この解釈も理解できる、現状のビデオはわかったから、漁船を拿捕したところを見てみたい。

November 7, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on この解釈も理解できる、現状のビデオはわかったから、漁船を拿捕したところを見てみたい。

楊マネージャーは漁船の右側に巡視船の航跡があると指摘。もともと右側にいた巡視船が漁船を追い越し左側に移動したが、、その際に漁船は速度を緩めることができなかったため衝突事故が起きたと分析している。

楊マネージャーは、巡視船の移動は危険な行動だと指摘。追い越しする場合には十分な距離をとらなければならないとの国際的な慣例にも違反していると批判した。また漁船よりも速く移動できる巡視船がぶつけられるわけがないと日本側の責任であると強調した。(ニュース記事より引用)

巡視船はこの漁船を止めようとしていたのかそれとも漁船の追突を回避しようとしていたのかが報じられていない。

止まっている状態で漁船がぶつかるのを待っていたともとれるからである。

また右後方からぶつかるシーンはあれは漁船を止めようとしていたのであれば、漁船がぶつかったのになぜそこからエンジンをかけて逃げようとしたのかも不明なのである。それは煙が出るしたのところで白い波が盛り上がってでてきて巡視船が発射したように見えるからである。

この記事のように巡視船は漁船を止めようとしていたのであれば、衝突ではなく彼らに接岸するようにぶつかるだろうし、ぶつかるのがいやなら、逃げ回るのが普通だ。あの時刻と衝突したという叫びも、当たるのを予期して待っていたような印象を受ける。

ところで漁船は拿捕されたのだが、その映像がない。いつになったらそれを公表するのだろうか。

衝突して船長や漁船を確保したのは日本領土で法的にも間違いがないという判断なのだから、その拿捕した部分を見て欲しい。

そのときは漁船は何も抵抗することなく接近して捕まったのだろうか。

そこが知りたいね。なぜ漁船が日本の指示に従ったのかを知りたい。

どこまで抵抗して、どちらかがぶつかったのかもしれないし、全編は無理でもこの拿捕したところが見てみたい。

.

TWITTER

農業はTPPに反対して自立をしたいのか、その流れがあるのだろうか?

November 7, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 農業はTPPに反対して自立をしたいのか、その流れがあるのだろうか?

TPPへの「交渉参加」に踏み込めなかったことで、日本は参加国から相手にされず、ルールづくりに大きく乗り遅れるのは避けられない。交渉は来年11月の合意に向け着々と進行。米国は、農業問題を抱える日本が入れば、「スピードが遅れる」とあからさまな迷惑顔を見せている。このままでは米国主導で決まった枠組みを「丸のみ」するか、「不参加」という選択を迫られる恐れがある。(ニュース記事より引用)

このTPPはごくごく最近出てきた言葉で、政府が最近になってあわてて情報収集や検討をしているような感じがするのだが、あの民主党の動きもかなり前から議論していればいいものを、この問題はひと月ほどの議論をいう印象を受ける。

ところで現状は農作物に関税がかかっていて海外からの輸入品が高く設定されているのはわかった。

あの米だった数千円するのが300円ほどになるという。もちろんこの価格になれば輸入品を買うことは当たり前である。市場原理とはそういうものである。現在は品質や味などもあるがここまで価格に差が出れば安い方を買うに決まっている。

さてこうしたときに農業従事者は反対をしているのだが、彼らが言いたいのは何なのだろうか。日本国民に高い現状の国産のものを買ってくれということなのだろうか。

彼らはこの300円ほどになるという価格差について、どう対抗しようとしているのかが見えない。徐々に5年後にでも300円になるのであれば、TPPに入る前提で進めていけばいい。

前に中国餃子の件が話題になり、毒入りだったために日本の消費者は少々高い日本のものを買わざるを得なかった。これは特別な理由だが、やはり安くても問題のないものはそれを買おうとする。

例えば松屋や吉野家には行くが、料亭に行こうとはほとんどの人は思わないだろう。やはり価格なのである。

では関税をかけられているということだが、この関税は何に使っているのだろうか。これも特別会計に入るのだろうか。そして農業のために使われているのだろうか。

要は農業従事者が努力して300円に向けてやっているのであればまだわかる。彼らの努力がいづれ実るからTPPにはまだ入れないと言うことが、

でももしそうではなく300円には無理と言うことで関税や他の税で所得保証をしているとすればこれは少々問題でもある。

この解決方法は以下の通り。

まずなぜ農業従事者、これは事務ではなく実際に栽培する人を公務員にしないのだろうか。第一次産業は人間が生きるために必要な産業であり、自給率を上げる必要もある。輸入がそもそも間違いなのである。でも収益は小売店などの価格を引き下げろという脅迫で下がっている。これでは農業従事者が報酬で満足することはない。そこで公務員かしてせめて基本給を設定してその上に出来高制をもちこめばいい。あの営業職と同じ仕組みにするのである。

あるいはやはり物価を下げた地域を作ってそこで生産するものをアメリカや中国波にする。我々の生活で必要なものって何かあるだろうか。食料は毎日必要だが、それ以外はすでにある。さらに輸入しようとすれば国産の電化製品よりも安く手に入るはずである。物価を下げた地域で農産物を作り、そこで生活すれば生活には困らないはずである。もちろん地域の物価を下げるだからそれ以外のいろいろな部分も物価を下げるのである。

他には関税が駄目でもその関税を国内でないかの名目で付加するか、あるいは輸入品は加工品としてうることを規制して、それを農業従事者への報酬に還元する方法もある。これは加工品だから保存も輸出もできるようになる。大本は300円かもしれないが、付加価値で2000円にも3000円にもすれは収益は得られるはずである。加工品の材料が関税撤廃で安くなると思えば、原価は安く、加工品は高く設定していけばいい。これを農業従事者に対してのみ与えれば収益は入ることになる。


農業の従事者でない事務の関係者が農業で金をかすめとろうとするのも撤廃が必要だが、ともかくも現状のままで先行きがないのであれば、それはTPPに入らないという理由にはならない。

菅首相は農業とそれ以外の両立と言っていたが、なぜいまごろ議論しているのかも不思議。すでに関税0になった前提でどうするべきかと考えたほうがいい。

一番いいのは、期間限定で国民全員で環境と農業保護のために5年から10年、農業に従事させるなどもいい。

やはり物価を中国並みにするほうが簡単である。

リセットをして、いろいろな仕組みも何もない状況から積み上げる方が将来に繋がる。

現状のままで修正をするのは非効率的で借金をしても、成果は見込めない。

.


TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

November 7, 2010 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

あの漁船衝突事件はあの餃子事件に似ている。餃子事件では日本からその工場が問題だと究明しているときに、中国外務省がこれは日本側のでっち上げと声明を出してさらに確かデモも起きた。

今回の漁船問題も船長を解放したことは日本の問題だが、やはり中国政府は尖閣諸島は中国の島と主張してデモも起きた。

餃子事件では今年かな、ようやく2年ぶりかな犯人が特定した。今は中国の問題だったとされている。時間がたてば中国人も非を認めることもなく、これはむやむやのままになっている。

この漁船問題は日本側が船長を無条件で解放したことが、日本が非を認めたような格好になっているのでややこしいが、これも時間が解決することを、ただ解決とはむやむやになることだが、日本の菅首相も冷静さで決着よりもむやむやにしようとしている。

今朝の番組ではこの尖閣諸島のアメリカが変換した経緯はあったもののアメリカが尖閣諸島がここは日本の領土と認めたわけではないと言う発言もあった。これが事実ならば、自民党政権下でこのことをはっきりしなかったことが問題となる。それはマスコミでは再三1970年代にガスか油田の問題から中国が領有権を主張し始めたといっていたが、そこで領土が日本のものであると確定したとはどこも言っていない、

思い込みと決着は違うと言うことになる。

政府がビデオを公開しなかったのはここにあるのかもしれない。でも決着をはっきりとしたものにするには、ビデオの全面公開、船長解放時には確約書を書いてもらうなどが必要だった。

これからは首相が直接中国政府にこの主張をするべきである。国会であれは日本の固有の島と言っても海外メディアはどこもそれを報じていない。


オバマ政権の中間選挙は大敗となりまだ2年あるが、彼は責任は私にあるといった。

日本の首相はテロ機密文書の流出、ロシアの大統領の訪問、尖閣諸島のビデオ流出に関して国民には謝っていない。

この差がまずある。彼のコメントは人事であの秘書がやったの延長戦にある。これらは外務省や大使、検察などがやったこと、秘書がやったという政治家と同じ理屈で責任を転嫁している。

行政の問題を仕分けで見極めようとしているのだが、なぜ日本は行政を民主党になった時点で総入れ替えをしないのだろうか。

これまで問題を起こしてきた人をあの受刑者のように更正できるといいながら使っているのは問題である。やはり政権交代したのであるから、せめて官僚は交代して民間を入れてよかったのではないだろうか。

悪いことをやってきた人がそれが悪いと思わなければ意味がない。それに時間をかけるくらいなら人を変えるべきである。クビにするべきである。そして民主党の考えに従う民間を入れるべき。

同じ時間をかけて民主党の色を入れるのならば、まっさらな人を入れたほうがいい、まっさらでも民間から優秀な人を引き抜くのである。

今の現職官僚のクビをきる理由はいくらでもある。また優秀な人がいるとかまじめな人がいるというのも言い訳であって、その人たちがこれまでの状況を変えていけなかったのだからそれは優秀でもなんでもない。

こうした基本的なことを行なえば、日本は変わる。

.

TWITTER

勝手に宣伝するトレンドマイクロ、これは新種のSPAMか?

November 7, 2010 一般 Comments Off on 勝手に宣伝するトレンドマイクロ、これは新種のSPAMか?

トレンドマイクロは最近は右下に宣伝を表示するようになった。これがそのときは消えるが、またいつのまにか表示して、他のものを隠してしまう。

これって一方的なウイルスに似ている。この宣伝、消し方の設定がそこに書かれていない。一方的な宣伝に困っている。

そこでメールで連絡しようとしたら、またこれが製品名やシリアル番号を入れろときていて、とにかく面倒くさい。

チャットも24時間ではない。これでは問い合わせもできない。

やはりマカフィーの方が便利である。

そもそも勝手にパソコン画面に宣伝を表示するのはSPAMと同じである。

.

TWITTER

状態は必ず変化する、いろいろな流行を地域でつくる、手本はいくらでもまわりにある

November 7, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 状態は必ず変化する、いろいろな流行を地域でつくる、手本はいくらでもまわりにある

以前からなぜスポーツの種類で報酬が異なるのか、あるいは産業で報酬が異なるかは疑問であった。これはたぶん流行があるんだと思う。産業では金が集まる業種は高報酬になる傾向がある。

これらはすでに投降したことなので、ここでは別の見方をする。それは昨日かな、家電量販店がいろいろな品物を扱うようになり今はそれだけでは経営が成り立たなくなり、コンビニエンス化してきていることである。

それは人が集まるからなんでも揃えてしまえと言う発想でしかなく、客を集め個性化がいろいろな商品を置かなければつまり狙い撃ちができなくなったことを意味する。

さらに人が集まるからとして全国の物を一同に集めている傾向もある。ある意味博物館のような感じだ。そこにいる人のメリットはまず地方ではこの考えができない、人がいっぱいいることを利用している。さらに商品のそれぞれの良さを知らないためか、一堂に集めて置かないと落ち着かない状態になっている。

でもこのような手法はすでにネットビジネスでも行なわれ、amazonや楽天はひとつの商品だけを扱えなくなった、

ここで共通しているのは彼らが生産者側ではないと言うことであある。すべて既存の製品を利用して販売をなんでもそろっているとアピールしているだけである。

ただこれの欠点は毎度言っている様に、便利なのだが、比較するために価格だけの競争になりやすいことである。

また近所に同じような形態の店ができるとそれが加速され、あのスーパーのように価格を毎日気にするようになる。

あの東急ハンズのように定価売りや独自性を出すことができない。すべて他の製品を利用しているだけである。

そうなれば量販店は多くを陳列する必要がある。そうなれば経費もかかれば、余計な光熱費もかかり、人をかけないと製品を裁けないので、多くを裁かなければ利益は出ないことになる。それぞれの従業員がすべての製品に目がいかなくなり、さらに自社製という意識も薄れ、自分ですべてを使用しようともしなくなる。

これは単なる流行に過ぎない。

大きくなることは歴史的に必ず飽和と衰退を起こす。分裂も起こることになる。

日本は本来、個人経営の店があり、それが集まって商店街を形成し、それぞれが独自に経営していた。

今の大型店は効率化もあって、従業員が商品を知らなくても経営のことを知らなくても客が来るのを待っていれば買ってくれる。

ではこのような大型店舗の弱点はどこにあるだろうか。

・まずすべての商品を把握できない

・お客の問い合わせの専門家が必要となる。

・販売しているのに、苦情に対応できない。苦情はすべて生産元にフィードバックする。

・このような中間業者はマージンを取るので、必然的にあの一次産業現象が起きて生産側にコストを下げろと来る

そこでこの手法は地域ごとにもできる。それはネットで行なえばあの楽天のようなことは可能である。

それには以下のことが必要である。

・特産物はできれば特許などをとる

・中央に搬送はしない、集めない。搬送するのは消費者の下に買ってもらうことをする。

・地域での活性化のために楽天のような店を仮想空間としてつくり、ネット販売を中心にする。

・地方に人が着てもらうことを考えて、ものを都心部に集めない。人が来なくなると、その製品や他の物がうれなくなる。

・人が多いからものを集めるのではなく、人が地元に来るような仕組みをつくる。

・中間業者を排除する。

・商店街はそれで大型店舗としての機能を持たせる・

・製品はそれ自体に魅力を持たせる。それに付加価値をつける。付加価値は人ではない。製品の存在理由を考えてみる。それがないものは新しいものを考える。

・CMでも製品の良さをアピールすること。ネットでは時間制限はないので、その特徴を訴える。

・価格がきつい場合の対処方法として、このネットの仮想店舗で共同体を作ってその単位を企業を見なして、海外に生産を頼む。あるいは共通の材料を大量に購入する。あるいは材料は直接その生産者と契約を行なって、安く手に入れて共有して使う。

そして変化に対応するようにする。伝統として残すものと新しさを追求するものとをわける。

また若さの力やアイデアも取り入れ、学生にも協力を得る。

まあ、こんな感じで、競争というより、今の状況を変える方法を考えるべきである。大型店舗でも必ず欠点はある。そこをうまくつつけば、まだ生きて行けれる。

彼らは今のところ、地方には来ないだろうから、例えば地方の特産を与える代わりに人をよこせと旅行会社に頼む方がいい。物が移動するのは、それを利用している人のビジネスに頼っているだけで、地方の過疎化を解決する方法ではない。

.

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives