この船場吉兆の取締役の関与認めるというニュースはどう考えればいいのだろうか?企業としての責任もなく、うそを言うことで騒ぎをおさめようとしていたことも、理解できないのである。 最近、大人でいながら、自分の責任を他に転嫁するためにうそをつくことが常識化しているような感じがする。結局はそれはばれてしまうのであるが、その時の社会的責任は大きい。それはまだ社会は常識を判断できる能力はあるからだ。 この船場吉兆の例だけではない。ミートホープも最初はうそをついていた。 他にもこれに似た事例は多いと思う。 となると、昨今、謝罪会見は多いが、半分は疑わざるを得ないということだ。真意は半分は隠される。ということは第三者あるいは物で証明するしかない。 ただ、物の場合は事前に残さない、改竄、焼き捨てなども報告されている。 ということは結論はひとつ。 会見は疑い半分で受け止めるしかない ということだ。企業の不祥事で社長が良く会見するが、半分は疑いがあるということ。 それも彼等は残念ながら大人のであるということ。大人が見本を見せられない今の状態で子供はそれを信じられないと思うのもしょうがないのかもしれない。 となると、何が子供たちにとって見本になるかというと、やはり本なのかな。それも最近の流行っている本ではなく、歴史的に認められている本だ。 後は、判断する力を持つことかな。知識よりもまずはその内容を認める場合と認めない場合とを両方考え、その時の自分はどう思うのかを得る力をつけることかな。 でもそれがかえって、うそをつく練習になるかもしれない。 堂々巡りだな~~~。やはり無理か? 言い訳をする練習も必要だしね。 社長=社会の模範 ではないということだ。タイトルのついている人は自分で責任をとれなく、自己弁護をする人が多いという結果かな。つまり何もえらくはないということ。課長だろうが、部長だろうが、社長だろうが、役員であろうが、だれでも自分を守るためにはうそはつくということ。その時は会社も従業員も守らない。守るのは自分だけ。 なのかもしれない。タイトルも最近はその職歴って表さないから、どれだけその人が成果を上げたかはタイトルからはわからないね。 うそをつき通す人が出世するのかもしれない。それが本来の姿なのかも。 .
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

こういうことがあっていいのか、うそまでついて平気でいられる感覚

December 8, 2007 ニュースに関するコメント No Comments

この船場吉兆の取締役の関与認めるというニュースはどう考えればいいのだろうか?企業としての責任もなく、うそを言うことで騒ぎをおさめようとしていたことも、理解できないのである。

最近、大人でいながら、自分の責任を他に転嫁するためにうそをつくことが常識化しているような感じがする。結局はそれはばれてしまうのであるが、その時の社会的責任は大きい。それはまだ社会は常識を判断できる能力はあるからだ。

この船場吉兆の例だけではない。ミートホープも最初はうそをついていた。

他にもこれに似た事例は多いと思う。

となると、昨今、謝罪会見は多いが、半分は疑わざるを得ないということだ。真意は半分は隠される。ということは第三者あるいは物で証明するしかない。

ただ、物の場合は事前に残さない、改竄、焼き捨てなども報告されている。

ということは結論はひとつ。

会見は疑い半分で受け止めるしかない

ということだ。企業の不祥事で社長が良く会見するが、半分は疑いがあるということ。

それも彼等は残念ながら大人のであるということ。大人が見本を見せられない今の状態で子供はそれを信じられないと思うのもしょうがないのかもしれない。

となると、何が子供たちにとって見本になるかというと、やはり本なのかな。それも最近の流行っている本ではなく、歴史的に認められている本だ。

後は、判断する力を持つことかな。知識よりもまずはその内容を認める場合と認めない場合とを両方考え、その時の自分はどう思うのかを得る力をつけることかな。

でもそれがかえって、うそをつく練習になるかもしれない。

堂々巡りだな~~~。やはり無理か?

言い訳をする練習も必要だしね。

社長=社会の模範

ではないということだ。タイトルのついている人は自分で責任をとれなく、自己弁護をする人が多いという結果かな。つまり何もえらくはないということ。課長だろうが、部長だろうが、社長だろうが、役員であろうが、だれでも自分を守るためにはうそはつくということ。その時は会社も従業員も守らない。守るのは自分だけ。

なのかもしれない。タイトルも最近はその職歴って表さないから、どれだけその人が成果を上げたかはタイトルからはわからないね。

うそをつき通す人が出世するのかもしれない。それが本来の姿なのかも。

.

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives