テレビ番組を見て思うこと

March 20, 2011 テレビ番組 Comments Off on テレビ番組を見て思うこと

夕方に次世代のパソコンという番組があったが、また電気を使うものばっかりだなという印象を受けた。それを開発したときに、それまでの開発費用とその効果を見ると果たして費用効果はあるのかなと。確かに面白いのもあるが、現状の状態で困っているのかといいたいのである。

むしろ震災があったから言うわけでもないが、もっと人を守る仕組みや方法を開発した方がいいような気がする。

あのパソコンの進化型って果たして現状の途上国の人に効果があるだろうか。

それよりも生活を楽にすること、安全安心を得られるものを開発することに時間と金を今は使ったほうがいいのではないのかな。

せっかく与えられた人生、時間と金のほとんどが、生活の基本ではなく趣味嗜好あるいは無理に作り上げられたもの、無理栗開発しているものも多いのではないだろうか。

例えばゲームは流行っているが、果たして農業でうまく生産ができなくて困っていて収入も少ない中国の農民に必要なのであろうか。

何か震災や自然災害を毎年見ていていつも同じ繰り返し。被害にあう人が必ずいて、避難したとしても十分なことがすぐに対応できず、そして復興にはどのくらいの苦労がかかっているのかはほとんどメディアは報じない。

何か忘れていませんか?企業の社会貢献を。何をもって社会貢献しているのか。

あるいは政府は何をもって予算を組んでいるのか。

.

これはこれでいいが、計画停電の前に説明して欲しかった

March 20, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on これはこれでいいが、計画停電の前に説明して欲しかった

東京電力は20日、東日本大震災による福島第1原発の運転停止に伴う発電能力の低下を補うため、震災で止まった火力発電所の再開に加え、小規模火力の増強などを急ぐ方針を固めた。14日から実施してきた計画停電を「4月末までにいったん終わらせたい」(藤本孝副社長)としており、冷房需要で電力使用量が大きく伸びる夏場にも備える。(ニュース記事より引用)

何か日本で起きていることは事象の後追いばかりで、説明も目の前に見えているものしかないような印象を受ける。

例えばこの記事の内容は計画停電のまえに説明するべきで4月末までかかるという根拠にもなる。でも計画停電で都心部が対象外になっていることには納得していない。

当然コンビニや企業も定時で終っているとは思うが、計画停電を経験する方の立場も考えてほしい。

ついでにでも前にも書いたことだが、原発事故だっていつ収束するのか、それがどういう状態なのかが見えない。最悪な状態も見えないし、そういう意味での不安は毎日残っている。

なぜ全体をまずは説明しないのだろうか。いつもそうである。目先のことばかりに捕らわれていて全体がないから、今やっていることが果たして最良であるかもわからないし、いつまで続くのかもわからない。

ところで計画停電、土日祝日はやっていないことを思えば、今後は企業も土日出勤にするところも出てくるのではないだろうか。だってどのくらいかは不明だが余裕はあるようだからである。別に土日は必ず休めと言うことは一般的にはない。やはり一日停電を気にしないで働ける方がいい。

西日本に拠点を移すのもいいが、土日の活用も今後は出てきて、計画停電が2回あるときに休日にする企業もでてくるだろう。

.

風呂の掃除

March 20, 2011 一般 Comments Off on 風呂の掃除

今日は暖かいので風呂の掃除を行なった。風呂は掃除をしにあと垢などもたまって、黒かびも出てい来る。いつもながら風呂用洗剤を使って掃除をすることに。目で見えるところはとにかくきれいにするのがモットーだ。約1時間で掃除が終了するが、いつもながら体が疲れる作業。さらに密室なので暑くなり汗も出た。

シロクマのクヌートが19日死んだ

March 20, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on シロクマのクヌートが19日死んだ

ベルリン動物園の人気者だったシロクマのクヌートが19日死んだ。(ニュースk時より引用)

http://www.thelocal.de/society/20110319-33833.html

リビアへの空爆が始まったとは知らなかった

March 20, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on リビアへの空爆が始まったとは知らなかった

米英仏軍が19日にリビア上空で行った空爆で48人が死亡、150人が負傷した。リビア国営テレビが伝えた。現時点でCNNはこの情報を独自に検証できていない。(ニュース記事より引用)

リビアの情勢は諸外国による空爆になっている。ガタフィ大佐が国民に軍で戦っているからだが…

CNNやBBCではずっとこのニュースを報じている。

.

今朝のテレビ番組を見て思うこと

March 20, 2011 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

民主党議員が中継で出ていたが、彼の言い方にも問題が。それは専門家から、民間のヘリを使ったらどうかと提案があったときにいい意見を聞いたからこれから検討するといったことだ。なぜこれからなんだといいたいよ。今の政治家の言い方はすべてこれから検討するに終始している。すべて知らなかった、そう想定外だったに終始している。

行政を避難所に終結することも指摘があった。すでに現場の行政が機能していないときに、まだ国の行政は避難所付近に仮の行政機能を作っていないのかと。そういう情報が報じられないということはやっていないとしか思えないし、やっているとすれば処理行動が遅い。

あの官房長官の会見の数に対する被災地の報告は数件だったと言う。ほとんどが原発事故に向けられ、それも政府は一人で会見をしていた。これもなぜ分離しなかったの。

さらに会見では東電や他の会見との情報の食い違いも指摘があった。こうしたことをあの数百人の政治家は誰もきがつかないのだろうか。そもそも事前にそうした仕組みがなかったとしか見えない。

これから検討するという言葉は何を今頃言っているんだと言う印象しか受けない。

オフサイトセンターの話があったが、統一したところから専門家が中心となって安全だと訴えることも重要と言っていたが、まさしく、それも私はすでに指摘していること。それがいまだに出てい来ると言うことは出来ていないか、検討中か、公表していないのである。たぶん。

あの福島県知事が生出演ですでに3日もたったのに油も届かないといってた、民主党議員がスタジオにいるのに、彼がすぐに関係者に電話をすることもなかった。こういう体制だから、訴えてもすぐに物が届かないのかなと。スタジオの人間も停電もなく、映像を見てコメントを発しているだけ。それで関係各所に訴えていないことはよくわかる。目の前に助けてという人がいても彼らは映像に入れることが仕事なのかと。なぜ政府や行政に言わないのかさっぱり理解できない。

避難所には病人もいて医療チームも欲しいと訴えていたが、やはりこの政治家は電話もしなかった。

風評だが、これはしょうがないということと、油がどこにあるということが分かっていてそれを待っていたのかなというのがちょっと気になる。取りに行く手段が無かったとなれば、その運搬を任せられる関係部署に連絡するなりしたのかなと。でも結局このスタジオにいた政治家がそういった情報を受けても何もしないことからすれば、やはり当人が動く、確認する、訴える。現場に行くしかないのかなと。

絶対と言うことはない

これはその通り。絶対ない、想定外、これらは言い訳にしかならない。

原発事故では政府が当初東電に申し出をして企業が断ったと政治部長がいっていたが、これも大問題だなと。そういうところも後できっちりと指摘をして欲しいものだ。

さて自民党議員からも米を例に自民党議員を通じて行政担当に詳しい人がいると民主党よりもコネがあると紹介していたが、これも紹介するよりもすでにそうした人を通じて何かをやったのかと聞いてみたいところである。こんなときに自慢話をしてもらっても困る。

民主党議員に頼んでも聞いてくれないと言う指摘もあった。これは予算案など野党に議論に参加といいながら、逆に野党から聞くと聞いてくらなかったと言う。政治家は発することと行動がともなっていないようだ。

リーダは現場に行くようにという話もあったが、これも冒頭にも書いたとおりでもっとあの霞ヶ関にいる公務員を活用しているのであろうか。

絶対という意味では
・原発は何があっても安全安心
これは今回の件でそうでなくなった。
・行政は何があっても市民を守る
これも実際は市役所も区役所も被災にあうのである。すべてこうした行政に頼れることはないのである。ただ遠く離れた行政がそういうときに何をするかは見ておく必要がある。すでに1週間たって、そうした行政の動きって我々は見えているだろうか。

こういう専門家の指摘もあった。私も昨晩言ったことだが、テレビ番組はとにかく過去の悪いシーンだけを毎日報じいている。安全安心や回復したところ、安心安全を示すような映像がほとんどない。

なぜ毎日、悲惨な映像を流すのだろうか。特に被災者にとっては苦痛ではないだろうか。日本のテレビ番組はこの傾向が強い。何でも見たくもない影像を何度も流す傾向がある。いい加減にしてくれといいたいよ。

TBSでちょっと面白いことがあった。それは女性の方が原発の模型を説明するのに指し棒をめい一杯伸ばしてその長さから、彼女はたって説明していた。次のパネルでは指でやって、メイン司会者は赤いペンでやっていた。これってなぜ目の前にある模型を指や指し棒も短くしたままやらないのだろうか。別に最大に伸ばす必要もないのに。あれがかっこいいのであろうか。長く伸ばして立って説明することが。

.

 

テレビの存在って何だろうか

March 20, 2011 テレビ番組 Comments Off on テレビの存在って何だろうか

相変わらずテレビの力って風評とかそうした悪いこととか、それを見た人が不利益になることは注目があがるが、それ以外の大半はほとんど効果もないように見える。

今回のテレビ報道ではやはりキャスターが最初だけ現地に入り、何をしてきたかわからないままにいつのまにか帰ってきていたこともあるし、相変わらず悲惨な映像に日付もいれず、永遠と同じ映像を流している。

そしてすでにわかっているはずだが、あくまでもテレビ番組は中継者でしかないということである。その中継もいい意味ではなく、報じているだけであることが多い。

解説番組のキャスターを惜しむような特別番組もなぜ彼のためにという感じもするが、テレビに関わっている人ですら、解説を必要としていることが情けない。

また徐々に批判をするコメンテータも増えていき、映像や新聞を見るだけで番組が成り立つようなことになるのかと思うと。

今回、東電などに取材陣が突っ込んだ質問をしていたが、テレビも政治も何が重要なのかをもっと勉強してほしい。表面的な質問ばかりで芸能人を追いかけるような真似が目立つ。

やはりスタジオにいる人が多すぎる。人が多いのだから、現場にいって生の声を伝え、それが困っていれば活かされるような報道をして欲しいものである。何でもかんでもが、バラエティのように見えて残念である。

個人的な話だが、今日はわりと日本のテレビを見なかった。あの繰り返される地震被害や原発のことを知らないほうが、かえって体の調子はよかった。

後は計画停電だけである。協力はするが、やはり都心部だけは24時間停電がないというのは周辺から見れば不公平である。特に事業をやっている企業や個人は3時間を毎日割くのは困ること。

なぜそこが問題にならないのかが不思議でならない。

あの海外の原発事故への反応が過剰という報道もあるが、これが逆の立場だったらどうだっただろうか。あの厚生省が海外の医療チームなどの受け入れを拒むのにも似ている。つまり責任を取りたくない、最悪のケースをまずは考えるのである。それが当たり前である。

さて政府はもう72時間どころかかなり時間もたったが、国民を果たして家族であると思って必死に生きている人を探そうと24時間毎日仕事をしてくれたであろうか。身内であるとやはり気持ちが違う。政治家はそこまで考えて、救援活動を迅速にやっただろうか。

いまだに安心感が感じられないのは、やはりテレビの影響が大きいような気がする。だって正しい情報を得る方法はテレビしかない。でもそのテレビの優先順位は上に書いたとおりである。いつ情報が流れるのかも見えない。

あのエコポイント、あれも今月一杯だけど、いっそうのことあれもすべて復興支援にまわしたほうがいいのではないだろうか。少なくとも借金をしないとやっていけないこの日本、逆に44兆円の借金の制限があることもよくわからないが、必要な金は所詮借金をするんだから50兆円でも60兆円でも積み増しして早急に復興する方がいいのではないかと。

あの株価が下がるのに日銀が資金を投入したが、そういう感覚は今の避難所へのフォローや復興支援でいくらでも出せるんではないか。株価や為替レートは結局投資家に資金をあげたようなかっこうになったのではないか。

この借金の44兆円のこともだれか解説してほしい。60兆円でもいいはずである。

あるいは44兆円をすべて復興支援にしてもいいはずである。そういう議論をこれまでしてこなかったから、考えが先に進まない。

テレビが伝えるべきことはいくらでもあるのに、それが難しいからと伝えてこなかったことも問題なのかもしれない。

私はそう思う。

.

情報の出し惜しみは止めて欲しいな

March 20, 2011 テレビ番組 Comments Off on 情報の出し惜しみは止めて欲しいな

テレビ番組も宣伝を優先するために情報の出し惜しみをする傾向がある。例えば明日の計画停電の情報をCMの後に流すやりかただ。情報をいつ流すのかが今のテレビ番組には工夫も何もないが、それを利用して情報よりもCMが優先されることが納得できない。

さらに良くあることだが、番組がすでに終わりに近いときにCMにつなぐ際に、引き続き議論を続けるとかコメントを出して実際CMあけてもそうした議論もないことが多い。

この正しい情報を流すという意味での時間稼ぎや、言葉で発していることの意味が実際にそうでないことはどう思っているのだろうか。

ここ数日、政府からの会見もないようだが、すでにこの震災全般は終ったことなのであろうか。

アメリカではニュースは番組が途中でも入ってくるし、ライブの会見は最後まで流すことが多い。会見はある意味優先される内容だが、日本の場合は先週まではよかったが、昨日からその傾向がなくなった。

優先されるべきはまずは宣伝、そして番組、いつもとかわらない。会見や会見のライブは後回しであり、全体も必要ないようである。

.

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives