レアアースの解説に疑問、問題があるとすればその経費を出さないことが問題なのでは

November 3, 2010 テレビ番組 Comments Off on レアアースの解説に疑問、問題があるとすればその経費を出さないことが問題なのでは

テレビ朝日ではレアアースの解説番組で、レアアースを生成するのに放射性物質を出すためにそれを処理するのにコストがかかると説明。先進国はそれに経費をかけたくないから中国の安いものを買っていると説明。あるいは中国はその処理をやっていないから安いと。

ここで大問題。放射能物質が人体に及ぼす影響があると思っている我々からすると、中国人労働者の放射性物質の汚染を無視してまでレアアースを低コストで得ようとしているのかということである。

もしこれが正しいとすれば、日本企業は放射性物質処理の費用も出さず、人的問題を無視しているといえないだろうか。

これは大事な問題である。テレビ局もこうしたことは踏み込んだ解説をしないと誤解を招く。

果たしてどうなのだろうか。人的被害があることを想定しながらレアアースを得ようとしているのだろうか。


TWITTER

How I Met Your Motherは最高

November 3, 2010 海外ドラマ/映画 Comments Off on How I Met Your Motherは最高

海外ドラマを見ているのだが、以下が気に入っているものだ。でもその中でもHow I Met Your Motherは最高にいい。コメディだが、5人のキャラと2組の恋人同士、そして彼らがいつも一緒にいて、見ているだけでなごむし、ああいう生活っていいなって思ってしまう。

他に気にいっているものは
Glee:すでにseason2も始まっているが、彼らの本物の歌とアメリカの歌を紹介するつくりがすばらしい。日本だったら演歌を元にストーリを作れば流行るかも。

NCIS:6人のキャラが面白い。海軍の事件解決ものだが、会話に特徴。特にAbbyは最高だね。12月にLos Angelesも始まるが、彼らも時々出てくるよ。でもNCISのほうがいい。

The Big Bang Theory
これもコメディだが、物理理論学者4人と隣に引越ししてきたPennyとの話だ。毎回面白さがあるし、いろいろな製品を紹介している、もちろん日本の製品も中でさりげなく使っているよね、現実世界でもPennyとLeonard役は恋人というニュースも先日あったばかり。Penny役の女優はCharmedのseason8でep1から毎回出てくるよ。

Cold Case
これは冒頭の曲にひかれてしまう。また最後の時代背景の曲もうまく表現している。

Mercy
最初はgrey’s anatomyよりも質素だなと思っていたが、話の内容に打たれてしまう。Greysのほうは恋愛の方が主だが、Mercyは医者や看護婦と患者との関係についての話になっている

The Mentalist
これも面白い。Patrickがあのコロンボのように犯人を追い詰めていく。Teresaとの会話も面白い。

ちょっとしたことでもその面白だがいい。

October Road
これはある男性Nickが恋人と離れて10年ぶりに故郷に戻ると彼女には息子。でも彼の特徴であるナッツアレルギーがNickにもsamにもある。でも彼女Hannahは否定するんだよね。でもほのぼのとしている。

Brothers & Sisters
これも大家族の話で来月よりs04、本国はs05が始まっている。家族が多くいろいろな情報がすぐにいきわたるという環境なんだよね。s04ではKittyに重大な病気がみつかり丸坊主になる場面も。RebeccaとJustinは結婚する。

One Tree Hill
青春ドラマはアメリカの場合多い。90210も面白い。これらはCWが放送しているがすべてヒットになっているのもすごい。Danは前のKeithの恋人に拉致され、Haleyは男の子供が産まれる。

Ghost Whisperer
これもJimがなくなりSamに霊が乗りうつりでもJimが表れてあらためて結婚。そして彼らには子供も。s05では男の子が生まれる。

Scrubs
これも病院のコメディだが、たしかs9まで続いて今年終了したのかな。ハチャメチャだがこれも面白い。

Fringe
今月に始まるがこれも面白そうだ。

まだまだあるが、共通しているのは出演者のキャラがはっきりしていて、それが面白い。そして必ず刑事ものでも人間関係がある。自然なことだが家族愛や友達、恋人などいろいろだ。

ドラマごとに俳優もいろいろな人が出ていて彼らの仕事を作っているような感じもある。もちろん日本人やアジア人もいろいろ出ている。

まあ、いろいろ好きなドラマはあるのだが、冒頭のHow I Met Your Motherは本当に最高だ。


TWITTER

やはり日本と異なるアメリカの政治

November 3, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on やはり日本と異なるアメリカの政治

2日行われた米中間選挙で、共和党が下院で過半数を獲得する見通しとなった。上院でも議席を伸ばしているが、民主党が過半数を守るとみられている。(ニュース記事より引用)

アメリカの中間選挙、CNNで見ていたがやはり日本と異なっている。それは毎度書いているように政治家がやりたいことに投票していることとである。よってその政治家の現役であれば成果も問われる。

下院での結果を報じているときは成果のなかった政治家は落ちているとという言い方をしていた。確かに政治家に何をやってもらいたいか、有権者も彼なら経済対策をやってくれるとかコメントする。どこにも民主党がどうのこうのというコメントはない。

政治家が何をやってくれるかなのである。

さらに当確後のコメントも日本と違う。それは自分の政策を具体的にやるからこれからも応援をお願いしたいという。そして家族や応援者などに感謝を言って最後にその関係者がステージに上がる。日本は最初から応援者がいて、当確するとコメントはマスコミからのその時に話題になっていることなどが聞かれてそれを答えるだけで、あくまでも政党中心が日本である。政治家はどうでもいい。

やはり新人と当選回数で差があるのは日本の特徴で、そこで階級的な上下関係もあって、上に従えというのが日本。アメリカはやはり個人主義だから、彼のこれまでの成果やこれから行なうことが評価される。ある意味州の代表としてワシントンに行く。

日本は選挙に勝つと政党の一員になるだけで上下関係も当選回数や役職であって、政策も政党の考えになってしまう。

いっそうのこと国民投票をネットで行なうようにしてそれぞれの法案を国民全員で投票した方がいいのではないだろうか。IPアドレスを個人に一個だけあたえて不正防止を図り、法案の審議は政治家に任せる。

最終の投票は国民が行なえば国民も法案に興味を持つのではないだろうか。

あの裁判員制度のような仕組みでもいい。審議するのは選ばれた代表だけで法案ごとにわけてもいい。

要は今のような法案の中身をひとつひとつ審議しない状況を変えていくことである。そうしない限り、なんでもかんでも政権与党の法案が通ってしまうのが日本。審議も数日だけで済むことになる。

本当に国会議員全員が今だったら補正予算の中身を理解しているのかを聞いて欲しいのである。

たぶん、菅首相も知らないと思うのである。それはそれに興味を持ち、国のためになると法案を通したいのか、それとも人に任せて多数決で同じ党内で決めたことならばそれを信じるのとは違うのである。

成果目標も成果を評価することもない議論は意味が無い。

とにかくも今の日本の政治は政党のためのものであって、国民のための物ではないことだけはアメリカの選挙を見ていてよくわかった。

そうそう、CNNを見ていて下院は共和党、上院は民主党になったようだが、だれもこれをねじれとは言わない。やはり日本とは制度も異なるが、国民のための政治はやはりアメリカの大統領制度のような気がする。日本の仕組みは政治家のための仕組みに過ぎない。

.


TWITTER

ふと思うこと、APECは何のため

November 3, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on ふと思うこと、APECは何のため

今朝は横浜で行なわれるAPECの紹介をしていたが、いろいろな規制に特に商売をやっている人には大変なことになっているようである。普通は何かのイベントがあって観光客が増えてというものとしてはオリンピックや万博がある。でもAPECは警備が強化されるイベントで観光客が来るわけではない。

こうした開催はできれば孤島とか商売に影響しない、また警備も最小限でできる場所で行なうべきではないだろうか。

これは地名は世界中に知れても、もしかするとテロの標的になる可能性もあるし、商売も期間前から規制がはいる。

これは受け入れるのは今後辞めた方がいい。

日本でやるなら、成田空港の近くなどとにかく飛行場から遠い場所は駄目である。

あるいは日本だったら米軍の基地内で行なうのもいいのではないだろうか。日ごろから厳戒態勢なのだから、安全である。

いい加減、日常の商売に悪影響を与えるようなイベントは一般市民がいる場所でやって欲しくない。デメリットもいいところである。


TWITTER

これも意味のわかならない記事だ

November 3, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on これも意味のわかならない記事だ

10年度補正予算案は2日、衆院本会議で審議入りした。これに先立つ与野党幹事長・書記局長会談で、民主党の岡田克也幹事長が小沢一郎元代表の今国会中の招致に努力する姿勢を示したため、野党側は衆参両院で補正審議に応じる構え。小沢氏の招致問題が長期化の様相をみせる一方で、補正予算案は会期内成立の公算が大きくなった(ニュース記事より引用)

この記者は何に注目しているのだろうか。全体を見ても補正予算案が審議されるから会期中に成立すると書いているだけである。

彼はこの補正予算案の中身を見てその問題点を何も書いていない。それでいて会期中に成立するとはその根拠を知りたいところだ。

補正予算案には全く問題がないのだろうか。

問題があるのならば記者が指摘するべきである。それは当然のことである。なぜかというとこれまでこのような法案の中身をすべて良し悪しで記事を見たことが無い。

これは記者も政治家も、本来は国民も関心を持って中身をみて疑問を解決して判断するべきこと。

なぜこんな記事がでてくるのだろうか。

補正予算は本予算でできなかったことを補正するものを思っている。そうなれば本予算の進捗状況もみる必要がある。さらに補正の効果も見るべきである。

こうした税金が使われることには計画と実行と結果を示さないと判断できない。

記者も現状ではだれも必要ないのかも。皆芸能人記者のように面白いところしか注目しない。これで日本が変わるわけが無い。

補正予算案って問題ないの?効果はいつわかるの?

だれか答えて欲しい、明確に答えてほしい。できれば首相が説明するべき。まず無理だと思うけど。


TWITTER

なぜ目の前の人に会えないのか

November 3, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on なぜ目の前の人に会えないのか

国会議員って目の前にいるのになぜ声をかけられないのだろうか。同じ民主党議員でも隣の人とも話ができないのだろうか。あの幹事長が小沢議員に会談をもちかけてすでに日もたっている。電話でも自宅にでもいくなりして会うこともできないのだろうか。何かお互いに秘書を通じてあるいはそうした通信役を通じないと話ができないなんて外交でもないのに。

これでは野党との協議もまず無理なのではないだろうか。隣の人にも声をかけられない人が政党がことなると余計に話しもできない状況なのかと予想ができる。

ここまで彼らって守られているのだろうか。なんでもかんでも税金を使って人を雇って彼らに仕事をまかせて相手が会わないといえばそれを信じて会わない状態を永遠に続けるなんて。

彼らは何か条件それも自分にとって利益になる条件が整なわないと会わないような感じがする。

もういい加減、こういう普通に思えない代表、国会議員は国民からいらない投票でもやって、議員辞職をしてもらうようにしたほうがいいのではないだろうか。

あの首相だって小沢議員に会えなかったと言っていたが、菅首相は本当に日本のトップなのだろうか。彼に従えない議員がいる政党も統率という意味ではすでに末期状態ではないのか。

これだけしか表に見せない状況はやはり国民のためになっていない。

両者とも早々に辞任するべきである。国民のために仕事をして欲しいのに、自分のことばかりを気にする政治家はやはりいらない。

会話もできない政治家に議論なんて出来るわけが無い。

彼らに税金を払うこそ無駄である。国民側から早々に彼らの給料をカットするべきである。仕事もできない政治家に無駄な金を払いたくない。

政治家に定数削減を求めるのではなく、国民が政治体制を根本的に変えていかないと無駄な税金はなくならない。

.

TWITTER

彼の行動は国民のためでもなければ、グレイであるといっているようなもの

November 3, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 彼の行動は国民のためでもなければ、グレイであるといっているようなもの

民主党の小沢一郎元代表は3日午後、インターネットの番組に出演し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐる自身の国会招致問題について、「裁判所の手続きに入っている。三権分立から言えば、司法で取り上げているのものを立法府が議論するのは妥当ではないし、必要ではない」と述べ、衆院政治倫理審査会(政倫審)などの出席に応じない考えを示した。(ニュース記事より引用)

何か民主党議員はトップ3いやまだいるのかもしれないが、選挙の前後では発言も行動も変わる人ばかりなんだなと思ってしまう。こういう大人がいるから子供が真似るのではないだろうか。一国の総理の発言がコロコロ変わったり、クリーンといいながら問題を先延ばしにしたりと相変わらず民主党議員は見本があまりにもひどすぎる。

この小沢議員も首相にならなくてよかったと思う。今頃といわれてもしょうがないが、彼も選挙前には国会の決定には従うといっていたし、民主党内での結束もすると言っていながら、今はその民主党執行部から言い訳をしながら逃げている。

また彼は中国との関係が強いと思っていたが、彼は今の日中の関係で何かをしているようにも見えない。

結局彼は自分でも無実を証明できないグレイなのである。

民主党議員は数百人もいて、この政治と金問題にも真正面から意見を言えないことも問題だが、国のトップが判断できないのも情けない。

いまさらどちらに転ぼうとも民主党は信用できない。

自民党もこれまでの反省を全くしていないし、やはりもと自民党議員で出来ている民主党も駄目だった。

このまま3年も我慢しなければならないのだろうか。

毎日書いているように、今の政治制度を根本的に変えて政治家を一掃するべきである。

彼らには国民のための仕事、成果が何も見えない。

なぜ国民はいまだに黙っているのかが理解できない。

中国に負けて、ロシアにも負けて、そして一人の議員にも負けている今の状況を打開する方法はないのだろうか。

いやある。政治主導ではなく国民主導にすることである。

今まだ救えるとすれば地方議員の奮起である。一部の政治家は政治と金問題があって海外視察など無駄使いをしているが、せめて名前は忘れたが、国会議員をすべてクビにして、地方のトップを集めて一から国を作る方法で再生を図るべきである。

そうでもしなければ無駄な毎日を過ごすことになる。

世界は迷いながらも何かいい方法を考えているときに、日本はいつもごたごた、前に進んでいるとは思えない。

.

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives