Home » 一般 » Currently Reading:

phpBB: 管理不足が問題を作ってしまう

August 31, 2011 一般 1 Comment

phpBBで投稿サイトを作って、日本語のサイトと海外のサイトの違いが明らかに出てくる。まず日本語のサイトは登録者はまったくいない。別に実名登録でなくても自由に登録できて、投稿もできるのに、日本でのサイトではまず有名にサイトがならない限り、誰もアクセスしない。その点、普通のブログと同じで、コメントにないブログが多いのもそのせいだと思う。

一方海外のサイト、つまり英語で作成した方は登録者はどんどんと世界中からあがってくる。登録時にセキュリティコードの入力があっても結構そうした制限も関係なく登録は多い。そしてそこから2つにわかれる。ひとつはまじめに投稿やコメントをするサイトにどんどんと成長するもの。ここは管理もしているからたぶん、サイトの意図に合わないものは削除をしていると思う。

もう一方は予期せぬ投稿が定期的にアップされることだ。これは主にアダルト関係が多い。投稿にセキュリティコードの入力がないと、容赦なく自動配信で入れてくる。

実はこのアダルト攻撃に英語で作成したほうがやられてしまった。投稿を怠り確認をしなかったのもあるが、phpBBは今のところ、一括投稿の削除の方法がわかっていない。幸い、まだ自分が投稿した記事も10件ほどだったので、フォーラムごとに削除をまず行って、再度同じ名前で構築を行った。

アダルトサイトの案内だったらいくらでもphpBBで$100くらいで作ってあげるのに、この簡単さがあだになってしまった。

ただ何事も経験あっての改善だ。phpBBはフォルダ名を変えることでメンテナンスと同じように第三者からはアクセスはできない。自分が名前を変えているので中に入ることもできて、編集もできることがわかった。

今後は投稿時にもセキュリティコードを入れる方法を導入して、投稿も一覧から削除するものを探してみることにする。そしてやはり毎日確認だけでもしないといけないね、管理者としては。

以前、Drupalもアダルトではなかったが、自動投稿でやられたことがあった。Drupalはまだ投稿を一括削除ができるので、元に戻すのは簡単だ。このときも投稿時にセキュリティコードを入れていなかったのでやられたが、今はそれを入れてからはまったく被害にはあっていない。

セキュリティは海外のサイトにはいくらでも実例があるので、それを調べて、日本語のサイトにも導入するよ。

まあ、投稿数が少なくても海外からアクセスがあっただけでもすごいよ。それもphpBBでは登録者の国もわかるので、世界中から20-30件の登録者がすでにいることもわかった。彼らがまじめに投稿をするには、自分がきっちりと英語でまじめな記事を書かないといけないなと思うよ。そうすることで管理と信頼を確立していかないと。

ちなみに私はWordpress、Drupal、phpBB、Pliggでサイトを運営している。基本は英語で構築、一部は日本語でも投稿できる。Drupal、phpBB、Pliggは日本ではマイナーだと思うけど、もし興味がある人はコンタクトから連絡をください。一緒にこれをビジネスにしようと思う人も募集中です。

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    現在はフォルダ名を変更して、その中で修正を行っている。これはアダルトの投稿を削除して、投稿に制限ができるかを明日以降に調べることにする。今はフォルダ名を変えたとしても、登録した人からのアクセス、あるいは機械的な自動投稿はあるはずだから、今までのフォルダを別に作成。index.phpを作成して、中にメインテナンスというテキストを入れた。index.phpだけなら真っ白な画面だが、メインテナンスと表示すれば、裏で時間をかけて修正はいくらでもできる。まあ、問題があればサイトを一時的に閉鎖することも大事なこと。アクセスがあるだけまだいいと思うしかない。その内容がいたずらであっても対応策があるのだから。

    ちなみにWordpressとDrupalはPluginやModulesを組み込みが必要。Pliggは最初からついているのでそう心配はない。phpBBはそれがないから、明日に調べることにする。まあ、海外の関連Forumには必ずあると思うので、心配はしていない。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives