Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

なぜ大連立で民主党は自民党と組むのか

June 8, 2011 ニュースに関するコメント No Comments

いまの大連立のことを思えば、大勢いる民主党が震災対応ができないから、経験豊かな自民党と大連立を図ろうとしている。でもねじれ国会だけを見れば、別に自民党でなくとも少数野党との連合でもいいはずである。要は採決で有利になればいいだけなのだから、別に自民党と連携する必要はない。

また大所帯なのに経験豊かな自民党政治家に頼るのも変な話だ。この3ヶ月を見ても自民党議員が何をやってきたかを見れば、経験が豊かで貢献しているとは見えない。昼間の番組でも自民党議員は野党では政府の監視をしていればいいという発言をしていた。彼らの政治家の仕事は野党でいれば批判、指摘さえしていればいいとういう考えでしかないのである。

この政治家も含めて、自民党がこれまで何をやってきただろうか。被災者対応だってこれまで自然災害があったにもかかわらず、彼らも何もそこから学んでいないのではないか。

大連立論議をする暇があるのならば、震災対応を議論でもしろといいたい。税金を無駄に使って震災対応を与野党ともに行なっていないことが問題である。

そもそも不信任は否決されて菅首相を信任したのではないのか。菅首相退陣論ばかりだが、それではあの採決も無駄だったということか。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives