ぼやきもいいができればもっと早く気がつくべき、予想できるものはすべて検討と対応を先に考えることだ

July 17, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on ぼやきもいいができればもっと早く気がつくべき、予想できるものはすべて検討と対応を先に考えることだ

菅直人首相が参院選での民主党敗北に関し、「自分が財務相にならないで国家戦略担当相のままだったら、もっと地方の声を聞いて、目配りしてメッセージも伝えることができたのに」と周辺に漏らしていたことが16日、分かった。政府関係者が明らかにした。(ニュース記事より引用)

よく結果が出なければコメントしないという政治家がおおいが、この記事からも敗北することも事前に考えていたら結果はこうならなかたのでは。

そもそも、いろいろな考えを書き出してそれに対する対応を考えるのが普通なのに、この首相のぼやきは、負けたことを反省してのことだと思うが、これくらいは選挙中にでも考えられたはず。

さらに首相なのだから、国家戦略担当相に自分がやりたかったことを命じて地方の声を聞くことも出来るのではないだろうか。すべて首相が行うことは無理。

ぼやきもいいが、もっと幅広く政策もやはり野党の意見も聞いたうえで何がベストなのかを検討することだ。

何でもかんでもディジタル的にかならずこうなる、それしかないという考えでやっているとすれば、それは大問題だ。

よってやはり実行を先に行い、修正を必要に応じて行うのがいい。問題があれば事前に考えていた処理をすることだ。

今の政治家はこの敗北した後のことを考えていないから、ダラダラ後始末をやっているように見える。勝敗には必ず負けもあるのだから、その時の対応策も考えておくべきだ。結果がでてから対応するから時間が余計にかかってしまう。

.

TWITTER

iPhone4の対応

July 17, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on iPhone4の対応

アップルのスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)は16日、携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」の受信トラブルについて米カリフォルニアで会見を開き、トラブルは多くのスマートフォンで起きる一般的な現象だとした上で、9月30日までに購入したアイフォーン4を対象に、本体に装着して受信トラブルを改善するケースを無料で配布する、とした。すでに同社純正のケース「バンパー」を購入している場合は、払い戻しに応じる、としている。アイフォーン4は、6月24日に発売された後、電話機の持ち方によって電波の受信状態が悪化するトラブルが起きている。米国では「欠陥を知っていたのに販売前に顧客に明らかにしなかった」として、損害賠償や販売中止を求める訴訟が起きた。米アップルは、「電波の強さを示すバーの数を、誤って2本多く表示する不具合があった」として、修正するソフトを配信した。(ニュース記事より引用)

あれだけiPhone4の販売ではテレビ各局は時間をかけて報じていたのに、この問題に関してはほとんどない。なぜ日本では問題になっていないのだろうか。アメリカとは異なる。

そのアメリカではAppleが対策を昨日発表した。ケースを配布すると言うことだが、結局、ソフトだけの問題でなかったと認めたようなものだ。人の手から本体を離すことで受信感度をあげることにしたと思うが、これはAppleで事前にわからなかったのだろうか。少なくとも従業員すべてに配布してモニターをすれば分かったことではないだろうか。

普通、製品は初ロットでは問題は起きる。あるいは製品の切り替えのときに問題は発生する。これまでiPhoneでは聞かなかったこのアンテナ問題。この構造的あるいは何かを変えたことが問題になったとしか思えない。

それくらいは技術屋であればだれでも経験上わかることだ。

製品は初ロットは普通は買わないほうがいいというのは、こうした問題があって切った貼ったの状態になったりするからである。それによって問題を起こすこともあるから、出来ればそれら問題が改善した後に修正した基盤の製品を買いたいものだ。

.

TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

July 17, 2010 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

以下の内容は以前から思っていたこと

よくファンションコーディネータが一般人の希望で洋服や髪型、化粧のアドバイスをして前後の変化振りを紹介する番組があるが、ここで疑問。

・ファッションコーディネータがプロで自分の考えを持っているとすれば、まず自分のファンションを説明できなければならに。さらに他の芸能人のファッションにも意見があるはず。でもそれがないのが不思議でならない。すべて周りのファッションはOKを判断しているのだろうか

・一般人に向けてのアドバイスはいいが、なぜ彼らが普段持っている洋服や化粧品、あるいはその人の行動範囲からの選択をしないのだろうか。何もかもが、ブランド品とか高いものなど、その店の宣伝をするために行っているような気がする。普通、近所ではダイエーやイーオンで買い物をするのだから、そこから選ばないと意味がない。さらにそのファッションを維持させる方法やその展開まで示さないと、毎日そのファンションでは生活はできない。

TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

July 17, 2010 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

参院選の結果はどうでもよくて、毎年国会議員は選挙活動で翻弄されている。また9月にも代表選挙があるということで、与党は特に超党派の議論をしたいと言っているのですぐにやって欲しい。なぜ通常の日程に縛られる運営しかできないのか、もし日本の今の現状が問題ないのであればそう説明して欲しいし、やはり緊急事態であるのならば、24時間365日で議論、決断、実行、評価、修正をやって今日よりも明日がよくなるような活動をやって欲しい。

先日の選挙はその問題解決のためのものになっていない。もしそうであれば、今週にはすでに議論ははじまっていてしかりである。

現政党に期待はなし。期待したいのは国会議員が今の日本をどう思うか。まず問題ないのであれば、今までどおりでいいが、緊急を要する事態であれば財政破綻を待つのではなく、批判するのではなく、一議員として何をすべきかを考え、必要に応じて議論して決断、実行をするべき。政治家がテレビ番組に出る暇があるのならばせめて、言っていることの裏づけを国民に分かりやすく説明して欲しい。与党の批判ばかりでは野党に税金という報酬を払いたくない。

ねじれ国会は野党にとってチャンス。それには批判ではなく具体的な政策の説明、与党側への説得、そして早々の実行をすること。問題を議論して行動を遅らせるよりもまずは実行して1年ごとに評価修正するほうが国民としては将来が見えてくる。

野党は政府批判ばかりするのならば、報酬を上げるだけの評価に値しない。

国会議員であれば、まず自分が何をするべきかを自覚して、勉強して、議論して説得して法案を作って実行、1年ごとに修正していくことだ。

さらに説明の時には予算額とその財源を説明するべき。特に消費税反対派にはその代わりとなる財源を説明するべき。

TWITTER

元首相はのんきでいいな、鳩山前首相は菅内閣のためにも沖縄行脚をするべきだ

July 17, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 元首相はのんきでいいな、鳩山前首相は菅内閣のためにも沖縄行脚をするべきだ

鳩山前首相は17日、北海道苫小牧市で開いた自らの後援会の会合で、6月の首相辞任時の引退表明をいったん撤回し、2011年春の統一地方選の頃まで結論を先送りする考えを示した。鳩山氏は辞任表明した6月2日、首相官邸で記者団に、「次の衆院選には出馬しない」と明言した。鳩山氏は17日の会合で、「首相経験者が(国会議員に)あまり長くとどまるべきでない」と持論を述べる一方、「後援会に相談せずに結論を出そうとしたことに対して、あまりにも唐突だと(批判された)。今日は結論を出すつもりはない。国益に資する自身の身の振り方を考えたい」と語った。さらに、北方領土問題やアイヌ問題の解決に意欲を示し、「(国会議員の)バッジを外した方がやりやすいのか、やりにくくなるのか。来年の統一地方選の頃を一つの目安に、(後援会の)話を聞きながら対応を決めたい」と述べた。 (ニュース記事より引用)

日本の元首相は抜け殻のように、一度トップの座に上がってマスコミの攻撃に精神的に参ってしまうのか、のんきなものだ。

鳩山前首相が今やるべきことはわかりきっている。新しい仕事を見つけるので歯なく彼が行ってきたことを残り少ない期間にやるべきである。

それは沖縄県民と徳之島に毎日でも行って説得することだ。それしかないだろう。

今のまま沖縄県民や徳之島を無視するのであれば、それは菅首相があまりにもかわいそうである。あなたのおかげで今のような状況になったのに、責任を菅内閣に押し付けて北に逃げるのはあまりにも無責任。

なぜ日本の首相ってこうも国際舞台での活躍をする人がいないのだろうか。よっぽどアメリカの元大統領の方が、特に民主党出身だが、世界的に貢献している。

何か日本の首相は英語もできない、交渉もできない、海外に無頓着だから首相をやめても国政に残って、高報酬をもらえるだけもらっていくのかな。

自公政権下の元首相も遣り残した仕事をそのままにしているのも気になるが、鳩山前首相はまずは沖縄県に行くべき、あるいは住んでみて、菅内閣をささえるためにも、選挙活動のように県民に会うべきである。

それが出来なければ、なぜ首相になったんだといいたい。自分で判断したこと、途中で投げ出した責任を取って欲しい。

そして説得できたら引退すればいい。他のところに問題や目的を作る前に、自分がやってきたことの結論を出して欲しい。

辺野古に移設すると決めたのはあなただから、説得できるはずである。逃げてばかりならば政治家を今すぐにでも辞任するべきだ。トップにまでなってその責任を取れないのならばいらない。さっさと辞めて欲しい。税金の報酬をもらわなくても十分生活は出来るはず。

.


TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives