保護主義では何も解決しない、何を議論してきたのかこれまでのTPP

November 12, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on 保護主義では何も解決しない、何を議論してきたのかこれまでのTPP

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加を決めた政府は、海外から入る安価な農産物に対抗できるよう所得補償の拡充など農業支援策の本格的な検 討に入る。かつてのウルグアイ・ラウンド(多角的貿易交渉)では6兆円の農業対策を行ったが、構造改革は進まなかった。その“二の舞い”にならないような 支援策が求められる。焦点となるのが所得補償の拡充で、政府は農業再生策でも「個別の経済連携ごとに検討」と明記した。民主党の看板政策の戸別所得補償制度は、コメや麦、大 豆などの農家に対し、生産費と販売価格の差額を補填(ほてん)する仕組み。これを抜本的に見直す方向だ。具体的には交付単価引き上げや、対象を畜産や乳製 品、サトウキビなどの農家に広げることなどが検討される。問題は必要額だ。農水省の試算では、TPP交渉参加国以外も含めた農産物輸入で関税が全廃されれば、所得補償に年3兆円程度が必要だ。東大大学院の鈴木 宣弘教授の試算ではコメだけで1兆7千億円。キヤノングローバル戦略研究所の山下一仁研究主幹はコメで最大6500億円、主要7品目で9千億円程度とみ る。(ニュース記事より引用)

この記事を見て唖然としてしまった。やはり農業の反対派はこの見返りのためだったのかと思うのである。いい加減、この保護主義はやめて欲しい。成果のあった農業にボーナスを払うのならまだわかるが、努力もしないで、金だけ欲しかったからTPP反対を言ったとなるとこれは賛成派からすると、なぜという感じだ。

はっきりいうと、今回のTPP賛成派はこれまで自分たちもかなり努力をして、このような膨大な関税もなく、所得補償もなく、それでもがんばってTPPにも参加することで稼いで国のためになろうとしているのに。努力もなく、金だけ欲しいからというんはむしが良すぎる。

そもそもなぜ農産物は海外に比べて高いかから整理するべきではないのか。話にでなかったが、野菜工場でも量産できる体制になれば国内でもどこでもできて、それでも農家は困るはずである。都心部でもし家庭やスーパー、レストランでも自前であるいは近所で生産できるようになったら、関税ウンヌンというよりも国内競争で農家は破綻するのは見えている。 … Continue Reading

Once Upon a Time 1×03を見て思うこと

November 12, 2011 テレビ番組, 海外ドラマ/映画 Comments Off on Once Upon a Time 1×03を見て思うこと

このドラマは物語と現実とが交互に出てくるつくりになっているが、今回は白雪姫と王子との再会のシーンだ。物語では王子が移動中、盗人が彼のものを盗んでいき彼が彼女を追いかける。その時は取り逃がすもその後わなを使って彼女を捕らえる。そして彼らは妙な関係になるが、彼女は彼から逃げようとして何者かに襲われる。それを王子が助けることに。彼らはTroutsのところに行き、取引をするも決裂。彼女は一人逃げれるのだが、王子が捕らわれるこに、でも彼女はペンダントの粉でTroutsを虫に変身させて救出。最後は王子は白に、白雪姫は金を受け取って分かれる。

現実ではEmma(実は白雪姫と王子の娘)は泊まる場所もなく車の中で寝泊り。それに気がついたMary(現実の白雪姫)は部屋があいていると声をかけるもEmmaはそれを一度は断る。Maryは病院で子供たちを看病。その奥では、Henry(Emmaの息子と主張、市長の息子、市長は物語では魔女)があるコンマ状態に男性(現実の王子)を見舞っている。その後、HenryからEmmaを通してこの男性には物語を聞かせればいいといわれてMaryは彼のそばで白雪姫を聞かせる。彼は突然彼女の手を握り、医者を呼ぶMary。でもMaryは追い出されえ、医者は市長Reginaに電話。その後この男性は消えてしまった。

森で彼を探す保安官、Emma、Mary、そして途中からHenryも。そして男性を川で見つけMaryは人工呼吸とキスで彼を助ける。物語と同じ台詞が交わされるが、彼は名前を忘れている。彼は病院に戻るも、彼の妻だという女性が現れる。市長が彼女を見つけたのである。Emmaはせっかく彼を助けたのにと、Henryも白雪姫であるMaryと王子であるこの男性が知り合うと思っていたが。Emmaも都合が良すぎると市長に訴えるも。その後、EmmaはMaryの家に行き、部屋を貸してほしいと頼み、Maryもそれを受け入れる。

以上がだいたいのストーリー。このドラマは面白い。EmmaがMaryと王子Johnの娘とはまだわかっていない。

 

The Secret Circle 1×05を見て思うこと

November 12, 2011 テレビ番組, 動画, 海外ドラマ/映画 Comments Off on The Secret Circle 1×05を見て思うこと

Melissaに乗り移ったDemonのかけら、蛇のようなものだ。彼女に乗り移り、影の本があるとNickと森で地面を掘る。そこからかばんを見つけ小屋に。彼は開けてみようというも彼女は断固として反対。Fayeらも次から次に集まるも、Melissaの異常さに気がつく。Cassieは祖母に助けを求め、彼女の魔力とクリスタルでMelissaは助かるもNickに乗り移り小屋から逃げていく。かばんの中には蛇。浴室でそれは燃やされる。

Nickはボートハウスで校長Dawnに会う、NickではなくAbaddenだと名乗り彼らは外に。DawnはCharlesに助けを求め、Nickに不意打ち。彼を海でおぼれさせて死なせる。Cassieと祖母はNickの死体を見つけるもDawnとCharlesは現場から消えている。

このサークルは6人で構成されていたはずなのに、その一人、Nickが死んでしまった。今後どうなるのか。Cassieは祖母に魔女であること、サークルの6人がそろってサークルができたことを伝えるも、祖母は今後は危険なことをするなといいきかせる。

The Secret Circle 1×05 | Slither | #1
http://www.youtube.com/watch?v=yyroJgcexpw
これを順番に見ていくとすべてが見れる。

The Secret Circle 1x04を見て思うこと

November 12, 2011 動画, 海外ドラマ/映画 Comments Off on The Secret Circle 1x04を見て思うこと

HeatherがCassieの母のことを知っていると思い、CassieとAdamは彼女を訪ねが16年も前の火災でそれ以来正気を失っている。Cassieは部屋で見つけた母の本、影の書籍をAdamに言うとともに、Heatherを助けられるのではとFayeとCassieがHeatherのところに。でも呪文を2回唱えたが無理。その後、Heatherは目を覚まし、Cassieの家に、そこで彼女はCassieとFayeを襲うことになるが、Heatherは外に出たときに車にはねられ死亡。そして最後は蛇のようなものがMelissaの耳元から入っていくという流れだ。

これだけではわからないと思うが、Dianaも本を持っているがCassieの本はDemonに関するものとして、呪文を唱えることに反対。Adamも恋人のDianaの止められ、FayeがHeatherのところにいったのである。Heatherは16年前の火災のことやCassieの母のことも知っていたのだが…

Recapは別のブログに書いた。

今週はすでに1×09なので、早く見ないと他のドラマもあって、いや見る時間もなくてね。このドラマは面白いと思うよ。

The Secret Circle 1×04 | Heather | #3
このように#の番号を変えていくと今なら全部を動画で見ることができそうだ。 ちなみに#3ではHeatherのところにいったシーンだ。

TPP参加でやるべきこと

November 12, 2011 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on TPP参加でやるべきこと

TPPの協議に参加するために各国の承認が必要で90日もかかるという。場合によっては日本の参加を遅らせるためにTPPの協議を早め、結果が出たときにTPP参加を許可することにもなるかもしれない。

今朝の番組ではこれまでは反対派と書いていたのを慎重派と書いている。特に政治家の映像では慎重派となっていて、JAは反対派となっていた。あの先頭をきって参加をしないだろうといっていた政治家のこれまでの映像でそれを約束できないといっていたところに、すでに彼の力がないことを示している、なぜ彼に頼ったかもわからないが、彼は昨晩の野田首相の会見を評価している。参加するといっているのに、この政治家はほめている。

彼ら慎重派でも反対派でも今日は何をするのだろうか。参加したときに自分たちの生活をどうするかを具体的に考えるのであればいいが、あの安全宣言と同じように、安心感が議論はしなくても安心という印象をあたえてしまったのではないかと。そういう繰り返しをするから、また直前になって自分たちの考えと違うことになると騒ぎ出す。 … Continue Reading

厚生年金と共済年金

November 12, 2011 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 厚生年金と共済年金

厚生年金と共済年金の解説があったが、あの職域加算は企業年金と同じような感じがした。ところで厚生年金だが、あれは会社も折半で払うとなっているが、なぜ折半なのかな。さらに共済年金も折半しているのかな。企業ではないから、折半しているのは税金なのかな。そういう基本的な解説がまずなかった。

そして厚生年金や共済年金があることも変である。国民年金だけの人がすべて自立して生計をたてて老後もそれで食っていけれればいいが。そもそもやはり月7万円は安すぎである。やはり何もしなくても衣食住の保障をした上で、あとは個人の自由として、個人経営で儲けようが、企業で働き続けようが、それは個人の価値観の問題。

まずは何もなくても生活はできる状況にしないと年金の意味がない。老後になって、生活が縮小になった人も多いのではないか。年金だけですごしている人は余力があるのだろうか。そこがよくわからない。基礎年金だけですごしている人のことをもっと知りたいところだ。普通に生活できているのだろうか。

高齢者には仕事がないというのも変である。そもそもこの衣食住を補償できれば、仕事はしなくても生活は出来るのである。もっとそれ以上に遊びたければ貯金をするなりビジネスをするなり自由にさせればいいのである。今は年金がないから支給も減らして、貯金があればそれで生活しろ、金がなければ働けといっているだけに見える。 … Continue Reading

トルコ地震で思うこと

November 12, 2011 ニュースに関するコメント, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on トルコ地震で思うこと

あのNZの地震のことでも同じだったが、日本人のことばかり。確かにそれも必要だが、彼ら2人だけが被害にあったような印象をあたえる。多くの人が犠牲になっているのに。

さらに今回不思議なのは被害者の家族のことがテレビに出ないことだ。これは個人としてはいい傾向だと思っている。NZの地震のこともすっかりその後のことを報じるメディアはなくなったが、あの時は家族のことも報じていた。でもそれはやりすぎだと気がついたのかな。いい傾向だ。海外のニュースはやはりバランスよく報じるべきで、全体を報じた後に日本人に関係する情報を流して欲しいものだ。

ドラマのように家族や友達など過去のことを紹介するのは個人情報からすると迷惑もいいところである。

日本の文化を出すのにあの映画は

November 12, 2011 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 日本の文化を出すのにあの映画は

あの何年もかけて帰還した衛星の映画、あれって国内で評判があがったと聞かないが、それこそ海外でその映画が評価を得ているとも聞かない。あのハリウッドは日本では結構評価を得て、出演者も来日するほどすごいが、日本の映画はどうなのか。

やはりアメリカと比較してこのエンターテイメントはほとんど注目も浴びていないのではないかと思うのである。先日の歌手集団の発足の話も日本や相手国では話題になってもそれ以外ではどうなのかと。何か全体の構想がなくて、小手先のことをちょこちょことやって、それできっちりとやっていると国内だけに宣伝しているような気がするのである。

まずは長期の戦略がないのが問題である。なぜ同じ時間をすごしているのに、このやり方というか、もっと比較するものもあるのに、それ以上を目指そうとしないのかな。日本流の押し付けは必ず失敗する。まずは世界標準にあわせてどうかを考え、そして日本らしさを入れていくほうがいい。海外の評価は厳しいのに、その評価の場にもあがらないのは話しにならない。

TPPの決断は中途半端になった

November 12, 2011 ニュースに関するコメント Comments Off on TPPの決断は中途半端になった

野田首相は11日の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を表明する一方、党内外に根強い慎重論への配慮も示した。首相は交渉参加の意義を、「貿易、投資立国である日本がアジア太平洋地域において、よりフロンティアを開拓していくところに意義がある」と唱えた。首相の言葉には、「TPP参加は日本経済復活のラストチャンス」(首相周辺)という思いもにじんだ。(ニュース記事より引用)

結局、日本のこの政治の仕組みが足を引っ張る結果となった。首相と与党の代表が別ならばこのような結果にはならなかった。代表としては党内を守ることだけを考えただけになった。国としては交渉に参加するという流れになった。

そもそも今日一日を見ても以下のことが明らかになった。

・野田首相の1日発表の延長によるところの自信のなさ
そもそも検討させるのに、自分の考えを先に言わず、国会でも迷っているような答弁だけが目立った。自分では決められないところが首相としての適正に欠ける。トップなんだから、検討させるにしても先にどうするのかを明確に言うべき。

・国民に説明していない
これも野田首相になって最悪な状態になっている。説明をされていないという指摘と首相のやりつくしたと思い込んでいるギャップはひどい。指摘を受けずして自分のやりたい放題というのが彼の問題である。やりたい放題とはとにかく説明しないことだ。 … Continue Reading

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives