Home » 迷惑リンク関連(あくまでも私の判断です) » Currently Reading:

ようやく決着、私が楽天から退散することで。

ようやく決着です。

楽天と広告案内の件とspamメールについてサポートとやり取りをメールで行ってきましたが、結論がでました。

私がこの楽天のサービスをやめることに

理由は以下の通り

サポートの対応
– – – – – – – – – – – – —
問合せとしてこれまで質問や指摘、提案を行ってきましたが、彼らの対応は他のネット企業に比べると最低です。

・担当者が毎回変わることと、担当者名がないこと。
・私の引用などこれまでの経過がわかるようにしているのに、それを読んでくれない
・回答は毎回、形式ばっていて、個々の問合せに答えてくれない

よって、サポートに問合せをすること事態無意味だという結論に達しました。時間の無駄です。

宣伝広告案内
– – – – – – – – —-
以前はやっていなかったメールログイン時の広告案内。楽天が勝手に始めたことなのに、ユーザの承認なく、広告メール(メルマガ)を出す手法を変えるつもりはないようです。

・ユーザの同意なく、宣伝メルマガの登録を強制的にさせるチェックボックスのしくみ
・文言では今回は配信をしないが、次回は配信をすることを誘導させている内容

これは楽天も認めました。無料でユーザにサービスを行っていて広告収入を得るために、ユーザの同意を得てやっていると。ユーザの同意を得ているそうですよ。私は同意もしていないのに、勝手に迷惑宣伝メールがきた被害者です。でもそれに関して一度は楽天の提案を承諾しました。

・私のメールアドレスには宣伝案内をしないと

でもまだ来ています。

spam
—-
このspamはinfoseekはひどいです。私もinfoseekメールはいくつかもっていますが、lycos時代に使っていたメールアドレスはいつからかspamの餌食になっていて、毎日20通~30通spamが来ています。昨年アドレス帳を利用した迷惑メールの改善を提案。検討しますと返事をいただき、今回また確認したところ、

・予算がない
・アドレス帳を利用した迷惑メールの改善は今後検討課題にする

だったわけです。つまり、楽天は、この数ヶ月、何もやっていなかったことがわかりました。

実はinfoseekメールは以前はユーザが削除できたのですが、今は削除はできなくなりました。つまり50MBが一杯になっても、90日たつと中味はきれいに削除され、つまりリセットですね。その後、またspamを受けることになります。楽天はspamの送信者にアドレスがないことを通知もしていません。一度漏れると、spamは世界中からくることになります。

皆さん、ご存知でしたか?楽天からのメールはyahooでは自動的に迷惑メールフォルダに入ることを。

メールをまずはyahooに移す計画をたてました。infoseekは50MBですが、yahooは1GB、googleでも1.5GBです。容量がまず違う。また他はspam対策はいいようです。いまのところ、spamで被害にあっていません。infoseekは50MBのほとんどがspamですね。****@infoseek.jpからもspamがくるのですよ。

ということで、いづれ、この楽天のユーザを無視した広告宣伝方法は法律で規制が入ると思います。現状の楽天の広告案内メールはspamと同じなのです。ユーザの同意がないのに企業の論理でサービスを続けているだけのなのです。

そもそも無料でサービスを使わせているんだから、広告を受けろという企業姿勢が気にくわないです。

こうしたblogも情報源になっています。楽天は企業ですからこの情報を使ってビジネスはできますが、我々は、いくら日記を書いても一銭にもなりません。これも厳密に言えば問題です。

無料で得た情報を利用しているのが楽天、報酬がないのが我々ですから。

ということで、私は徐々に、楽天から離れます。私は楽天に協力したくないし、今のビジネスのやり方も容認したわけではないので。

皆さんも気をつけてください。

.

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives