から同じような質問がくると困ってしまうことがある。それは日本で面白い場所、景色の良い場所など問われたときだ。確かに京都や大阪は良いとか鎌倉や浅草も良いとは言えれるが、実際にそこに行っていない場合はそれ以上詳しく説明ができない。今日も数名の生徒がいてもあそこは良いらしいというところで話が先に進まないのだ。日頃から日本人相手にこのような話題を出さないからだともいえる。もしその話でもすると、特にメジャーな休日に行ったとしても、良く時間やお金があると勘ぐられてしまう。海外ともなるとなおさらだ。それを言うことがきざっぽくなることもあるからあまり他人には言わない傾向がある。ましてや、近所の面白いところでも行かなくなる傾向もある。土日が休みだからといって、わざわざ毎回そういった場所に行くこともないし、考えもしないのが実際に近所に住んでいる我々日本人なのだ。しかしNOVAの先生方は違う、たった2日の休みでも安く効率よく行こうとするからこれはすごい。

またNOVAの場合、なぜだか生徒と先生との交流を禁止している。他の学校ではないことだ。せっかく近所を実際に案内しようにもそれができないから困ったものだ。かといってNOVAのスタッフがそれをケアしているのかというとそれもやっていない。仕事だからと割り切るのも良いのであるが、せっかく日本の良さを教えてあげようとするときに、見えないバリケードがあることが、かえって距離感を感じてしまう。

確かにNOVAの先生は教員免許もなく、ただ話すことで英語を教えている気にさせているようなところがある。長年いる先生には教えるコツも備わり多くの生徒からあの先生は教え方が良いと評されるが私から見ると所詮、それは違う感覚でいる。しかし、彼らが仕事は言え、バケーションで来ているということであれば、ましてやかれらの休みに日本を案内することは別問題だと思う。実際に近辺を歩いて英語で紹介することはお互いに勉強になるのではないだろうか?日本人はテレビ番組で多くの情報を学び過ぎている。よって実際に行っていないのであるからその情報にはリアル感がない。だからこそせめて日本の自分の住んでいる近辺だけでも紹介できるチャンスがあるのであればそれを活かすことができていいのではないかと思うのであるがどうであろうか?

TWITTER

マクロ経済学で小クイズ

January 29, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on マクロ経済学で小クイズ

BONDのMBAでは現在マクロ経済学を受けているが、これにはQUIZと呼ぶ合格点を稼ぐ小問題がある。ひとつは15問/15分、そして30問/90分のふたつ。どちらとも選択問題なのであるが、前半は1問/1分ときつい。後半はテキストを見ながらでも解ける。今日、IE7を今使用しているパソコンではインストールを行なったが、最近このPCの調子が悪く、時々アクセス時にサーバーが見つからないと先に進まないことがある。その理由もあってIE7に変更したが、その安定度もわからない。今日はノートパソコンを使用してIE6で問題を解いた。こちらのノートパソコンは年末年始に数回突然電源が落ちるという問題を持っている。先日サポートの指示でBIOSをアップデートしている。頻繁には使用していないものの、今のところ問題は起こっていない。今回のクイズは一度リセットが入ると二度と受けることができないので本当に慎重にならざるを得ない。今日は一応問題なく終了した。今週はquiz2もあるので、日にちを変えてそれを受ける予定である。たぶん、ノートパソコンで。

TWITTER

今日は大前研一講義を聞きに

January 28, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 今日は大前研一講義を聞きに

今日は午後から大前研一氏の講義がABS東京校で行なわれた。当初は3時間の予定だったが、Q&Aも含んで4時間もかかってしまった。内容としてはABS受講生向けの起業する心得が中心なのであるが、世の中のこれまでの動きの解説や今後の動きについてのいろいろな情報を聞くことができた。特に力説していたのは、
・googleの仕組みを分析すること
・googleを利用すること
・仲間を作るときには自分と意見が合う人を選ばないこと
・人と異なることをやること、枠にはまらないこと
などであった。
CMでもあったが、2+8=?、1+9=?など日本ではこういった教育だったが、?=10を解きなさいというと無限な解答がそこにはある。足し算しか思いつかない人は頭が固いことになるのである。

講義はまるまる3時間だったが、どれもこれも納得のいくものであって、それをいかに自分のものにして起業をする手がかりになりえるかというところがミソであると思う。googleは普段使用していたが、もっともっと研究すべきサイトであることを認識した。

TWITTER

ABS受講のために開講式

January 27, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS受講のために開講式

今日、BBT(ビジネスブレークスルー)これは大前研一氏が開いている講座の一つ、ABSの開講式に出席しました。総勢60名ほどがこの新しい講座を3ヶ月受講します。私の場合はベンチャー事業創造講座を半年間受けることにしています。今日は伊藤良ニ氏の2020年の世界の潮流という講義がまず1時間半ほどありました。そこでいっているのは、これからの時代は世界相手であり、言語は英語が中心であること。2050年までにはBRICSといわれる国々が経済の中心になるという。そのうち製造業が中国、IT関連がインドということです。日本は言語も含めてこれまでは守られてきたところがありますが、今後はその流れに気がつき、その流れにのらないと生き残れないことを示しているのだと思います。

また高齢化社会、少子化問題、労働人口の減少など明らかに始まっているこの状態に対して、どう対処していくかもビジネスから見るとチャンスでもあります。

この講座の後、親睦会が2時間ほどありました。前回OBOG会に参加してほぼ全員と名刺を交換できましたが、今日はどういうわけかそれが実現できず10名程度で終わってしまいました。それは名刺交換時に話し込むことと、会場が広かったことが上げられます。一度講座が始まると皆さんそれぞれの講座に分かれてしまうので今後は会う機会がほとんどありません。今日知り合った人を通じてさらに広げていくしかないのかなと思っています。

明日は大前研一の特別講座が午後に3時間あります、これも貴重な内容かと思うので参加します。

ABSは今後は再来週の火曜日から夜3時間、隔週で講義が開かれます。現在はBONDのマクロ経済学、ビジネスプラン、そしてABSのこの講座とビジネスプラン作成では共通する講座でもあるのでがんばっていこうと思っています。

しかし、今日参加した人は、社内起業あるいは一からの起業、すでに起業している人など刺激を与えてくれる人ばかりでした。

TWITTER

NOVA情報

January 26, 2007 英語の勉強 Comments Off on NOVA情報

今日NOVAのVOICEに参加して、本当かどうかわからないが、ある生徒から、NOVA社長のコメントとして、ゆくゆくは駅前留学が縮小になり、お茶の間留学中心になるという。これは一理ある。約1000件ある支店の維持費を考えると、ネットを利用する方が断然コストを削減できる。24時間運用もどこからでもアクセスOKまで実現すると、現状すでに存在するネット中心の語学学校とコスト戦争になると思われる。しかし、多くのネット学校が行なっているように、それは可能だ。これからの時代はやはりいかにコストをかけずに事業をやっていくかによると思われる。

TWITTER

今日はマンションでBフレッツの工事が

January 25, 2007 一般 Comments Off on 今日はマンションでBフレッツの工事が

実感がまだわかないが、私が住んでいるマンションのBフレッツの工事が今日行われ、50Mから100Mに変更となった。つまり速度が速くなったわけであるが、今のところ実感はない。チューナは事前にNTTから送ってきていたので、それに交換して接続しているわけである。ただそれだけであるが、何も変わっていない。

数日前から、PCの状態が変わったらしく、PCの起動時とシャットダウン時の時間が異様にかかるようになった。ネット接続はマニュアルで行うのであるが、その操作をするのに1分以上はかかってしまう。昨年購入したノートパソコンではそのような症状がないことから、確実に今使用しているディスクトップパソコンの状態が変わってしまっているのである。こういう場合どこにどうアクションを取れば良いのかがわからない。しばらくは試行錯誤が続きそうだ。

TWITTER

親睦会に参加

January 24, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 親睦会に参加

実は今週末から大前研一が開いている講座をひとつ参加することになっている。正確にはそこから受講生となるのであるが、今日はその親睦会があるということで事務局からお誘いを戴き、夜に都内でその親睦会が開かれた。もちろん、私にとっては周りの人は誰も知らない。最初はある人が起業を行なったということで、その事業の内容の説明のプレゼンがあり、その後レストランで親睦会があった。私はその親睦会に向けて、そのための名刺を作成し、それを持って名刺を集めることに専念した。よってほとんど食事は取れなかったが、名刺の数は参加した人数分にほぼ等しくなり、今後何かの折にいろいろと情報交換ができると期待している。

今週末にはその講座の開講式があり、ビジネススクールのメンバーと同じカリキュラムで約半年間の講座を受けることになる。こちらはある意味同級生になるので、それなりのつながり、連帯感が生まれると思う。

(この内容は1/25に記入、帰りが翌日になったため)

TWITTER

MONEYとコミュニケーションとの関係

January 23, 2007 英語の勉強 Comments Off on MONEYとコミュニケーションとの関係

昨日NOVAのVOICEに参加し、MONEYについて先生とのレッスン?があった。そこで先生が出した意見として、昔は物々交換でコミュニケーションがあったが、MONEYシステムの発達でこのコミュニケーションがなくなってきたというのだ。この関連をあらためて考えるとその通りだと思う。確かに表示されている価格に対して交渉で価格を再設定することが少なくなった。すべてではないが確かに表示価格を信じてその金額を払っているのだ。ましてやネット上でもオクションは価格が上がることはあっても下げることはない。多くのネットショップもその価格が標準価格よりも安いと思うと、コミュニケーションもなくその価格でカード決済を行なう。

今後カードや携帯電話で一瞬のうちに決済が決まることを思うと、よりコミュニケーションもなくその価格で決済してしまうことになってしまうのだろうと思われる。今もこうやって私はテキストを打ち、コミュニケーションもなく私の意見をこのblogに打ち込んでいる。コメントという欄はあるものの、それはリアルタイムではなく、機械的なコミュニケーションに過ぎない。そこにはやはり心がない。

ボソッとでも価格を聞いて、高いですね とか言って見るのも良いのかもしれない。何かのきっかけになるかもしれない。マニュアル化された機械的な対応は果たして今後、どうなってしまうのであろうか?

TWITTER

今日かかってきたダイレクト電話に思うこと

January 23, 2007 一般 Comments Off on 今日かかってきたダイレクト電話に思うこと

今が旬なのかわからないが、マンション販売のダイレクト電話を受けることになった。普通、会社は非通知で電話番号を公開しないのだが、今回の電話はしっかりと電話番号が表示された。内容は近くの駅前にマンションが新築になるので、購入の計画にこのマンションも入れて欲しいというものだった。いつものとおり丁重に興味がないと断った。

ここまではいつもある内容であるが、ここでひとつの疑問が出てきた。それはまず私が住んでいる近辺に立地するマンションの紹介をその周辺の住民にする必要があるのかどうかということである。実際私はここに住んでいるのである。もし引越しを考えているとすれば普通は遠く離れた場所を考えることが多い。頻繁に近辺で引越しをすることってよっぽど現状に満足していない限りないのではないだろうか?よって、近辺の人にまあ、どうしても見に来て欲しいという企業のもくろみもあるのであろうが、この1月のことを考えれば、地方からこの都会に移動を考えている人に向けて紹介すべきではないかと思うのである。

次にマンションっていつも思うのであるが、見込みって考えていないのであろうか?何か資金があって駅前など好条件だけで建てているような気がする。もしそうならば、顧客は建築中あるいは建った後に探すことになる。見込がないことも踏まえて、計画性がないと言っても良いのではないだろうか?こういった物件は見込があるから建てるのではないだろうか。なぜ後になってダイレクト電話で顧客を探すのだろうかという疑問である。今日の電話でもチラシを見ましたかと言ってくる。自分は普段からこういった不動産関連は見ていないのだから、見ていないと答えるのであるが、なぜかチラシを入れたこと=皆に見てもらっている と思っている節がある。あるいはチラシが入っていることをいうことで安心感を与えているのかもしれない。どちらにしても、見込みのない建築には個人的には疑問を感じる。

最近は電話番号順にひとつひとつ電話をしていると皆言う。以前は名簿などを出していたが、これも業界のマニュアルなのであろうか?電話番号をひとつひとつ番号を変えているといえば一応最初の壁は突破できるからだ。

まあ、どちらにしてもマーケティング活動なしの先手マンション建築には疑問を感じた。

TWITTER
Page 1 of 41234
January 2007
S M T W T F S
« Dec   Feb »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives