VOICEの話題で地球温暖化

February 19, 2007 英語の勉強 Comments Off on VOICEの話題で地球温暖化

地球温暖化の映画を見る人が増えると、必然的にその内容に触れることになるのであるが、私にはもっとそれを深刻に考えるのであれば、国レベルでそれを考えるべきだと思っている。それも大胆にだ。先日安倍首相もその映画を見に行って、中国やインドにも地球温暖化の対策として京都議定書があるがそれに参加するべきだとコメントしていたが、何か焦点が違うんじゃないのって言いたい。

日本のトップもアメリカナイズしてきたのかな。他の問題はすぐ気がつくが、自分のところには目が向かないという意味だ。

結局のところ、地球温暖化は、先日もこのblogではコメントしたが、今の経済の発展を180度変える政策しかないのである。基準を設けることはかえってそれはそれだけの目標であって、それを達したところはそれ以上の努力をしなくなる。つまりあまり目標というのは意味がないと私は思う。

まず、180度変換ということで、なぜ新しい省エネ製品に置き換えるあるいは過去より省エネ製品が増えたという表現をするのかということである。これもナンセンスである。新しい物を開発することこそ、明らかに二酸化炭素を放出しているし、新しいものに変えた時のそれまでの古い製品がごみになっていることを忘れている。多くの製品が新しくなると言うこと事態が資源の無駄使いであり、二酸化炭素を排出を止められないということを言っているに過ぎない。つまり我々一人一人が省エネをやったところで、それによって犠牲になっている部分があることを忘れてはならないということだ。

もし本当にこの地球温暖化を考えるのであれば夏場のエアコンを全面的に禁止、冬場のヒーティングも禁止、昼間は野外活動を主に建物内で活動する場合は、極力同じ仕事の人同士を集めるべきで、必要ないところのエネルギー消費をやめるべきである。

身近なところでは割り箸をプラスティックに変える。あるいはマイ箸持参にして、割り箸をこの世から無くす。これまで森林を壊した特に日本は、労働者を強制的に募って、インドネシア、中国、ブラジルに派遣して、森林再生に従事させること。製造業は中国だけで行なわせ、その生産量も半分まで減らす。などこういった大胆な政策こそが必要なのではないだろうか。これは人間のためにやるのではない。地球上にいるすべての生き物のためにやるのである。経済発展をこういった地球再生事業だけにお金が集まるようにすべきである。我々に必要な産業は、農業だけで良い。これを100年から500年は続ける覚悟でやっていかないと、我々は自滅することになってしまうだろう。

自然と生きる、人間らしい生活で良いじゃないか。食材だけ確保すれば、生活はできる。

TWITTER

中国歴だと昨日が正月

February 19, 2007 一般 Comments Off on 中国歴だと昨日が正月

日めくりカレンダーを見ていくと、昨日は1/1だった。では一昨日はというと、実は12/31ではなく12/30だったのだ。たぶん、中国やチャイナタウンは一昨日から三連休だと思うが、旧暦のお正月である。

その日めくりカレンダーの今日の記述に、お年玉もらったの と書いてある。このお年玉は日本だけの習慣だと思っていたが、実は違うのだろうか?調べていないのでわからない。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives