Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

これは府知事の言うとおり

June 10, 2011 ニュースに関するコメント No Comments

「根拠のない15%節電には協力しない」。大阪府の橋下徹知事は10日、関西電力の発表に激しく反発。企業の電力消費量などデータを関電が府に開示し、原発から再生可能エネルギーの開発に軸足を移すよう求めた。府は関西広域連合での取り決めに基づき、14日に経済団体を通じ、府内の各事業所にオフィス系の職場で年間5%、夏季10%の消費電力カットを目標に取り組みを求める予定だった。橋下知事は、「目標設定のため関電に何度もデータ開示を求めたが協力を得られなかった」と説明。「今ごろになって根拠もなく一方的に15%と言われても協力できない」と述べた。(ニュース記事より引用)

この大阪府知事の主張は納得できる。節電15%の要請をすることはいいとしても、その根拠を示さないと意味がない。この記事でも府知事がデータ開示を要求しているのに、その協力もしない電力会社の問題は大きい。

なんでもそうだが、お願いするときにはその理由を示さなければ相手が納得しないのは普通である。

 

.

 

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives