Home » 迷惑リンク関連(あくまでも私の判断です) » Currently Reading:

うんざりspamメールを容認しているinfoseekメール

今朝、今年最初のinfoseek.jpからのspamを受け取った。これは原因もすでにわかっている。そう、@infoseek.jpは迷惑メールに登録したかのように見えて、実際はspamを受けてしまうという事実。昨年は相手不明のinfoseekメールの問合せにも何度も訴えたが、現状は対応できないという内容だった。

ちなみに、infoseek.jpのメールアカウントをお持ちの方、迷惑メールに登録して、自分から自分にメールを送って欲しい。登録しているのに、送信ができてしまうのである。

よってspamも私のメルアドをメーラに登録して送ってくる。毎日これが届くのである。

なぜinfoseekメールはこの問題を真剣に考えないのか本当に不思議だ。

yahooメールではIDはそのままにして、メルアドを変更することが可能だ。だからspamが来たら、適当にメルアドを変えればいい。それすらinfoseekメールのサービスにはなく、まして自分のメールアドレスの削除もできない。

さらにspamの本文には相手との接点であるURLもあるのに、相手を調べることも警告することもやっていない。

それでいて、他人の問題といわんばかりに、spamが多くて対応しきれないと弁明をしてくる。

対応策はいくらでもあるのに、infoseek.jpは自由に取得でき、自由にspam化されているという事実もあるのに、対応が何かすごく悪い。

サーバの容量もこういったspamの蓄積でその設備を整えるだけでも経費がかかっていると思うのであるが、なぜ無駄な経費をかけてでも、このinfoseek.jpで使われるメールアドレスの拒否ができないのだろうか?見た目は登録はできているのに、実際は動いていない。

yahoo.jpの対応は先のメルアドの変更でいくらでもできるので、infoseek.jpは主に使わない方がいい。何かと「楽天方針」が普通と異なる点が多すぎる。

.

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives