こんな状態でいいのであろうか、補正予算案否決では何が法案に問題があるのかと政治家は示せ

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on こんな状態でいいのであろうか、補正予算案否決では何が法案に問題があるのかと政治家は示せ

参院は26日夕の本会議で、約5兆900億円の追加経済対策を柱とする平成22年度補正予算案を、社民党、新党改革を除く野党各党の反対多数で否決した。ただ、補正予算案は衆院で可決しているため、両院協議会を経て、憲法の衆院優越規定により同日夜に成立する見通しだ。(ニュース記事より引用)

この記事では野党の大部分が参議院で補正予算案を否決したとある。ではその理由は何かと思うと、その肝心な記事がない。テレビニュースでもその部分を示していない。

補正予算案の中身のどの部分に問題があるのかと野党議員は説明するべきである。そこまでこのひと月以上議論したわけだから、本来国民もその状況を知っているはずである。

いや私しか知らないのかもしれない。重要な否決するだけの内容を私がニュース記事から検索できないのかもしれない。

googleでもyahooでも私が検索する方法ではわからないし、テレビ番組を見てもわからない。

異なる番組内容を見せられているのかもしれない。

でもだれかコメントでもいいからリンクでもつけてくれ。

野党政治家はどこに問題があるので否決したのかと。

これが分からないければ、記事ではこの法案が成立するとあるが、それこそ参議院の政治家の存在意味がない。

もしそうなれば参議院を解体するべきである。解散ではなく解体である。

ぜひ、コメントをお願いしたい。

またニュース解説をするテレビ番組も法案の全体を見てどこに問題があったかを解説して欲しい。これは税金の使われ方であり、国会では政治家のよって十分仕分けをしたはずである。

この仕分けの結果が全く見えないのはなぜなのだろうか。

ぜひお願いしたい。税金を払う国民のこれは権利であるはずである。

.

TWITTER

これも日本企業の負けなのか…

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on これも日本企業の負けなのか…

ヨーロッパ自動車工業協会(ACEA)は19日、現代起亜自動車がヨーロッパ市場において、今年1月から10月までは現代30万763台、起亜22 万606台の計52万1369台を販売したと明らかにした。同期間のレクサスを含むトヨタは、51万1754台を販売、現代起亜車と約9600台の差となっている。韓国メディアは、現代起亜車が今年ヨーロッパ市場でトヨタを抜き、アジアのブランドの中で1位となる見通しであると報じている。 (ニュース記事より引用)

韓国は着実に経済を前進させているなって感じがする。やはり政府が音頭をとらない、政策が今流でない日本は、何をやっても負けていくのかな。

やはりリセットして、一からやり直さないと、治療だけではもう無理。

国を変える人材と組織を作らないと、今の政府には何も任せられない。

野党も自分たちが正しいと思うのならば、政権取らなくても行動で実績を作ればいいのに、批判ばかりでは、結局同じである。何もやっていないことと同じである。

政府と協力して野党のやりかたで日本を立て直して、政権与党を追い込むくらいのことをなぜできないのだろうか。

今の政権与党民主党に野党の力、実力を見せればいいのに、批判ばかりでは何もやっているとはいえない。

.

TWITTER

日本は入札を断念、高速鉄道

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on 日本は入札を断念、高速鉄道

ブラジルの高速鉄道は、リオデジャネイロ~サンパウロ~カンピーナスを結ぶ511キロメートルの区間に設置され、総事業費は総事業費331億レアル(約 1兆6000億円)に上る。ブラジル政府は、2016年にリオデジャネイロで開催される夏季五輪までに高速鉄道を完成させる方針。ブラジルの高速鉄道事業には、これまで韓国に加え、フランス、ドイツ、日本、スペイン、中国などの企業連合が関心を示してきた。 韓国メディアは、23兆ウォン(約1.7兆円)のブラジルの高速鉄道プロジェクトは、韓国が受注する可能性が極めて高くなったと報じている。受注合戦に参加した国のうち、現地企業との契約が締結段階までに至ったのは、韓国が初めてであり、最大のライバル国である日本とフランスが入札を見合わせた。そのため、韓国の大企業が総出動した韓国企業連合が、アラブ首長国連邦(UAE)の原発受注に続き、今回も大規模な事業を受注する可能性が高まったとの見方を示している。

日本とブラジルは以前から関係もあって、リオでの夏季オリンピックもあって高速鉄道も取った方がいいと思っていたが、記事では韓国が契約するようである。

今の日本政府には国内事情、いや大間違い、彼ら民主党の政権維持のことで問題を自ら作っているから全体が見えないようだ。

残念

.

TWITTER

ここは安全なのだろうか、延坪島の映像から見えること

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on ここは安全なのだろうか、延坪島の映像から見えること

北朝鮮による砲撃を受けた韓国西方沖・延坪島にテレビマスコミが上陸して映像を流しているが、これって追加の攻撃がないことが確約されてのことなのだろうか。

イラク戦争の時はいろいろな面で渡航の制限があったのに、この延坪島にはそうした規制があるとニュースにない。

また日本メディアはイラクなどにはいかないのに、この隣近所には行くことも不思議でならない。確かに報じる側としては重要なのだが、全番組が行く必要があるのだろうか。

そこまで映像を撮らないといけない、危険を承知で現場に行く必要はあるのだろうか。

人が集まるところは攻撃を受けやすい、相手との取り決めもないのに、今回のこのことは事故でもないのに、よくも現場に行けれるものだと。

日本国内だったら自衛隊が撮影した映像を流したりするはずだが、この延坪島に関してはそういった傾向が全く見えない。

これって国の考えの違いなのだろうか。

.

TWITTER

エコポイントでみる熱狂ぶり

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on エコポイントでみる熱狂ぶり

エコポイントのポイント数が変わることから、店では大反響である。これで不景気といえるのだろうか。どのチャンネルもこの店舗の様子はすざましい。

一方国会では補正予算が参院では否決されたが、その理由はNHKの夜の解説番組でも示されることもなく、国民がこの製品確保に夢中になって政治のことを考えないことでは大成功であったと思う。

法案って中身の審議もしなくても政権側の賛成で確実に通ることがわかった。これで仕分けをする意味合いも遠のいた。せかっくの議論の場も、法案の中身を議論しないのだから、なぜこのひと月も採決を延ばしたのかも理由がわからない。

まあ、目先の利益に群がる、自分の不利益にならないことには関心を示さないことはいつの時代でも同じであるようだ。

メディアがいくら問題点を示しても、改善する前に忘れさせてくれる事件や、話題、あるいはこのようなエコポイントの期限があれば、政治の優先度はどん底でもいいということだ。

たぶん、法案の中身を賛成でも反対でも説明できる政治家も国民もメディアもどこにもいないのではないだろうか。

たぶん、賛成した議員に法案の説明を求めても説明できないだろう。

何が国民の代表なのかさっぱりわからない。

.

TWITTER

こういうときに役に立つかもしれない地方空港

November 26, 2010 ニュースに関するコメント Comments Off on こういうときに役に立つかもしれない地方空港

フィリピンのアキノ大統領は26日、韓国と北朝鮮の緊張がさらに高まった場合、韓国に滞在するフィリピン人約5万人を日本に緊急避難させることを検討していると明らかにした。大統領は記者団に対し、「わが国の輸送機にも限りがあり、フィリピンまで帰国させるには時間がかかる。避難するには日本が最も近い」と語った。フィリピン外務省がすでに、日本側と協議を始めているという。(ニュース記事より引用)

日本が安全とは思えないが、あの民族差別を考えれば、まず日本政府は国内の北朝鮮人を追い出し、韓国からは日本人をまずは避難させるだろう。

昨日、ここで日本が北朝鮮学校に制裁的な対応をすることは、武力なき民間人への攻撃と同じで個人的には納得できないと書いたが、それに似たリサーチ結果を見ると日本国民の多くがこの政府のやり方を指示していることがわかった。これは不思議とともに、やはり守るべきは身内である日本人だということがわかった。

あのアメリカでさえも戦争を続ける中で民間人の犠牲を増やしたことも事実であって、これはリサーチでも同じ気持ちの人が大勢いることもわかった。

今後はそうした民間人が誤爆というニュースも、あまり意味がなく、これもしょうがないこととして見られてしまうのかと。

やはりこの日本はなんやかんや言っていても、日本中心で考えていること、間が型がアメリカ的であることが十分わかった。

これはしょうがないこと。

さてフィリピン人の救出は日本国内に散らばっている地方空港が大いに役立つことだろう。飛行機も自衛隊機も民間機もあるだろうし、船舶でもいい。何かと便利な位置に日本があることがある意味、フィリピンへの貢献になるのかもしれない。

そこで民間人と軍人の区別もないだろう。北朝鮮であればすでに民間人への制裁は行なうのだから、それはやはり敵となっている以上これもしょうがないのかも。

逆に考えれば、日本人も海外でバッシングに会うと言うことである。これはすでにおきていることだから、人間社会では理想論を言っていもいみがないということであると認識するしかない。

.

TWITTER
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives