もともと支持率があるほど成果のない政権、適任者は国会議員以外で探すべき

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on もともと支持率があるほど成果のない政権、適任者は国会議員以外で探すべき

時事通信社が5~8日に実施した11月の世論調査によると、菅内閣の支持率は前月比11.4ポイント減の27.8%に急落、6月の菅内閣発足後最低となった。不支持率は同12.6ポイント増の51.8%だった。政党支持率も、民主党16.2%、自民党16.5%となり、2009年9月の政権交代後、民主党は初めて自民党に逆転された。内閣を支持する理由は、「他に適当な人がいない」12.2%、「首相を信頼する」6.2%、「だれでも同じ」5.1%などの順。不支持の理由では、「期待が持てない」30.1%が最も多く、「リーダーシップがない」28.7%、「政策が駄目」19.3%が続いた。(ニュース記事より引用) 

この統計の取り方も悪いが、支持率がまだあることが不思議でならない。選択式でいやいや入れるのであればしょうがない。支持率があること事態おかしいのであって、すでに1年以上もやってきて、経済がよくなった印象もなく、現政権は新しい問題をさらに作る政権でもある。

これだけ問題を改善していくような行動なり説明をすればいいだけの話でネタは腐るほどあるのに、何を守っているのか、今の政権は、国民のために仕事をやっているようには見えない。

言い訳ばかりである。

さて記事の後半では他に適任者がいないというのも国会議員だけと考えるから駄目なのである。

物事は人がコントロールして変わるものである。新人が首相にならない制度も問題だが、そもそも長年やってきた政治家の成果のなさを見て、彼らをまずは辞めさせるべきである。

要は外から人を呼ぶしかない。行政もなるべくクビにしないで制御しようとしているが、これまで長年付き合いのあった自民党議員の残留では意味がない。

あのJALがトップを変えて変革しようとしてる。日産も海外からすばらしい経営者を呼んできた。

要は今の与野党議員から探そうとするから誰もいないのである。

今、総選挙があっても結局現職のグループの再編しかなく、だれがやっても同じとなる。

やはり総入れ替えを政治でも行政でも行なわない限り無理である。

リセットを行なって何もない状況から国つくりをやるべきである。

今の民主党を今後も3年間もやらせるだけの余力もない。ここはやはり国民が行動するしかない。

仮に先進国から落ちても、一からのやり直しのほうがよっぽどいい。今の修正につぐ修正はすでに過去20年間でやってきた。これはもう続けても意味がないのである。そういう状況を作ったのが今の政治家である。

また政治家も言うのだろう、借金を作ったのも今の状況を作ったのも国民だ、選挙でそうしてきたし、これまで反対もなかったと。

これを主張するのであれば、あのビデオ公開を主張できるように、今の国会を変えることも可能であるはずである。

今の出来合いの政党からどこを選ぶかという方法はもうこの日本には必要ない。

今ならアメリカの52番目の州になることもいいのではないだろうか。

州法もあるのだから、今の仕組みもそのままいいものは使えるし、今の教育も帰ることもできて、英語力と起業精神も、投資も得られる可能性もある。

さらに食料関係もアメリカと一緒になれば関税なんてなくなるから自由にものが流通する。

アメリカの52番目の州になることもいいと思う。これって何か問題があるだろうか、所詮、アメリカは自由な国。いろいろな人が作り上げた国だ。

そこに日本が組みいれば、お互い協力もできるし、もちろんアメリカの恩恵も得られる。

外交もいろいろな面で強気にもなれるだろう。

EUのようにアメリカと日本が協力すれば中国に対抗も出来るかもしれない。

そう、手はいくらでもある。現状ではもう無理。


TWITTER

無料化のマップでもできれば得に食費は浮く

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 無料化のマップでもできれば得に食費は浮く

百貨店の地下街の延長からか、地上でも無料店舗が増えてきている。無料と言っても客寄せの一部の商品であるが、これってもしそうしたマップでもできて、期限が入っていてもいいのだが、この無料化が広がれば、特に食費を浮かすことも出来そうである。

ところでこの無料だが、百貨店でもだれでもそれは自由に食べられるのだろうか。たぶん大丈夫だと思うが、ホームレスの人にとっては、この無料というのは食の観点からすれば便利なものである。社会貢献からすれば当然のことだ。ここで制限は店では行なわないだろうから、こうした無料のマップはだれにも便利になるに違いない。

.

TWITTER

Appleを見れば将来が見える

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on Appleを見れば将来が見える

アップルは2010年11月11日、「iTunes Store」で日本国内向けの映画配信を開始したと発表した。購入だけでなくレンタルもできる。米国などでは既に提供していたもので、日本でも同様のサービスを始める。価格はHD版の旧作および準新作が2000円、新作が2500円、SD版は旧作が1000円、準新作が1500円、新作が2000円となる。レンタル価格はHD版の旧作が300円から、新作は500円。SD版は旧作が200円から、新作が400円となる。(ニュース記事より引用)

やはり時代を変えているのはアメリカの企業

このアップルの流れも戦略あってのことだと思う。

この方法で行けば、まずネットや通信中心の世界がすでにあって、CDやDVDはいらなくなる。個人的にはメモリの価格を待つ必要があると思っていたが、HDDの容量も大きく小型化になって、価格も下がったことと通信によるダウンロードやストリーミングが出来ることから、CDやDVDやあのブルーレイもいずれは消えていくことが見えてくる。

そうなればレンタルの形も変わってどっからでも通信でコンテンツの売買ができるから、自宅でそれが出来る以上、レンタル業者というのがなくなる。

またAppleはレンタルでも期限をつけている。これは著作権やコピーによる無料対策にもなる。

やはりコンテンツは期限付きにするべきなのである。これで著作権や海賊版対策ができる。

これは書籍でも行なうべきである。永遠に残すデータは出版元が持ち、売るものは期限付きにするべきである。そうすれば再販も可能となる。

ネット上のコンテンツが無料化になる中で、それでも収益をあげる方法としては、閲覧の期限をつけるべきなのである。

Appleには注文がある。itunesを導入しても日本語のコンテンツが入ってくる。これを英語だけのものにしたいのに、必要ないコンテンツだけが羅列される。これは改善して欲しいものだ。

日本の政治も未来のレールがあって、ひとつひとつ提案型の仕組みになてちればいいのだが、過去の流れを守ろうとする傾向があって、Appleのように今から将来ではなく、数年も前の状態をそのまま温存しようとしていることも事実だ。

日本の企業もお互いに競争する傾向が続く限り、Appleのようなことは無理、提案型ではなく、後追いの戦略しかできなくなる。実際、今を見るとほとんどがアメリカの企業の製品やサービスに振り回されている。

iPhoneも数年前にはあったのになぜそれに気がつかず、今年になってようやく出てきたのか、Twitterもそう。facebookだってまだ火もついていない。

サムソン方式でやはり海外に1年間研修で滞在し生活する必要があるのに。

.

TWITTER

オバマ大統領は鎌倉に行くのだろうか、これは税金で旅行?

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on オバマ大統領は鎌倉に行くのだろうか、これは税金で旅行?

日本の政治家が海外視察として、あたかも旅行なのではないかと指摘をする中で、このオバマ大統領はAPECには出席するものの、その後の日程でのこの訪問は、やはりアメリカの税金を使っているのだろうか。これは批判の的にはならないのだろうか。

.

TWITTER

仕分けは現状では止めるべき、さらに民主党は恒久的に野党にいるべき、その方が国民のためにはいい

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 仕分けは現状では止めるべき、さらに民主党は恒久的に野党にいるべき、その方が国民のためにはいい

政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は、事業仕分け第3弾(後半)の最終日にあたる18日、これまでの仕分け作業そのものを総括するとともに、今後の仕分けのあり方について議論する方針を固めた。政府内では「同じ民主党議員が作った予算案なのに、公開での批判を続けるのは難しい」と、仕分け劇場の“閉幕”を予感させる声も出てきた。(ニュース記事より引用)

民主党はそこまでこの仕分けを公開して税金を無駄使いしたのだろうか。今度やる仕分けは以前廃止になったなど改善をするべきものが他の名前で上がっているのをまた仕分けをするという。

これは政治家が政策として何を必要として、予算もいくらと意識していれば、それ以外はすべて必要ないと判断できるものである。

あくまでもいままでの状態を温存しようとするから問題なのである。

要はこうした予算案を政府が作った行政スタッフ、できれば民間から呼んでそこで決めればいいのである。今の行政に任せるから問題なのである。

あのビデオ流出でも同じだが、これまでやってきて問題が発覚したときには、その改善は人を変えることである。首相や官房長官は自ら改善するとしているが、それで改善したためしがない。

人を変えるのが一番の改善策である。

さてテレビでは仕分け作業として大臣が視察に行っている映像があるが、なぜその時に仕分けをしないのだろうか。何か事前の調査が抜き打ちでもなく、これからやる仕分けの段取りを説明に行っているような感じがする。要は出張で訪問までしているのに、そこでなぜ仕分けないのだろうか。視察をすること事態がすでに手の内を示している。抜き打ちで書類などを出させ、説明を受けてそこで判断しなければ意味がない。

結局、この仕分けもマニフェストや選挙中の言葉のように、パフォーマンスだけだったようだ。

彼らはやっていることは間違いないのに、あまりにも説明しない、ごまかしばかり。民主党は恒久的に野党のほうがいいような気がする。指摘は一部だが、批判だけはプロである。彼らには国民のために自らが行動する、決めていく、責任をとるという集団ではない。

民主党は責任転嫁、責任追及ができる野党に戻ったほうが、国のためにもいい。


TWITTER

Upgrade Your Life: Buy now, or wait?

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on Upgrade Your Life: Buy now, or wait?

Upgrade Your Life: Buy now, or wait?

http://news.yahoo.com/s/yblog_technews/20101110/ts_yblog_technews/upgrade-your-life-buy-now-or-wait

これは前にも紹介したかもしれないけど、iPhoneやiPadは今買うべきではないと。Androidは買うべきと書かれていある。ただこれはアメリカの話、Androidもすでに価格は下がっているはず。さらにAndroidは自前でプログラムも自由に作れるから、これは企業で仕事としてやる必要もない。

今後はこのOpen Sourceによって、誰でもビジネスができることが当たり前になるだろう。

あのiPadが出たときにはページがめくれるとかメディアは騒ぎ、出版業界も電子化にするべきと言っていたが、今はどうなったのだろうか。

立て続けにいろいろな機種が出てくるので、まあ、日本がiPhoneにこに2年間無関心だったからかもしれないが、やはり、世界の動向をみていかないと、日本で記事になった時にはさらにメディアが取り上げたときには遅いのである。

.

TWITTER

Great Looking Eyes at Every Age

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on Great Looking Eyes at Every Age

Great Looking Eyes at Every Age

http://shopping.yahoo.com/articles/yshoppingarticles/455/great-looking-eyes-at-every-age/

こういう記事も日本ではないのだが、海外の見方を見ることも必要。


TWITTER

これは今の日本には必要ないのかも

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on これは今の日本には必要ないのかも

The Best Business Schools 2010

http://finance.yahoo.com/college-education/article/111281/the-best-business-schools-2010?mod=edu-collegeprep

アメリカは特に社会人でも休職して大学に戻って次のキャリアを作ることができる。日本でも少しずつ増えてきたが、仕事をやる上で知っておきたいことはやはり実務も必要だが、ビジネスの理論も必要。

日本はアメリカの大学には興味がないということなのだが、チャンスがある以上、こうした記事も見ておくといいかもしれない。

通信教育でもあって学位でも修士でもとれればいいのであるから。

.


TWITTER

この記事もすごい、紙の飛行機で大気圏に

November 12, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on この記事もすごい、紙の飛行機で大気圏に

Paper plane takes photos from space


http://news.yahoo.com/s/yblog_upshot/20101111/sc_yblog_upshot/paper-plane-takes-photos-from-space

やはり何かをやるときには現状を打破しないと駄目のようだ。人がやっていないことをやることが面白さを出してくれる。この記事でも普通に飛行機を飛ばしていたら、何も面白くはないと言うことだ。

最初に物事をやった場合にはそれが記事になる。

.

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives