Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

消費税論議、菅首相も参院選で自民党に従ったと指摘を受けたが…

July 1, 2011 ニュースに関するコメント No Comments

諸費税論議はこの数日の記事しかない。あの参院選挙でも自民党案と同じででも計画性がないとして大敗したと言われていたはずだ。でもここにきて、民主党と政府の会議の様子が映像にある。でも中身は、2015年とするかどうかということだけだ。もしマスコミがこの経過をじっくりと取材している人がいれば、それを記事にして欲しい。

この10%、2010年代なかばだけを報じたって全く意味がない。民主党がなぜ10%にしたのか、なぜ日用品にも課税するのかなど肝心な議論の経過を知りたい。

それが出来なければ、表面的にはこの数日で決めたこと、そして根拠もないといわざるを得ない。

これはマスコミを批判した記事として書いている。この経過を知らない、解説もできなければ、何をこれまで取材して来たのかと、そこが疑問になる。

テレビ番組もこうした重要なことを調べる時間も他のことばかりやっていて、肝心なことを国民に伝えていない責任は大きい。既存のマスコミの考え方を変えないと、目に見えるものだけを信じてあるいは批判することしかできない。そう、疑問を感じて調べて追求することが全くない。

ある意味、マスコミは肝心なことを調べさせないよに仕向けられているとしたら、政府は相当な戦略集団だ。

 

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives