なにかおかしい、この地デジ問題

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on なにかおかしい、この地デジ問題

来年7月24日の地上デジタル放送への完全移行まであと1年。地デジ対応受信機の普及率こそ83%と目標を上回るペースだが、所得水準や地域による格差は大きい。また、ビル群による新たな難視聴対策の必要も浮上するなど課題は山積しており、総務省は矢継ぎ早に普及促進策を打ち出している。最大の足かせとなりそうなのは、山間部や離島などではなく、都市部に多いビル陰などの受信障害対策だ。「山間部などの難視対策は計画も含めると9割以上に達しているが、都市で対策が遅れている」(総務省地上放送課)という。(ニュース記事より引用)

この地デジって本当に何を目的にやっていることだったのだろうか。いまさらこのような問題の記事が出ること事態おかしくないか。普及率ばかりを自慢するかのように数字を発表していたが、結局、問題があるのをほったらかしにしているという感じである。

それはやはりまず低所得者の普及率が低いことである。そもそもアナログテレビをすでに使っている人からこの地デジ移行に対して、お金を払わないと番組はみれなくなるぞと脅しているようなものであって、当然この格差は予想できたはず。

チューナーなどの支給もやっているという記事は前に見たことがあるが、これって全世帯に配るのが一番良かったのではないだろうか。世帯ごとにこのアナログ放送を見れなくなるぞと脅すような宣伝はやはり金がない国民には負担が大きい。このように国民が全員影響を受けるものはやはり無料でチューナーを配布する方が100%の普及率を早く得たのではないだろうか。

さらにこのビルによる受信障害という意味もわからない。いままでアナログでは受信できていたのだろうか、地デジになるとそれがみれなくなるというのは、技術から見れば後退している。

さらに先日テレビ番組でなぜスカイツリーをわざわざ高く作るかという番組があり、それは東京タワーでは地デジが見れないが、スカイツリーでは見れると報じていた。上記の記事が正しいとすれば、この番組情報はそもそも矛盾していないか。

建物の高さはこの受信問題があるのであれば、高さを制限するのが普通ではないだろうか。必要ない高いビルを作ってもいい面はあまりない。コンクリートで作られ、倒れたりすると周りに被害を与え、日照権も奪うし、電気代もかなりかかりそうである。ましてこの受信問題は日照権と同じで迷惑なことである。

この受信問題はいくらでも調査も出来たはずなのに、今頃出てくるのは準備不足もいいところ。

何かあのエコポイントもこの地デジも業界が強制的に消費を促すためにやっている感じがする。

なぜ既存のものを大事に使おうという考えがこの日本からなくなってしまったのだろうか。これでは高品質、信頼性が高いという製品の特徴が無意味である。

何か日本らしさを自ら壊しているような感じがする。

一番確実なのはスカイツリーは観光目的にして、アンテナはつけるにしても所詮受信問題は解決しないのだから、地デジはケーブルテレビで配信するのが確実。一方ビルの高さ制限は地域ごとに現状を守るこように条例を作って、受信権利を侵害しないようにするべきである。

普及に関してはいまさらだが、チューナの無料配布を行うことだ。国民が金の問題で困るようなことであれば、あのエコポイントなども早々にやめてその予算を無料配布にするべき。

何か国民の生活をよくしようとするときに必ず金で解決させようとする政策は間違っている。

地球環境も海外に売り込むときは金を払ってもらうのは当然だが、国内はいろいろな対策はやはり税金を投入して無料で使ってもらうようにするべきだ。

海外との商売には金を使い、国民が所得の差で困らないような政策をするべき。

所得の差で国民に生活の差までつけていくことはそれは負担である。まずは国民を守ることを基本にすれば、こうした小さなことは国で守るべき。

あくまでも競争するべきは海外の国や企業である。市場も海外にあることを忘れている。国内で競争すれば、格差が生まれ、普及にも差がつくことは当たり前、まずは基本を整備することだ。

お互いに金に振り回されて共倒れの道を歩んでいるような感じがする。

失業者も、仕事がない若者もいるのに、なぜ日本という企業は彼らを使いこなせないのだろうか。海外にはいくらでも市場もあって仕事もあると思うのだが、うまく活用していないことも問題である。

.

TWITTER

事実ならこれは日本の問題

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 事実ならこれは日本の問題

「外国人研修・技能実習制度」は1970年代に始まり、技能研修とは名ばかりで実態は日本人労働者が手をつけない「きつい、汚ない、危険」な仕事に低賃金で従事させるものであったと紹介した。その背景として、国内失業率が高止まりする中で日本政府が正式に外国人労働者雇用の門戸を広げて來なかったことを挙げた。また、92年から2008年の間に212名の外国人研修生が日本で死亡し、主な死因が過労死であったこと、これまでに受け入れた研修生48万4000人のうち約34万人が中国人研修生であることなど、日本国際研修協力機構(JITCO)による統計も紹介した。この研修生問題が日本の国際的イメージを傷つけ、対外的な関係にも影響を及ぼしたと論じた。アメリカ政府は日本政府に対して「法意識の重大な欠陥」「強制労働」と非難し、国連の移民人権特別報告者が今年3月に日本を訪問、研修生制度を名指しで批判して制度の取り消しを提案したと伝えた。(ニュース記事より引用)

これも事実ならばひどい話だ、ときたまこの記事に関するニュースが日本でも報じられることがあるが、強調文字のことを考えるとそのとおりなのかなと。

あの介護関係もこれに関連している。結局低賃金で海外から人を呼び、日本人がいやがる仕事をさせていることには変わりない。

これはやはり金があるからと、生活費が必要な人を雇う代わりに、日本人がいやがる仕事をさせている、これもあの***制度にやはり似ている。

本来海外から来てもらっているのであるから大歓迎のはずなのに、なぜこうなってしまうのだろうか?

.


TWITTER

日本企業も加担していたのか?

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 日本企業も加担していたのか?

米メキシコ湾の原油流出事故の責任を追及する米議会の公聴会が22日開かれ、油田の一部権益を持つ三井物産系の石油開発会社MOEX(テキサス州ヒューストン)の石井直樹社長が証言した。同社長は、事業を運営する英BPが負担を求めている損害賠償など事故処理費用について「法的義務は果たす」としながらも、「事故原因が解明されなければ、その先の議論はできない」と述べ、三井側が直ちに費用負担に応じる考えがないことを強調した。米史上最悪の環境被害をもたらした原油流出事故をめぐっては、被害者支援や環境回復費用がどこまで膨れ上がるのか、費用負担の割合をどう調整するのかなど全く不明だ。(ニュース記事より引用)

この原油流出事故に日本企業が関わっていたとは今朝まで知らなかった。この負担は3社の割合で決まっているらしく、この日本企業は10%に相当する負担金を要求される可能性があるという。

この問題、日本ではほとんど話題にもなっていないが、やはり日本企業もこの利権にかかわっていたとすれば、国内世論として、環境問題を守る立場からすれば、この日本企業の責任問題も話題になっていいのではないかと。

アメリカの事故とはいえ、環境問題からすれば、もっと関心を示すべきである。

.

TWITTER

お金に関することはまずは日本の財産を守るべき

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on お金に関することはまずは日本の財産を守るべき

日米両政府は22日、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の見直しに関する協議を都内でスタートさせた。2011年度予算案に関連経費を計上するためには、12月までに米側と新協定で合意する必要がある。日本側が削減を目指すのに対し、米側は増額を求めており、協議は難航必至だ。現行協定は来年3月に期限切れとなる。10年度の思いやり予算は、労務費1140億円、光熱水費249億円など計1881億円。民主党政権は昨年秋の事業仕分けで、基地従業員の給与を「見直し」と判定しており、労務費の扱いが焦点だ。ただ、米側もアフガニスタンでの戦費の増大などで財政事情は厳しさを増しており、歩み寄りは容易ではない。(ニュース記事より引用)

この思いやり予算の削減はもちろん現政権にやって欲しいこと。この税収難のときに結果の見えない戦争に税金を払うのは割りにあわない。

ただこの考え、友達にお金を払ってもらう考えは日本も考えるべきである。それには何かに優位にたたなかえればならない。何もかも今は国民の貯金頼みで国が成り立っているが、返却なしの投資をしてもらうようなことって何かないのだろうか。

アメリカはこの安全保障で日本を従わせているわけである。あの食料だってそうかもしれない。日本のネックを海外が持っている限り、このような従えという関係は続くのである。

これを取り払うことも必要だが、従えと言うのも今の日本には必要なのかもしれない。今は日本国民が国から従えといわれているのと同じでもあるが。

預貯金で赤字国債を買っているわけだから、本来は拒否も出来たはずなのに、無駄な、日本を低迷する結果しか生んでこなかった自公政権の責任はやはり大きい。

いや今や国会議員全員の問題でもある。選挙が終っていまだに何も議論をやてちる様子が見えない。

さらに参議院の7月分、たった数日で数百万円の報酬が払われると言う。これを民主党も自民党も反対もしない。改善もしない。

こうした金に関わる部分はやはり2大政党には確保したい分野であるようだ。これは早々に報酬は日割り支給にするべきだ。

今の政治家って何を目指しているのだろうか?在任期間になにごともかいかのようにやっていくことが目標になっているようなきがしてならない。

.

TWITTER

この浄化が可能ならば、日本国土の問題となっている土地も浄化するべき

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on この浄化が可能ならば、日本国土の問題となっている土地も浄化するべき

築地市場(中央区)の移転予定地となっている江東区の豊洲地区で環境基準の4万3千倍のベンゼンなどの有害物質が検出された問題で、都は22日、1月から実施していた土壌汚染の無害化実験について、「すべて環境基準値以下となった」とする最終結果を技術者会議に報告した。(ニュース記事より引用)

これも元は人間の作った問題である。市場の移転で問題であった土壌の浄化が可能と言う事なのだが、あの借金と同じでで将来に問題を残さないためにも、問題となっている土壌の浄化はこれを例に日本全国で行うべきである。これは本来はゴミを捨てた業者にまずは行わせるべきである。

後に調べたら土壌汚染があって、それを浄化するのにお金もかかるとなるのはわかっている。わかっているところから改善するのが行政の仕事だと思う。それを予算がないからと先延ばしにするのは、市民生活を無視した考えである。

やるべきことを先に行うのが市民生活を守ることである。

.

TWITTER

この写真も面白い

July 23, 2010 一般 Comments Off on この写真も面白い

http://www.funcage.com/picdump/feb19.php

良く集めるな、面白い写真ばかりだ。動画でなくても静止画でも十分面白い

TWITTER

これも面白い、appleの今後

July 23, 2010 一般 Comments Off on これも面白い、appleの今後

http://www.liewcf.com/the-future-of-apple-funny-4909/

TWITTER

写真の中に動物が

July 23, 2010 一般 Comments Off on 写真の中に動物が

http://www.moillusions.com/2010/07/stop-starring-find-the-animals.html

an elephant, a dolphin, a duck, a crocodile and two monkeys.

がいるそうだが、どこにいるかな


TWITTER

錯覚サイト、これも面白い

July 23, 2010 一般 Comments Off on 錯覚サイト、これも面白い

http://videogames.yahoo.com/events/brain-teasers/brain-teasers-and-optical-illusions/1400154

それぞれのリンクをクリックすること

TWITTER

こういう記事になぜ日本企業がないのか、サムスンはあるぞ

July 23, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on こういう記事になぜ日本企業がないのか、サムスンはあるぞ

Galaxy Phones From Samsung Are Worthy iPhone Rivals

http://finance.yahoo.com/family-home/article/110142/galaxy-phones-rival-iphone

サムスンは相手がいると対抗機種を出して応戦している。これが海外での競争である。サムスンは各国国内で他企業とも競争しているのだろうか?しているとしてもアメリカではこうした記事になって比較されると言うのはすでに日本の携帯の存在がないことを考えると、すでに遅れている。

やはり国内で1番になっても全く意味がないのである。今は世界一にならなければ意味がない。

.

TWITTER
Page 1 of 212
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives