NHKクローズアップ日本でオンラインゲームで使用する通貨について

February 20, 2007 一般 Comments Off on NHKクローズアップ日本でオンラインゲームで使用する通貨について

自分はリアルでもオンラインでもゲームをやったことがないのであるが、NHKでゲームの中で使用していた通貨が実際の通貨との取引で使われるようになった実態を放送していた。特に日本ではゲーム人口が多く、そして日頃仕事をしているユーザがいろいろな武器を手に入れたいがために、通常は時間をかけてその武器を取得し、相手を倒せば得点になるのを、その武器をお金で買うというものだ。この時点で実際の通貨が絡んでくる。ここまではまだ良しとして、その状態を利用した、通貨レートの差を狙った商売が中国やロシア、メキシコなどで起きているらしい。例えば中国では、特殊なプログラムを作り、キャラクタがその通貨を稼げるように仕込ませるそうだ。実際は中国から日本のオンラインゲームに直接入れないのだが、そこに中国籍の留学生を日本に送りこみ、勉強はさせず、このオンラインゲームとの仲介をしているというのだ。レートが違うので、少々の価格でも中国にとっては莫大な金額になるわけだ。それに日本が利用されているというのだ。

もう一方、これに似たゲーム感覚でセカンドライフというのがあり、この仮想空間の住民が増えていて、日本語版もゆくゆくできるらしい。これも仮想空間内で、実際の企業もそのヴァーチャルな空間で商売をしていて、実際に取引ができるのだ。これも現状では問題なく運用されている。ただ、ここで得た収益の課税に関してはアメリカ議会では議論されているということらしい。これからはこういった仮想空間で実際に人と会い、店に行き、実際に物を購入したり、自分から物を売ったりするということができる世界が出来上がっていくのだろうと思うと、こういったアイデアを生み出す人に対して尊敬を抱く。

今度はどういった新しいアイデアが生まれてくるのだろうか?

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives