今朝のテレビ番組を見て思うこと

July 12, 2010 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

選挙の大敗は消費税の問題だったと議員や専門家のコメントがあったが、それは自民党が勝った理由には矛盾する。そもそも消費税の10%実施を言い切っているのは自民党である。

民主党は議論をしようと呼びかけたに過ぎない。今回もマスコミの餌食になった与党。でも消費税で大敗したとは言い切れない。

何かとこじつけて言いたい放題だが、それよりもやはり今日からでも選挙は終ったんだから、その議論というのを早々にやって欲しい。これもぐずぐずやっているようであれば、まず今回当選した人は何をするつもりで政治家になったのかがわからに。

さらに自民党を批判して出て行った議員、さらに次期首相と名がトップだった議員は議席を伸ばしたのだろうか?

彼らはまずは自民党が反省もなく議席を伸ばしたことを分析するべきではないだろうか。そうでなければこれまでの批判的なコメントや自民党を離党した理由の根拠がなくなる。

今朝も書いたが、ねじれになったことで少数与党の存在感は増すことになる。連立ではなく部分協力で今後はやっていき、政党として持っているこうやりたいということを政権与党にぶつけて欲しい。その結果を今度の選挙で見るのが普通のやりかたである。

どこと一緒になろうとか責任論は、この日本の状況を少しでも前に進めた状態でその成果として判断して欲しいものだ。

どこが政権をとろうが大敗しようがそれは日本を良くするという意味では関係ない。

首相がいうように今日から毎日いろいろなテーマで議論をしてそれを国民に公開してくれればいいのである。そこをやらない限り、今の政治家はいらない。

地方も独自に条例でもなんでもいいから国の管轄に頼らないことをやって行くべきだ。国の流れを待っていてそれでよくなるとは思えない。いままで民間企業で企業を立て直した人を呼んででも行うべきである。

国の混乱さを理由に地方も駄目だと言うのであれば、その政治家もいらない。

今何をするべきかは分かっているはずである。それは選挙でもなく責任転嫁でもない。批判でもない。

国民の生活のために前に進んで欲しい、それだけである。

.

TWITTER

こういうものこそ早く実施を

July 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on こういうものこそ早く実施を

政府は、国の予算支出を1円以上からホームページ上で全面公開する方向で検討に入った。1件当たり250万円を超える補助金と契約については昨年から、支出額が多い上位100団体の支出先を公表している。全面公開により予算執行と決算の透明性をさらに高めたい考えだ(ニュース記事より引用)

やはり政権交代をしたということは、いままでのことを変えるチャンスである。このような記事は検討ではなく、早々に実施をして、その後の問題を検討すればいいのである。

今の民主党政権はこの実情の把握と検討期間が長いから、さらにその経過を説明してこなかったから昨日大敗になったんだと思う。

やはり後3年だが、できれば3年で今の日本を変えて欲しい。それは検討よりもまずは実施。その後問題を検討するという方法のほうがいい。

検討期間が長いと実施もそれにつられて遅くなる。あの議員や公務員削減もすぐにやればいい、

普通の民間企業だったら倒産とともにその機能はなくなるのである。確かに日本の経営という意味では時間をかけてというのはあるだろうが、どれも反対がないということはありえない。

新しいことをやってからの問題を解決する方がいいと思う。

今、民主党が負けた要素を分析して野党が言ってきたこと、さらに国民にもいろいろ聞いたと思うのでそれをすぐに実行するべきだ。

ただ国民に声を聞くと言うのは残念ながら選挙でしかないというのも問題であるが、ともかくもまずは実施、その後問題をあぶりだして修正のほうが政権交代の意味がわかりやすい。

.

TWITTER

これって民間登用?

菅直人首相は12日、参院選神奈川選挙区で落選した千葉景子法相を続投させる方針を決めた。仙谷由人官房長官が同日午前、首相公邸で首相と協議した後、記者会見し、「行政の継続性の観点から(千葉法相が)続けていただくことが望ましい。首相とも再確認した」と述べた。 (ニュース記事より引用)

これって議員ではないのだから民間登用なのかな。さらに報酬はどうなるのだろうか。議員でないから税金で払うわけではないと思うので、民主党から支払われると思うが、報酬額もかなり下がるんだろうな。だって民主党いや政府が雇うのだからそれこそ実績が伴わなければ首もあるだろう。

もしこのようになるのだったら、経費を削る意味では民間登用、党が雇用して報酬額も成果主義を入れればかなり経費は削減できるはず。

彼らは選挙にはまず関係なくなるから、選挙活動をする必要もなくなるから、仕事に集中も出来るはずである。

.

TWITTER

Stargazers in awe as total eclipse arcs across Pacific

July 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on Stargazers in awe as total eclipse arcs across Pacific

Stargazers in awe as total eclipse arcs across Pacific

http://news.yahoo.com/s/afp/20100712/sc_afp/astronomyscienceeclipsechile


TWITTER

豚インフルって今はどうなったんだろうか

July 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 豚インフルって今はどうなったんだろうか

今冬のインフルエンザの流行に備え、厚生労働省がメーカーに製造を要請するワクチンの量について、同省の有識者検討会は12日、新型と季節性2種の計3種を混合したワクチン約5800万回分とする方針を了承した。同省は「昨年度流行した新型インフルエンザの影響で接種希望者が増えても対応できる量を確保した」と話している(ニュース記事より引用)

豚インフルの状況が今どうなってしまったのかわからないが、今でも患者はいるのだろうか。さらに進化したウイルスは発生していないのだろうか。

ワクチンを製造するという記事だが、新型とは何だろうか。

さらに、余計に買ってしまった豚インフルワクチンは正式に企業に返せたのだろうか?あれだって結果論としては元は税金だ。

.

TWITTER

党首討論を見ていて思うこと

July 12, 2010 テレビ番組 Comments Off on 党首討論を見ていて思うこと

NHKでは昨晩、党首に相当する議員が9政党ではなかったが、まあ年齢が高く議席も取れなった政党には声がかからなかったのかも知れないが、選挙が終って今後のことを司会者の質問に答える形式で行われていた。

ここで思ったのは、選挙ではあれだけわが党はこれこれをやりますと言っていたのに特に公明党は与党がいろいろな問題の提案事項を出さない限り議論には参加しないというコメントがあった。これでは彼らは今教育で問題になっている受身的政党とだったのかと思わざるを得ない。相手の出方だけを気にしていて、相手が具体的な考えを出してはじめて反論するという形でしか存在しないということがわかった。

本来彼らは国会議員なのだから、選挙で訴えていたことを今後も選挙に関係なく訴えればいいのに、彼らから出てくるのは与党批判ばかりである。

さらに共産党と社民党は選挙の前後ですでにひと月も経過しているのに言っていることが全く同じであることだ。普通は時間が経過すれば主張していることを相手に説得するためにはどうしようかと考えるものだが、彼らには主張としている基地移設の新しい考えや昨日までの経過が全くない。

さらに共産党の法人税を下げる変わりに消費税をあげると言うことの根拠が全く説明がない。ただそう思うといっているような感じがする。

基地移設ではみんなの党は司会者から名指しでわざわざ明確な考えを示していないからコメントをといわれたのに、発言は与党の基地移設に関するいままでの経過や今後のことへの反論しかなく、彼らの考えもなく、ただ混乱しているのを見守るという感じだった。少なくとも日本語としてわかりやすい質問を受けたときに、それに答えられないというのは問題である。

批判ばかりやっている政党は早く解散するべきだ。批判はマスコミや個人で十分だ。政治家はやはり金の感覚を持ち、その使い道を明確に示すこと、自分たちがやろうとしていることに対しての予算額をいつ必要で、それでいつまでに成果を出せるという道筋を示さない限り、存在の意味がない。

せっかくテレビの前で自分たちの考えを本当の意味での国民に伝えるチャンスを逃している。

さらに民主党はそうした野党の攻撃や視聴者の声に反省しなければならないを連呼していたがこれもみっともない。負けは負けだが、自分たちがやっていることに自身があってその経過途中であるとすれば、それを説明すればいいのである。反省しなければならないという言葉は、どちらかというとネガティブな考えの結果である。

負けたのを反省しなければならないという言葉に代えているだけである。反省をするのであれば、それこそ解散総選挙でもやればいいのである。自分たちのやっていることが間違いだと思いそれで選挙に負けたと思うのならば解散するべきだ。

まだ1年しかたっていないのに選挙というひとつのタイミングで勝てばなんでも言えて、負けると反省しなければないというのはおかしい。

ポジティブに考えればまだ1年目、まだ3年はある。説明不足だというのも選挙中に気がつくはずだが、結果が出ないとそれに気がつかないというのも問題である。

それならば毎年選挙を行うべきである。そうすれば反省する立場の政党はそれで奮起するだろう。たぶん。

反省をしないでも勝てたのは今回は自民党である。自民党を離党して成功したのはみんなの党だけである。他はこうした討論番組にも出なくなった。

結局、彼らは何をやりたいのだろうか。国民生活を守ると言うのは誰を対象にしているのだろうか。

自公政権下では100年に一度の最悪な金融危機といいながら、何をやって今の状態にしたのだろうか。そこが全く見えない。

言葉だけの発言、根拠のない批判、根拠のない政策などはいいかげんやめにして、国民は政治家や公務員以外の人を対象とすればいいのではないだろうか。

本気で日本を考えるのであれば、あの与党の考えである9月前に臨時国会をやって、秋に国会を開こうとする考えにはならないはずである。

昨日から審議を始めても良かったのでは。少なくとも今回当選した議員以外は審議は出来るはずである。時間は十分あるのに、なぜかテレビ出演がないと討論すらしないのは問題である。

.


TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives