Home » 日商簿記 » Currently Reading:

抜け切れない暗記型教材(日商簿記3級NEWTON)

February 16, 2008 日商簿記 No Comments

抜け切れない暗記型教材(日商簿記3級NEWTON)として紹介する。

先日NEWTONの提供する日商簿記3級をはじめ、約6割は終わった。しかしこの教材はいろいろな問題点がある。

もともとNEWTONの教材は忘却線に基づいて、忘れないうちに同じことを繰り返すことで覚えていくというものだ。

では簿記ではどうか?
やはり暗記なのである。

もしNEWTONで出てくるテキストや問題集の内容がそのまま本番のテストでも出るのであれば、この教材は最高にいい教材だ。とにかく項目や数字をおぼえれば良い。

でも実際は違う。当たり前の話。違う。そして簿記の性格上、このNEWTONは問題だらけである。

・簿記にはいろいろな項目(売掛金、売上など)が出てくるが、その意味がどこにも書かれていない
・上記の例のように「う」と打てば、売掛金か売上が解答として反応がある、その次の項目の解答のヒントになっている。もしかすると売掛金という言葉を知らなくともこの教材は解答を得ることができる
・精算表など表を書かなければならないのに、数字や項目の一文字の打ち間違えで、すべてがNGになってしまう。つまり、タイピングの練習になっている。表が完璧にならない限り、先に進めない
・せっかく表示スペースは広いのに、わざわざ字体を大きくして、詳細な解説が施されていない。つまり解説が解答合わせでしかない。解説、説明がほとんどないのである。

こういった問題点がある3級は個人的にはお勧めではない。昨日まで6割引だったが、これを買うくらいなら、安価な書籍を買うべきだ。またwebsiteでもいくらでも無料の解説つき教材は多い。

これらをNEWTONに聞いてみた。結果は。
昨年3月にこの3級を出す。
いろいろな問題指摘を2級では反映
3級も改善版はあるが、これからモニターで公開するので正式版は7月以降を予定

であった。elearningなのに、今修正してくれないのである。つまり問題点はすでにわかっているのにその問題のある教材を売っているのである。

これでもこのNEWTONの日商簿記3級を買いますか?

2級では表は数字や項目を入れた後に、正解を判断するボタンをクリックするそうです。3級はそれがありません。また全体の表がみれないので、作業はすごく不便です。

なぜ問題点がわかっているのに販売するのか理解できません。

.

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives