東電の管理体制はひどいな

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 東電の管理体制はひどいな

深刻な状態が続く福島第一原子力発電所の復旧作業現場で、放射線の量を量る「線量計」が地震で壊れて不足し、一部の作業員の被ばく量の管理ができていないことが分かりました。厚生労働省は「作業員を大量の被ばくから守るうえで問題だ」として、東京電力の安全管理の在り方を調べることにしています。福島第一原発では、水素爆発などが相次いで広い範囲に放射性物質が飛び散り、場所によって高いレベルの放射線が検出されています。しかし、東京電力では、被ばく量を量るのに必要な線量計の多くが地震で壊れたとして、一部の作業グループでは代表者にしか持たせず、作業員一人一人の被ばく量の管理ができていないことが分かりました。(ニュース記事より引用)

この代表しか測定器を持っていないというのはひどいな。東電っていろいろなミスを起こしているけど、これって立派な企業のやることなのか?

.

原発の欠点、電源施設を攻撃すれば現状と同じになるのでは、危機管理はどうなっているんだろうか。

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 原発の欠点、電源施設を攻撃すれば現状と同じになるのでは、危機管理はどうなっているんだろうか。

以前、原発が攻撃されたらどうなるのかということを考えたことがあるが、あらためて書くと、現状の原発は外にある電源を攻撃するだけで、冷却ができなくなり、水素爆発が起こったり放射線が外に出たりすることがわかる。

今回は津波や電力設備の停電が原因とされているが、送電線でも電源をとにかく原子炉が頑丈であっても、外の設備を攻撃すれば十分だ。それを今世界中に示したことになる。日本は今は地震や津波は起きないと思っているかもしれないけど、54基の原発はこうした危険を持っていることが今回の事故で報じられた。

となれば、自然災害対策として電源の供給方法を考えたとしても、それは攻撃を受けない性善説の時であって、戦争やテロが起きれば、真っ先にやられてしまう。

日本は送電線や原発周辺を狙うだけで大きなダメージになるのではないか。

別に核兵器を打ち込まなくても電源施設を攻撃する程度でいいとなる。

このあたりは確実に大丈夫といえるだろうか。だれかこの部分も考えているのであろうか。地震では自動停止したが、電源を攻撃されたら、自動停止もなくなるのではないか。

電源も原子炉のような頑丈な、何があっても壊れないところに入れておかないと無理なのではないか。

天皇陛下も計画停電

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 天皇陛下も計画停電

天皇、皇后両陛下が、東日本大震災の被災地に思いをはせ、お住まいの皇居・御所の電気を一定時間使わない「自主停電」を続けられていることが分かった。「国民と困難を分かち合いたい」という趣旨で15日に始めたもので、宮内庁の羽毛田信吾長官らによると、陛下は「寒いのは(服を)着れば大丈夫」とおっしゃっているという(ニュース記事より引用)

この内容は実は3/24の記事である。でも私が知ったのは今日の昼のテレビ番組であった。なぜ1週間もこうしたニュースをテレビ番組が流さなかったのかなと。夕方も日本テレビで報じていたが、今日、メディアもわかったと言う感じの報じ方だった。

すばらしいよね。国会とかテレビ局って節電はしているのだろうか。

夕方から夜の都内を中継するシーンがよくあるが、それだけ見るとどんどん電気を使っているのかなと。でも今週はほとんど使用率は一定だった。これを年がら年中維持できれば、夏も心配ない。

ところでサマータイムはどうなったのだろうか。こういうのもすぐに決めてくれればいいのに。

.

当たり前の話だが目標があるからそれに向かって対応をしていく

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 当たり前の話だが目標があるからそれに向かって対応をしていく

ふと思うことがある。震災になって、我々は目標がある。被災地では行方不明者を探す、避難所の対応を考える、復興を考えるなど目標は多い。原発事故でも冷却をする、汚染水を他に移動する、作業員の生活環境を向上させるなどいろいろだ。

なぜこういう当たり前のことを書くのかと言うと、政治のこれまでのことを思えば、問題は山積だったはずである。でもそれを解決している姿勢が見えなかった。見えていたのは、つい最近までは、

・小沢議員の処分
・問責を受けた大臣の処罰
・本予算の審議
・政治資金に関する対処

など、どちらかというと政権与党をどう維持するか、解散ではなく、いつまで続けるかというのが目標だった。

これまでいろいろなところで出てきた国が抱える問題は保留となっていた。いや便利な言葉で言えば検討中だった。

でも冒頭の通り、目標を決めれば、いつまでに何をするかが明確になって、人も動いてくれるのである。

いまだに菅首相は検討するというのを連呼している。先のサルコジ大統領との会見でも彼の考えではなく質問の内容にはほとんど検討するとしか答えていなかった。原発もまだ続けるという意味合いもあった。

でも大統領の言葉で通訳では日本は地震が多いところには原発は作るべきではないといったような気がした。その後菅首相はそれを隠すかのようにコメントをしたような感じがしたが。

菅首相にはいつまでに何かをするという目標がないようで、すべてが部下に対して検討しなさいと目標の実現の検討ではない。

.

こんなことばっかり、日本の態度は何なんだ、マニュアルがないと動けないのか

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on こんなことばっかり、日本の態度は何なんだ、マニュアルがないと動けないのか

中国の程永華駐日大使は29日、東京都港区の中国大使館内で記者会見を開き、11日に発生した東日本大震災の被災者に哀悼の意を示し、被災地が一日も早く復興することを希望すると語る一方で、日本側の救援物資の受け取り方を批判し、「よりすみやかに被災地に輸送すべきだ」と述べた。環球網が伝えた。程大使は、「わが国が提供したミネラルウォーターなどの救援物資が28日に日本に到着後、日本側から『中国が救援物資を被災地まで輸送するよう』言われた」と明かし、困惑があったことを明らかにした。さらに程大使は、2008年の四川大地震で中国が受け取った救援物資について言及し、「物資を受け取った国が輸送を手配するのが国際的には一般的だ」と述べた。また、中国大使館は救援物資が必要な場所に届くよう、すでに運送会社を手配したと述べた。(ニュース記事より引用)

こういう判断ができない日本、マニュアルどおりにしか動けない。担当者が自己判断も責任も取れないなんてひどいね。

数日前にこれはテレビでも指摘していて記事にもしたが、こうやってあらためて記事なると、ディジタル的なんだよね。プログラムに組み込まれていないことはできないと断る。

自分で運べというのはエラーメッセージのようだ。

アナログ的にその時の状況で対処ができない。

これでは支援する側もそれをきっかけに今後何もしなくなるよ。

これまで金しか出さない日本とか、応答が遅いとか、いろいろ言われてきたけど、こういう記事を見ると何も変っていないんだなって思うよ。表向きは良いコでいるから暴動もなかったと評価も受けるけど、実際は外部からその状態をつつくと対処ができないということ。エラーを出してしまう。

.

こんな判断はない、もとから規定もないのを健康被害が出てから対応するとはね、家族がそこにいても留まってといえるのか?

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on こんな判断はない、もとから規定もないのを健康被害が出てから対応するとはね、家族がそこにいても留まってといえるのか?

枝野幸男官房長官は31日午前の会見で、国際原子力機関(IAEA)が福島県飯舘村での土壌調査で測定された放射線量について「避難基準の一つを上回った」としたことについて「IAEAのモニタリングを踏まえながら、さらに精緻なモニタリングを行い、こうした状況が長期間継続する可能性をしっかり把握して対処したい」と述べ、数値を慎重に評価する考えを示した。そのうえで枝野氏は「人体に影響を及ぼす可能性が長期間になりそうなら、退避等を検討せねばならない。その必要が生じた時にタイミングが遅れないよう万全を期したい」と述べ、放射線量が基準を長期間上回り続けた場合は、避難指示などを検討する考えを示した。(ニュース記事より引用)

廃案で住民が怒る以上にこの政府の判断は大間違いもいいところでむしろ住民はここで怒らなければならない。

何度もかいているが、海外は最悪と市民の安全安心を見て今のうちに避難をして欲しいと提案しているのに、政府は何をとまどっているのであろうか。

すでに過大な不安を住民にかけておいて、先日は勝手に自主避難しろといったり、今回は健康被害が出てきたら避難を考えるねという感じだ。

政府は何を守っているのであろうか。もし強制退避になった時に、すぐに市民を避難できるとも思えない。それこそこちらから現場に行きたがらないよ。いまだからこそまだ近くまで行けれるのに、数値をもっと測定してその状況で判断すると言うのは政府の言うことではない。

市民もごねることなく自主避難という政府から見放されているのだから、ゆくゆく最悪になっても迷惑をかけないように、今の内に各自安心できる距離まで移動したほうがい。政府に頼ること事態が間違っている。

私が政府だったら、原発事故に集中するためにその他のこと、国民の安全安心を守るためには強制避難をなせて最悪でも避難はすでに終っている状態にするね。

数ヶ月、あるいは数年たってその避難が行き過ぎだったとしてもそれはまともな人からすれば受け入れられると思う。それよりも最悪になったときに、その結果として一人でも被害者が出たときはそれは判断ミスもいいところで非難されてもしょうがない。だって時間もあったことだし、指摘もあったのだから。

政府に見放されたような記事であると思うよ。自主避難にしても現状から何もしないということが。

官房長官もあの屋内避難地域から会見したらどうか。ほとんど原発の話だから、現場の状況も見ながらやったほうがその怖さを感じるのではないか。そしてその地域で出荷を止められた野菜などを実際に食べてみればいいのである。

そこまで覚悟が出来ているとは思えない。

国会議員の皆さん、あの屋内退避地域にあなたの家族がいたらそのままにしておきますか?家族が早く避難したいといっても周りに合わせて留まってと説得できますか?これが出来るとしたらそれは異常としか思えない。

あの数値公表もなぜ24時間リアルタイムに公表しないのだろうか。安心感を与える方法はその測定値をそのまま動画で流すことである。そうすればその傾向もわかる。

そもそも数値の良し悪しではないのである。数値を測らないと安全だと言えなくなった状態がすでに不安なのである。数値が基準よりも下回っているからいいとか最悪よりもいいという報道を聞くことがすでに不安なのである。

よって数値を気にしない場所に早く移動することしか改善策はない。

.

あくまでも個人的には反対、ACジャパンのCM

March 31, 2011 テレビ番組 Comments Off on あくまでも個人的には反対、ACジャパンのCM

なぜACジャパンはメッセージを芸能人に読ませるのであろうか。別に今までのようにナレーションだけでもいい。芸能人を使うメリットを全く感じない。彼らが数億円の寄付と無償の出演をしているのであればこの考えを変えたいが、これもビジネスであれば、芸能人をやたら使うCMには大反対である。

.

だから情報はテレビ一社だけに集中して流せと言っているのに、

March 31, 2011 テレビ番組 Comments Off on だから情報はテレビ一社だけに集中して流せと言っているのに、

テレビ番組は視聴者への情報提供というよりもスタジオにいる人のための解説番組になっている。

今朝のTBSでは2-3日前の原発作業員の実態をいまだに日付も入れずに報じていた。これでは今の情報ではない。すでに彼らの生活環境が改善されているかもしれないのに、数日前の情報を流している。

さらに防護服もナイロン製で防護になっていないと元東電の情報として流していたが、これはテレビ朝日ではバリウムを練りこんだ防護服を使って7割は遮断する、できれば鉛の防護服がいいといっていた。同じ時間に異なる情報をTBSとテレビ朝日で流していた。

TBSを見た人は作業員は防護されていないと思うだろうし、テレビ朝日ではまだ7割は保護されると思うだろう。

なぜこうも各局、勝手に情報を流すのだろうか。やはりそれぞれの担当を決めてそれだけを詳しく、それも今から将来のことを説明してほしい。過去の情報は日時を必ず入れて混乱をさせないようにするべきである。

なぜこういうことに気がつかないのだろうか。スタジオにいる人だけがこの分野では詳しくなり、疑問も彼らの疑問として解決するから、我々から見るとそれをずっと見ているわけでないために、たぶん彼らを100とすると視聴率10%で100人ではなく10人に伝わり、選局や視聴する時間でこの10人も1-2人だけが詳しくなるだけではないか。

もっと工夫が必要なのに各局、誰のために情報を流しているのだろうか。

.

廃炉には時間がかかる

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 廃炉には時間がかかる

東電の勝俣恒久会長は30日、これら4基を廃炉にする方針を示したが、喫緊の課題は、原子炉の冷却や放射能に汚染された大量の水の処理だ。廃炉に持ち込むには長い時間がかかり、専門家は「すべてを終わらせるには数十年がかりの作業になる」と指摘する。原子炉や建屋が破損した福島第一原発の例では、こうした通常の手順通りに解体できるか疑問だ。松浦祥次郎・元原子力安全委員長は「今回は汚染低減作業に非常に手間がかかる。廃炉は恐らく20~30年では終わらない」と語る。(ニュース記事より引用)

このような現実を見たときに、どうするかを考えればいい。通常でも廃炉するだけで数十年ということは知らなかった。あのチェルノブイリは石棺にするのに3年、そして事故から30年たってヒビなどがあるという。30kmの立ち入り禁止もあることから、やはりまずは住民には不安を与えない距離に強制退去。そして30kmを立ち入り禁止にしてそれも例えば30年はかかると言うべきだ。

ニュースでIAEAから30km以内を強制退去にするべきと指摘があるが、政府はそれを実行しないと言う。ここが問題なのである。早く住民を避難だけすれば、最悪の時に彼らの面倒をみなくてもいいのに、なぜ人命を守ることを先にしないのかが理解できない。

さっさと今の内に強制退去にすればいいのである。

アメリカの公聴会では32kmという数字がでていたが、まずは強制退去。そして立ち入り禁止にすることだ。

こういうときは先行き良くなると考えてはならない。悪くなると考えて対応を行なうべきで、結果として最悪がおきなければ良しとすればいい。

現状だと、まだ避難しない火もいるということだが、政府の対応は後処理に過ぎない。一番危険な考えである。

.

.

今後考えるべき電気のこと

March 31, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 今後考えるべき電気のこと

深刻な状態が続く福島第一原子力発電所の復旧作業現場で、放射線の量を量る「線量計」が地震で壊れて不足 し、一部の作業員の被ばく量の管理ができていないことが分かりました。厚生労働省は「作業員を大量の被ばくから守るうえで問題だ」として、東京電力の安全 管理の在り方を調べることにしています。福島第一原発では、水素爆発などが相次いで広い範囲に放射性物質が飛び散り、場所によって高いレベルの放射線が検 出されています。しかし、東京電力では、被ばく量を量るのに必要な線量計の多くが地震で壊れたとして、一部の作業グループでは代表者にしか持たせず、作業員一人一人の被ばく量の管理ができていないことが分かりました。(ニュース記事より引用)

この代表しか測定器を持っていないというのはひどいな。東電っていろいろなミスを起こしているけど、これって立派な企業のやることなのか?


Page 1 of 212
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives