これって見方を変えれば、そう記者がもらしていたらスクープなのかな

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on これって見方を変えれば、そう記者がもらしていたらスクープなのかな

今回の尖閣のビデオ流出はいい面と悪い面がある。いい面としては日本はこうした情報の管理がずさんであると言うことがわかったことである。

テレビ朝日では今回のビデオの流れや管理部署を説明していた。衛星回線で通信で送っているところを見るとすでに電子ファイルになっていることがわかる。さらに元ファイルもコピーをしているし、元ファイルもパスワードで閲覧管理されていると言う。すでに電子ファイルになっていることは明らかで図ではサーバにそれがあるという。

つまりこれまでのいろいろなホームページが改ざんなどにあっていることが報道されているのに、それの管理が不十分だったといえる。個人としては元ファイルはVHSでそれを編集なしで議員に公開ならよかったのに、DVDに編集と報道もあったので、これでは管理は無理だなと。

悪い面としてはこの管理されていたファイルが外に漏れたことである。それは法的に処罰の対象になる。よってその当事者にとっては悪いこととなる。

ところであの日本人、25歳という登録方法はどうでもできることなので、中国人でも登録は可能である。

今回のもれたことは国民にとってはある種のスクープともいえ、もし当事者が記者だったらスクープできたことが評価されるかもしれない。

記者は法的な問題は別としても、真実を探す、突き止める方法として、今回のようなことを行なったとすれば、スクープである。日ごろのマスコミのニュースは与えられた情報をただ横流しにしているだけなのでスクープではない。

そうなると問題も提起して、国民が見たいといっていた一部でも映像がみれたことは評価できる。

このセキュリティの問題を改善するにはまずはネットを切ることである。閉鎖された状態で管理するしかない。また電子ファイルは作らないことである。まずはそこからはじめて構築していかないと、人が介在する場合いくらでもコピーも持ち出しも、あるいは侵入もできてしまう。これでは政府というよりも日本のこのネットに対する問題の方が大問題である。

今コメントでこの映像以外のことも書き込まれているのを見たが、これはその真意がわからない。でも全編公開でその内容がわかって真実であったとなれば、なおのこと、今日以上に騒ぎになるのかもしれない。

真意が判断できないコメントはコピペもしないし、削除もしない。削除はそれが後の証拠になるためにあえて行なわない。なぜ今日公開されたビデオ以外のことまでが書かれているのかが理解できない。明らかにそれが正しいとなれば、関係者でビデオを全編見た人にしかわからない内容である。

まあ、コメントに関してはそれを投降したリンクがあるのでそこを見て欲しい。

判断はあくまでも全編を見て判断する、個人個人が判断するべきものである。

.

TWITTER

例えばこうしう団体に評価をしてもらったらどうだろうか

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 例えばこうしう団体に評価をしてもらったらどうだろうか

セキュリティ・シンクタンクを標榜する非営利団体である米国Digital Societyは、11月4日に発表した各種オンライン・サービスのセキュリティ評価報告で、TwitterとFacebookに落第の評価「F」をつけた。どちらのサイトも、第三者がユーザーのアカウントを部分的にコントロールしたり、あるいは完全に乗っ取ることを可能にする攻撃に無防備だと指摘している。 Digital Societyによると、FacebookとTwitterには、完全なSSL(Secure Sockets Layer)保護が実現されていないという大きな問題がある。両サイトとも、ユーザー用にデフォルトで非暗号化セッションを作成する。実際のログインは暗号化されているが、ユーザーがブラウザでセキュリティ情報を引き出し、サイトの真正性を確認することはできないという。(ニュース記事より引用)

多くの日本企業や政府、行政で、サイトの改ざんや、個人情報の漏れ、機密文書の流出、証拠品の流出など以前から起きていたことがいまでもまだおきている。

この記事ではFacebookとTwitterのセキュリティ報告の記事だが、こうしたアメリカの組織に依頼して、セキュリティなど調査をしてもらったほうがいいのではないだろうか。

あまりにもひどすぎる現状。たぶん、他の国でもこのようなネット上の問題はあるのだろうけど、日本の場合は技術大国、先進国、安心安全といわれているのに、実際はこのような問題が毎週のようにあがっている。

尖閣諸島の件でも編集を外部に出していたらそこで問題が出ているし、そもそもDVDに編集していることですでにアナログからディジタルに変換していて、それが電子ファイルとなってコピーされていたとすると、特定も難しいと思われる。

たぶん、元の映像はVHSだと思うのであるが、それをなぜ編集にしたのか、これが疑問である。本来は全編を公開すれば問題なかったのに、編集したことがすでに問題の種を作ったといえる。

こうした証拠を編集することは、なんでも映像も編集できてしまうと言う印象も与えるために本来はやってはいけないことである。

別の記事ではすでにもれた映像のDVD300枚が見つかったというのもあったが、300枚もコピーするのも結構時間はかかることである。

この映像の問題はまだまだ続きそうである。

.

TWITTER

フィギュアスケート・中国杯に影響なければいいが

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on フィギュアスケート・中国杯に影響なければいいが

今ネット検索をしていたらフィギュアスケート・中国杯があるようだが、今回の動画配信で影響を受けなければいいが。

中国にいる企業や旅行者など日本人に影響がなければいいが。

.

TWITTER

ぶつけるではなく巡視船が止めるためという見方も

どちらとも左に切って中国船がぶつかったように見えるのは、日本の巡視船が止めるためにやったのではないかという見方がある。巡視船が捜索をするために相手を止める必要があるという。

もうひとつはやはり見方としては執行妨害ではないかと。

まあ、本物の映像を見て議論するのもいい。中国船からの見た映像、あといいわけもいくらでもつけることができる。

やはり船長は帰さず、起訴したほうがよかったのではないだろうか。

その方が結果がはっきりしたと思う。今の状況は船長を帰したことで新しい問題が続いている。

.

TWITTER

本物かどうかも重要だが、偽物だとまた問題となるから本物というべき

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 本物かどうかも重要だが、偽物だとまた問題となるから本物というべき

沖縄・尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国の漁船が衝突した事件で、海保が撮影したとみられるビデオの一部がインターネット上に流出していたことが分かった。流出したのは6本に分かれ計約44分。政府が国会に提出した映像より長く、海保は海保が撮影した捜査資料の一部とみている。元の映像は衝突事件の証拠として、海保と検察当局が所有しており、両当局が内部から流出した疑いがあるとみて証拠の管理状況を調査している。(ニュース記事より引用)

この映像の本物かどうかというニュースが出ているが、もしこれが偽物だったとなるとこれも問題である。それは本物により似せた映像を作ることができるということを暗示して、故意に日本に有利な映像を作り上げたとなるからである。

これは早々に本物だと声明を出すか、本物である全編を国民に公開するしかない。

要は本物かどうか調べるというところの議論ではない。

またこの流出でルクセンブルクのレンタルサーバが注目されているが、日本国内から直接海外のサーバにファイルを送ることが出来るのだろうか。

私も海外のレンタルサーバを使っているが、まず国内ででネットにつなぐためにはそのパソコンからネットに接続する際にIPアドレスが発行される。つまり必ずプロバイダを通すことになるので、それが海外に直接ってあるのかと。

そうなれば、その経路も重要で、あるいはその映像があった場所からサーバの記録で見ることも可能である。もちろん関係者のパソコンすべての確認も必要となる。

たぶん、発信者は特定できるとおもうが、ここでやはり日本のこうした危機管理は全くないことも指摘されなければならない。

まず情報は漏れるということ、これは企業も同じで個人情報がもれることも含めて日本の体制は先進国ではない。

さらにことが起きたときの処理の遅さもある。政府にはこうした危機管理として追跡などを迅速にする仕組みが無いように思える。

そしてこの結果が出たときにどこまで政府が公開するかも問題となる。いつまでかかるのかも問題となるだろう。

いつも書くことになるが、最初に全編を公開して置けば良かったのに。

でもこれで日本の機密書類や映像が簡単にネットで公開されることもわかった。全く危機管理がないことがわかった。

日本政府は日ごろから何をやっているのだろうか。小沢問題ばかりやっているからこうして意表をつかれてしまうのではないだろうか。

.

TWITTER

なんともいえないあの映像、問題疑問も多いことがわかった

沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が衝突時に撮影したとみられるビデオ映像が動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿されていることが4日、分かった。(ニュース記事より引用)

今朝はこの話題でいっぱいなのだが、この映像を見る限り、ぶつかったと言う事実は確かであるとしかいえない。

というのも故意にぶつかったという日本の立場なのだが、これって中国船側から見たときには相手がぶつかってきたように見えるはずである。

まず日本から見て船首に右からぶつかるものは、中国船から見れば左から航行をさえぎるようにぶつかってきた、故意にぶつけようとさえぎったとも取れる。
→日本船が左から航行ではなく右からだった。中国船から見れば目の前を右から左に斜めに航行していて中国船がそれをよけきれずぶつかったようにも見える。

もうひとつは日本側からすれば右後部に中国船がきてぶつかっているが、中国船からすれば、日本船は右に回ろうとして中国船の航行をさえぎり、あるいは日本側が停止してぶつかってしまったように見える。

よって故意のぶつかったかはわからない。

さらにこの映像で明らかなことがわかる。

ひとつは日本側は相手が中国船とわかているのに日本語で停止しろと言っている、これって中国語で言わなきゃ相手は恐怖を感じるような感情を受けてぶつかったのかも知れない。
->中国語の停船命令はあった。衝突のところだけを報じたTV局では日本語しかなかったので勘違いした

そして黒い煙がぶつかってわきあがったという事前の報道もあったが、これも明らかに衝突の前から煙は上がっている。これは衝突に関するものとは考えにくい。

最後にこの映像がネットにもれたことが一番の問題である。その犯人探しも重要だが、先日もテロ機密文書もネットに流出したことも思えば、国のセキュリティは完全に駄目だなと。これが最大の問題である。

最初から全編を公開していれば問題にならなかったもの。

結果論だが。

危機管理の問題が一番である。今後の対応を見たいが、やはり人が感じてコメントした内容やCGの内容には問題があったということである。やはり動画がいちばん信用できる。実際のものかは調査中としているが、結果論としてはCGは意味がなかったといえる。

CGは中国船側からもこれからつくれば、このぶつかったというのはどっちかはわからないと思う。

.

TWITTER

尖閣のビデオだが、補正予算とは別に審議を、人質に予算案を取るな、野党よ。

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 尖閣のビデオだが、補正予算とは別に審議を、人質に予算案を取るな、野党よ。

尖閣のビデオ、Twitterで検索するとどんどんとコメントが上がっている。でも海外からのはほとんどなく、日本人だけが騒いでいるような感じだ。

またCNNやBBC Worldでもほとんどこのことは報じていなかった。今後はわからない。

さらにgoogleのリアルニュースでも海外版では出ていないし、senkakuと検索してもnikkeiの記事しかなかった。

日本だけが騒いでいるような印象だ。

まあ、真相がわかれば海外メディアも取り上げるのかもしれないけど、あの平和賞を受けた中国人のニュースも完全に消えてしまったね。

ところであの野党の補正予算の審議を条件に尖閣諸島問題を持ち出すのは卑怯である。野党は国民のことを考えているのであれば、補正予算案は別に審議するべきである。

民主党政権はいろいろな問題を適してくれたのだからそれは国会を延長してでもきっちりを審議を別々に行なって欲しい。

これは政党の権力争いではなく、日本の危機の問題なのだから、予算に関係する部分は別に審議してほしい。

国会議員である野党も特に自公に限っては彼らの責任も大きいのだから、審議で取引はしないことだ。

補正予算をする必要性から審議をして欲しいものである。

.

TWITTER

この記事が気になる国債買い入れ

November 5, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on この記事が気になる国債買い入れ

日銀は5日の金融政策決定会合で、包括緩和の一環として創設した5兆円規模の基金による国債買い入れを週明けに開始することを決めた。政策金利は全員一致で現行の「年0~0.1%」を据え置いた。(ニュース記事より引用)

この国債を買い入れすると言う状況でどうなるのかを来週にでもじっくりと専門家に解説をしてもらいたいものだ。

どうしても株式にしても為替にしてもだれのいためにやっているのかと思いたいのである。投資家の利益のためにやっているとすればそれは金もうけの道具に使われているだけである。

あの介入で円安に動いたときでもこうした指標や予定が出ることも、投資をする側からすればチャンスとも言える。でも株式や為替は本来は市場を反映していなければならないと思うのだが、この記事でも金を使っての対策?かと思うのである。つまり金に振り回されているということ。

このことで経済が良くなるのか、それとも数字だけのごまかしで終るのかを知りたいところである。

.

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives