天下り規制には賛成だ

March 14, 2007 ニュースに関するコメント Comments Off on 天下り規制には賛成だ

天下り規制強化で渡辺行革相が自民党で調整を行っているが、反対する政治家も多い。結局のところ、反対している政治家は、官僚とのつながりが強いことを示しているようなもので、この部分は天下りを反対する選挙民はよく見ておく必要がある。結局なぜ天下りが問題なのかというと、結局お金の流れが天下りに関係した人について回ることなのである。それが税金だからたまったものではないのだ。結局、資本主義は貧富の差を生むというが、こうしたはっきりとした裏のお金の流れがわかっていても、日本のように一般国民がおとなしく静観しているだけだからこれまでも行われてきたし、今後も行われるだろうし、税金の無駄使いとは直接的に思わないところが日本的というか、無関心なのである。

それでいいのですか?我々が働き、彼らの資産を増やしていることに。彼らはただ天下りをするだけで在職期間が極端に短くても、何も仕事をしなくとも多額の税金を受け取っているんですよ。

でもこの問題がでてから、やはり国頼み、他人任せの部分があって、今回、天下り規制強化で渡辺行革相がどこまでやってくれるかにかかっているのである。なぜ我々国民は彼らに使われている、汚い言葉では奴隷のように、でも民主主義だから、法的には問題ない、どうですか?

どこまで言葉で言い表せば、この天下りが問題があると国民一人一人が感じ、どうしようかと議論や行動が起こるのだろうか?

あきらめたところで、彼らは税金を徴収している。景気が悪くなろうが、税金は徴収されているのである。それも彼らの給料や退職金のために。我々が彼らを養っているはずなのに、そういう意識がないから、彼らは何でもできてしまうのではないでしょうか?

学歴が高いから高給取り、あるいはエリートというのはいい加減やめにしませんか?彼らが何を実績としてやってきて、それが国民一人一人に平等に何をやってきたかを詳細に見ていきませんか?

格差社会になりつつあるといっているが、もっとロウワーミドル以下だと思うほとんどの選挙民はもっと現実を直視し、どうすべきかを考えるべきだと私は思います。

今回の天下り規制強化はぜひとも国会で法案化して、早期に天下り改革を徹底的にやっていただくことを個人的には望む。

TWITTER

セカンドライフといえば?

March 14, 2007 一般 Comments Off on セカンドライフといえば?

セカンドライフといえば普通はシニア層が退職後の第二の人生を言う。しかしちまたで爆発的に普及しているSECOND LIFEという一見ゲームのような、ネット上の仮想空間を利用したもの。現在は英語版で普及し、実際に店をオープンしたり現金を取引で使用したりと、人によってはすでに億単位の儲けを得ている人もいるという。実際のリアルな企業もこの中に参入している。そういう中、日本でも現在は英語を使用して登録はできるが、日本語化が進み、近々それが利用可能というのだ。

しかし、

それで本当に良いのだろうか?だって全世界の人を相手にビジネスができるのに、日本語化することで、制限をつけることになるのである。つまり英語がわからないために日本人の多くは世界を相手にこれを利用できない、海外からのアクセスでは日本語がわからないから、アクセスしてこないということになるわけだ。

もうそろそろ、ネットを使うビジネスを英語化して世界中の人を相手にビジネスを始めるということをはじめてもいいのではないか?日本という殻をかぶっているがために、世界標準のwebsiteになっていないのである。最初から制限をして、世界一になろうとか思わないのだろうか?それがすごく残念である。


TWITTER

IE7のバグをひとつ見つけた

March 14, 2007 一般 Comments Off on IE7のバグをひとつ見つけた

IE7を開こうとしたところ、ひとつの問題点を見つけてしまった。危険度は低いと思われるが、場合によってはメモリを瞬間食うかもしれない。それはタグを示す矢印「→」を押すときに、普通はひとつだけ追加の接続ウインドウが追加になるのであるが、この矢印の少々上あたりをクリックすると、一気に複数個のタグが現れ、同時に接続中となるのだ。すでにだれかがこの問題を発見しているかもしれないが、マイクロソフトも相変わらず詳細なチェックを行わず、ユーザの使用結果でバグを改善していることがわかった。まあ、無料提供だから強くは非難はしないが、個人情報は漏れていないだろうかと気になってきた。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives