Home » 家庭菜園 » Currently Reading:

家庭菜園をやって思うこと

September 9, 2009 家庭菜園 No Comments

現実は厳しいし、判断が必要だ。家庭菜園でよく紹介する番組を見ると、無農薬、自分の家で野菜を作れる、食費の削減と言っているが、現実は違う。

経験上以下のようなことが必ずある。

・まず毎日野菜を収穫するのはよっぽど大きな畑でもなければ無理。冬場には収穫できない、時期が異なるものは収穫もできない

・無農薬で虫がつかないようにするにはかなりの苦労を伴う。防虫ネットを貼っても、結構、虫も必至なので、虫がつくこともある。

・きれいな野菜とは無縁。そう虫が食ったもの、這いずり回ったものなど、実際はわからないものが多く、これには判断がいる。多少穴があっても食べようかと。

・今年は日照不足
今年は冷夏と日照不足で、完璧な収穫にはなっていないはずだ。やはり成長がいままでと違って見える。さらに9月に入って虫の被害も多くなってきた。無農薬だからって虫が来ないことはありえない。

そう、自宅で作るには時間もかかるし、管理も大変。そして虫が多少食おうが、それを食べるか捨てるかという判断が必ず生じる。家庭菜園は結構大変だ。家庭で自給するのはまず大きな庭がない限り無理。

.

TWITTER

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives