クラスター弾禁止条約交渉に日本は不参加

February 25, 2007 ニュースに関するコメント Comments Off on クラスター弾禁止条約交渉に日本は不参加

クラスター弾禁止条約の交渉が開始したが日本は不参加となった。クラスター弾とは紛争終結後も無数の子爆弾が不発弾として残り、深刻な人道的被害をもたらす。もともとオスロ・プロセスがスタートらしい。

戦争するのにルールというのは必要なのであろうか?後片付けまで考えていちいち戦争する、兵器を作る国はどこにあるのだろうか?そういう意味ではこの条約は来年提携される方向であるが、大国は当然ながら反対するだろう。日本も、真っ向から反対している。

この条約も含めて、あらゆる戦争をなくす条約を結ぶほうが手っ取りはやいのではないのだろうか?今回はノルウェー外相の発案でこの条約の交渉が始まった。日本もこういった条約交渉のホストにはなりえないのだろうか?アメリカ追従主義のためか、戦争をやりたいやりたくてしょうがない、表向きは国際貢献なのだろうが、持った武器は使ってみたいという気持ちで満ち溢れているのだろう。よってここ当分は日本発の平和へ向けたアクションがないことが予想できるし、そのように考える政治家が一人もいないことが本当に残念である。

結局こういった兵器を試す地域は先進国ではなく、発展途上国が多く、戦争が終わってもその残骸で将来にわたって被害を受け続ける現状がある。兵器を使ってみたい、しかし自国ではできない、そこで戦争をしかけてその兵器の威力を試し、戦争後は、知ったこっちゃない という姿勢はどう考えればいいのだろうか?

日本は核兵器で多大な被害をこうむったことをやはり忘れている。アメリカにさえ追従すれば、平和で自由で経済的にも豊かになれると信じている。心の豊かさを捨ててまで、いつかは持っている兵器を試してみたいと思うところから間違っていると思う。そう、自分だけよければ良い考えであれば、このような考えは捨てるべきだ。だって自分が何事もなく安全で裕福でなくとも生活できれば良いわけであるから。世界中で貧困や戦争孤児で毎日困っている人がいてもそれを積極的にメディアが取り上げないかぎり、知らない、ほかはどうでも良いという考えでいられる。自分のことを考えれば、100年も平和でいればいいのだ。日本が平和であれば、他が貧困や戦争であえいでいてもいいわけである。

ネットがこれだけ普及しても、日本人は積極的に海外のニュースを見ることもなく、日本の政治でも無関心であって、自分に不利益にならない限り、平和に過ごせるわけである。本当に楽な人生だ。自分だけよければ良い。それだけなのである。


TWITTER

マクロ経済学が終わった

February 25, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on マクロ経済学が終わった

今日、最終試験を受けて先ほどこのマクロ経済学が終了した。30分ほどたとうとしているが、頭痛がする。問題が多かったことと、3時間をまるまる使用し、最後の提出時に、メールの送信問題や、BBの問題で数分ロスをしたからだ。しかし受領済みを示すメールもすぐに返ってきたので一安心だ。

今後は5月まで基本的には科目はない。でも5月から始まるフィナンシャル・マネジメントと8月に予定しているネゴシエーションとビジネスプランプレゼンテーションがあるので、前半2つは予習をしなければならない。ビジネスプランはすでに行っていて、月末までに最初のレポートを提出だ。今晩もその打ち合わせがある。でもこれからの2ヶ月は、大学との直接的な科目を通じてのコンタクトがなくなるので、先の科目を意識して勉強を続けなければならない。すべての科目が英語の科目なので、英語の勉強も含めながらやる作業となる。

マクロ経済学はひと月もすれば結果がでるだろう。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives