Home » 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) » Currently Reading:

今日、BOND-BBTのMBAコース卒業証書授与式に参加

October 21, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) No Comments

今日午後、都内でBOND-BBTのMBAコース卒業証書授与式に参加しました。BOND大学では2月、6月、9月の3回、本校では卒業式が行われるが、日本では年に一回、今年は今日行われた。

目録によると、今年2007年では78名が卒業。

その中から今日出席した方は何人かな?集合写真は最後に撮ったけど、まあ半分くらいかな?

15時にBBT代表の大前研一教授の挨拶があり、BOND大学生は在学生で400人強、BBT大学院は200人強、BOND大学も最初は2年で卒業する人が多かったが、最近は最大5年まで在籍している人が多くなったという話から始まり、BOND大学卒業生として全世界に卒業した仲間がいること、ビジネスで活躍する場は世界中にあるんだといった主旨のことを話された。

その次にBOND大学から副学長が2名参加しており、それぞれの挨拶があった。その一人は8月にCCMを担当されたDr.Raymond Gordonだった。

そしてこの副学長から卒業証書を受け取り、大前教授との間にたって、写真撮影。これも和やかで、出席者の中には家族を呼んでいる方もいて、写真を撮るときにいろいろリクエストに応じたりしてくれた。

そして4時過ぎにに生徒代表と、同窓会会長のお話があり、一応そこで式典は終了。

祝賀会まで30分ほど時間があったので、各自、準備されたガウンとハットを着て、副学長2人と写真をとったり、大前教授と写真をとったりした。

5時より別会場で祝賀会。モニターには9/29にBOND大学で行われた卒業式のビデオが流れていた。我々はMBAだが、他にも現地の学生が受けているるコースがあり、やはり卒業した方も含めて卒業式があった。ここでも学長から卒業証書を受け取り、その場でプロのカメラマンが写真を撮るというスタイルだった。日本では写真を学長と授与した瞬間に撮るというのは経験していなかったことだ。

9/29のその卒業式の目録にはもちろん9月に卒業が確定した人の名前がプリントされ、実際の式典では大前教授が一人一人名前だけを読みあげ、会場の聴衆から拍手をもらっている風景もあった。

これらは後々DVDでもらえるので、私の名前も読み上げられていると思う。

本校の卒業式にはまだ参加できる余地はあるのだが、まあ、今日の授与式で一応MBA修士号を取得し、終了したことになる。

今後はこれをビジネスに活かすことである。

副学長はMBAは今回終了だが、人生は学ぶこと、それが重要なんだと力説していた。MBAを取ることは私にとって人生の通過点でしかない。

日本で通用するビジネスではなく世界に通用するビジネス、仕事をやっていきたいと思う。

今後私のblogの書き方も考えなければならないが、今日の大前教授の挨拶の中で、ロジカルに考えることとエビデンスが必要であると述べていた。実際大前教授の講座も毎週行われている大前ライブにしても単にニュース記事に対してコメントを出しているわけではなく、そこには裏づけがあるということなのだ。

また大前ライブはビジネスに関するニュースを世界から国内へと解説してくれる。日本の実ニュースは、ビジネスといえば日本中心のようだが、やはり世界も含めて見なきゃいけないとあらためて認識した。

それが訓練であり、身に着けることで世界に通じるということ、それを信じてコツコツやっていきたいなと思っている。データと分析が必要であるということだ。CSを受講された方はこの意味はわかると思う。

ということで、BOND-BBT、MBAコースの卒業証書授与式でした。

.


TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives