変な日本、なぜ恋愛も謝罪の対象になるのか

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 変な日本、なぜ恋愛も謝罪の対象になるのか

女優で歌手、北乃きい(19)が15日、写真週刊誌に俳優、佐野和真(21)と親密交際していると報じられたことを受け、自身の公式ブログで「軽率な行動をとってしまった事を深く反省しています」とファンへ謝罪した。北乃は「ファンの皆さんを驚かせ、傷つけてしまった」と謝り、「今後はけじめをつけ、お仕事第一優先で頑張ります」と綴った。北乃と佐野は今月上旬、渋谷のホテルに宿泊し、翌日には路上キス写真を撮られていた。(ニュース記事より引用)

この記事に登場している芸能人は正直知らない人だが、たまたま記事のタイトルを見て年齢を見て書いているものでである。この記事のポイントは男女恋愛を影でやって週刊誌に撮影されてそれを謝罪しているのだが、なぜ謝罪する必要があるのだろうか。

この恋愛って、人間が普通にやる行動や感情である。これを制限する方がおかしい。だれと付き合おうがその本人たちの自由である。

まして職業が俳優や歌手であればなおさらで、男女に関わるいろいろなことを経験もしないで、その職業に活かすことが出きるのだろうか。

いまだにこのような恋愛禁止という考えが信じられない。

仕事に没頭する、集中するのはいいとしても、それは恋愛対象がいれば普通はがんばり度合いは変わるものである。

制限する方がよっぽどストレスがたまるのではないだろうか。

blogで謝罪したということだが、謝罪する必要はない。今後もこの傾向が続くのであれば、人間がもつ恋愛に関する表現は歌でも演技でも経験のない作られたもの、つまり表現力のないものにしかならないだけと判断するしかない。

信じられない

写真を見るといいカップルにみえるじゃないか。謝罪ではなく、順調に付き合いが進んでいるとか、この人が彼氏ですとか堂々と紹介していくような世界になって欲しい。誰と付き合おうが、それを隠すこと事態がおかしい。本来なら恋愛は自慢できることではないだろうか。

.

TWITTER

やはりリコールになるのかもiPhone4

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on やはりリコールになるのかもiPhone4

影響力のある米消費者団体に携帯電話端末「iPhone4(アイフォーン4)」の不具合を指摘された米アップルの株価が13日、一時4%以上下落した。ネット上では、リコールの可能性も取りざたされている。アナリストらは、iPhone4のリコールの可能性は低いとみているが、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」やタブレット型端末「iPad(アイパッド)」など質の高い製品で評価を得てきたアップルのブランド価値毀損を避けるためには、早急な対応が必要だと指摘している。コンシューマー・リポートが「推奨しない」と発表したのを受け、テクノロジー情報サイトや複数のブログでは、アップルが同社史上初めてのリコールに踏み切るのではないかとの憶測が出ている。(ニュース記事より引用)

でもこの不具合、あまり日本では聞かない。あれだけiPhone4の宣伝をテレビ各局やっていたのに、こうした不具合に関してはテレビで見たことがない。なぜアメリカでは訴訟のニュースまであるのに、日本向けには全く問題がないのだろうか?

.

TWITTER

BP begins testing new cap over Gulf oil leak

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on BP begins testing new cap over Gulf oil leak

BP begins testing new cap over Gulf oil leak

http://news.yahoo.com/s/ap/20100714/ap_on_bi_ge/us_gulf_oil_spill

まず日本の記事で見たが、その大元が削除で見えない。なぜリンクまでつけているのにその先が見えないリンクをつけるのだろうか。もっと情報の管理をしっかりとやって欲しいものである。

このニュースは静観するしかない。

.

TWITTER

消費増税、来年度から段階実施を=税率「15%」提示―IMF対日審査

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 消費増税、来年度から段階実施を=税率「15%」提示―IMF対日審査

国際通貨基金(IMF)は14日、日本経済に関する年次審査報告を発表、先進国で最悪の財政状況の改善へ「2011年度から消費税の段階的引き上げを含む財政健全化策の開始が必要」との分析を明らかにした。さらに「税率を15%に引き上げれば、国内総生産(GDP)比で4~5%の歳入増が生じる」と具体的な税率に言及し、財政健全化の必要性を強調した。(ニュース記事より引用)

先日のサミットで菅首相は各国に何を公約したのかが不明だが、日本以外が2013年までの財政赤字の半減が打ち出され、日本だけはこれではなく、国内の財政運営戦略を歓迎していると。でも先日の選挙で民主党が負けたことを思えば、この消費税15%という指摘はわかるような気がする。

少なくとも、海外からも日本を心配する動きがあることはまだ救いがある。

政局を議論している暇もないはずなのだが。やはり現実的には毎年1%ずつ消費税をあげていき、それによる問題を翌年に修正していくほうがいいと思うのである。

一気に将来、議論だけでこの深刻さがまだ続くのであれば、10%であっても15%であっても突然の衝撃回避からも徐々に財政健全化に向けて消費税を政府の強制執行で行ってもいいと思うのである。

どこまで悪くなるのかを待つよりも、1年ずつ様子を見ながら税率を上げる方がまだ納得できる。

参考
カナダ・トロントで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は27日午後(日本時間28日朝)、焦点の財政再建問題について、「先進国は少なくとも13年までに財政赤字を半減させる」との目標を盛り込んだ首脳宣言を採択して閉幕した。ただ、財政が先進国で最悪の状況にある日本については、財政再建の指針として22日に閣議決定した財政運営戦略を「歓迎する」として、事実上例外扱いを認めた(ニュース記事より引用)

TWITTER

与野党参加の仕分けには大賛成

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 与野党参加の仕分けには大賛成

蓮舫行政刷新担当相は15日の記者会見で、10月に行う事業仕分け第3弾に野党議員を仕分け人として参加させる可能性について「どんな可能性があるのかも含めて、否定、排除はしないで臨みたい」と述べた。参院での与党の過半数割れを踏まえ、一部の野党との連携を念頭に置いた発言とみられる。(ニュース記事より引用)

これには大賛成である。そもそも自公政権での経験もある議員がいるのだから、仕分けの内容が必ずしも民主党の考えとは異なる可能性もある。それは自公議員のほうがたぶん、予算の中身も熟知し、現場の仕事も知っているはずだからである。

選挙が当分ないから仕分けを公開することは減るとは思うが、与野党議員がそれぞれ行政活動を調べて、仕分け作業はすべての事業で行うようにすればいい。

そうすれば野党に少しはまっとうな税金としての報酬を与えてもいい。

.

TWITTER

これは報酬をもらうための組織ではないのか

July 15, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on これは報酬をもらうための組織ではないのか

菅首相は昨年9月の鳩山内閣発足時に内閣官房に新設した国家戦略室の機能を縮小する方針を決めた。戦略室はこれまで、新成長戦略や財政運営戦略の経済・財政政策の策定や、省庁間をまたぐ課題の調整を担ってきたが、今後は首相に政策提言や情報提供を行う首相の「知恵袋」としての性格を強める。(ニュース記事より引用)

詳細は不明だが、民主党をはじめこの政治家が行っているいろいろな役職ってあの天下りに似ていないだろうか。もし報酬額が大臣でも副大臣でも一般議員と同じであれば問題ないが、組織を作ってそれぞれの役職を与えると言うことは、行政が行っている法人と変わりない。

役職を作って効果がなくても報酬が払われているとするのならばそれこそ問題である。

この国家戦略室って実際の成果って何があったのだろうか。これもマニフェストと同様、期待を持たせた組織だったが、結局何もやってこなかった組織にすぎなかったとしか見えない。

ところで政治家をやはり評価する組織が必要なのではないだろうか。参議院議員は何もしなくても6年間は政治家でいられる。これでは成果の見えない政治家の評価は6年後にしか下せない。

これで果たしていいのだろうか?

参議院だけは一期生だけにして、政党に属さないあの裁判員制度のように国民から選ばれた一般人で構成したほうがよっぽどいいような気がする。政党に属することでその党則に縛られ、政治家を監視する機能もない。法案でさえもろくに中身の議論をせずに、非難ばかり。選挙ではなくてもいいから県ごとに5人、任期3年でその仕事に従事するということにすれば、約200人体制だ。報酬も民間企業平均でいい。選挙に縛られえないから経費もいらないし、余計なことを考えなくてもいい。

.

TWITTER

効果のない番組

July 15, 2010 テレビ番組 Comments Off on 効果のない番組

昨晩は半年に1回の政治家を呼んでのいろいろな問題を示しての意見交換会があった。この番組、以下のような傾向がある。

・いつも同じ政治家であること。特定の議員しか出てこない

・いつも同じ議員だから発言もいつも同じである。

・議員は2時間という時間をわざわざ作っているところからすると、かなり彼らには時間的余裕があるようだ。

・政治家一人の1年間にかかる費用が税金で1億3千万円だそうだ。テレビ出演するといくらもらえるのだろうか。100万円?

・この番組だが、主旨がわからない。この番組によってこの世の中が変わったことはない。

・政治家であって何もできない人の世間話を番組にしているに過ぎない。


本来、番組に求めることとは
・政治家が口に出すことあるいはその場で知って自分の考えが変わったときに、それを行動と実行で成果を作ること

・国民に自分の考えを具体的に述べる機会であるいことを意識する。

・場合によってはこれまでの成果や今進行中の改革でも話してもらえるといい

要は結果が伴わない議論は意味がないと言うことである。特に政治家は民間人と世間話をする時間があるのならば、もっと現実を見て自分の考えていることへの実現性を模索するなり、他に協力を得るなり、交渉するなり、成果につばがる行動や発言をしてほしい。

今回も、今回も、結局過去から見ると、だれしもこの日本の問題は意識しているが、だれも実際にそれを改善するために前に進んでいない人ばかりである。

単に、パフォーマンス、出演料稼ぎ、選挙対策に過ぎない。

なぜこの日本は政治家がテレビ番組に出るのだろうか。国会中継ならまだいいが、テレビに出てそれmバラエティに出るだけの余裕があるのが不思議でならない。

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives