なんでもかんでも既存の仕組みがないと身動きもできないのか

January 18, 2012 ニュースに関するコメント Comments Off on なんでもかんでも既存の仕組みがないと身動きもできないのか

東京大学の学内の委員会は、学部のすべての入学を春から秋に全面的に変更すべきという中間報告をまとめまし た。5年後の実施を目指して準備を進め、入試の日程は現状のままにする方針です。これについて、経団連は、国際社会に通用する人材の育成にもつながり、前 向きに評価できるとしています。経団連は、企業の間で激しい国際競争を勝ち抜く人材を求める傾向が強くなっていることを受けて、去 年、大学や産業界などが連携して国際社会に通用する人材の育成を急ぐべきだという提言をまとめています。このため、経団連では、秋入学が導入された場合、 海外からの留学生が増えることで優秀な人材の確保につながることや、入学後や卒業後に生じる期間を利用した海外留学などで国際社会に通用する人材の育成が 進むことが期待されるとして、前向きに評価できるとしています。その一方、産業界のなかには、秋入学が増えれば、採用活動を春と秋の2回に増やすなどの対 応が必要になって企業の負担が重くなるとして、慎重な対応を求める意見もあります。(ニュース記事より引用)

この太字の部分の意味がよくわからない。つまり入学が高校卒業の春から入学の秋、そして大学の卒業の秋から就職の翌年の春まであくから、そこでボランティアや海外留学の経験を積みなさいということらしいが、これって既存の仕組みでも十分できることではないか。夏休みでも春休みでもあるいは1年間休学してもできること。さらにこの秋入学が高校などにも波及するとこの空きの期間はなくなるのだから、この経団連の言っていることは特に何もない。

そもそもなぜ就職にしてもこのボランティアや留学などそういったしくみを作らないと駄目なんだと考えるのだろうか。就職活動も年がら年中、中途採用のようにいつでも行えばいいのである。大学試験のように一斉にやったりする、そういう決まりがないと何もできないのがこの日本、もっと自由に企業任せにしたらどうか。

秋に卒業してすぐに就職したらどこが悪いのか。留学でもしないと駄目なのか。別に秋に就職してもいいじゃないか。 … Continue Reading

この情報の検閲には私も反対

January 18, 2012 ニュースに関するコメント Comments Off on この情報の検閲には私も反対

閉鎖されたサイトには「10年以上にわたってわれわれは人類史上最大の百科事典を構築するために数百万の時間を費やしてきた。いま、米議会は自由でオープ ンなインターネットに対し致命的なダメージを与える法案を審議ししている」としてサイトをブラックアウトした、と説明するページが表示される。米国の東部標準時1月18日午前0時から24時間にわたって各地で行われる抗議活動にWikipediaも参加。「この法案はインターネットの未来を脅かすものだ」とWikipedia創設者、ジミー・ウェールズ氏は述べている。新法案(SOPA)は、現行法では裁けない海外サイトによる違法海賊行為の阻止が狙い。だが「ネットの検閲につながり、インターネットの自由を制限する恐れがある」などとして、米Googleや米Facebookなどのネット関連企業や人権団体が反対している。(ニュース記事より引用)

Wikipediaでは以下のような抗議のためのブラック画面になっている。私もネット情報の自由閲覧には賛成で、それに反対するのはそれなりの仕組みを作ったうえで独自に行うべきで、やはりネットの自由な情報の公開やシェアには賛成なのである。

もし検閲をするとなると世界法律でもつくらない限り無理で、たぶんその時はサイトを作るにしても認可制になるだろう。そうなれば管理もしやすくて、認可が下りないサイトは閲覧もできなくなるだろう。そうなるとやはりサイトで食っている企業は痛手となる。

日本でも著作権だけは厳しく制限もあって、あえてそれを宣伝にしないでこれまでのリアルの延長でしかビジネスを考えていないのだが、やはりアメリカなどがやっているように一部を無料化することによる世界中への広がりを容認したうえでそれ以外でビジネスにする方法はいくつでも出来ている。

もし著作権がこれまで以上に厳しくなれば、Yahoo.co.jpもやっている画像や動画の一般公開も制限を受けるだろう。 … Continue Reading

収支報告書をチェックしていますかに回答はたったの30数名

January 18, 2012 ニュースに関するコメント, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 収支報告書をチェックしていますかに回答はたったの30数名

民主党議員はマスコミからの質問もろくに答えられないようだ。小沢議員が収支報告書を秘書に全部任せているということを他の政治家もやっていると発言したから、TBSの番組が民主党議員に質問状を出した結果が30数名だけの回答だったという。そのほかは無視をしたらしい。

結局、収支報告書の作成を専門家に任せるのはいいのだが、それを確認もしないのは変である。そもそも頼んでいるということはそれを普通は確認するものである。それでいて小沢議員のように任せているから自分には責任がないという。これも変である。自分が本来やるべきことを専門家ではないから金を払って信頼できる人に任せるのは民間でもやっていること。でも任せるのだから、確認はするのが普通だ。それを怠っていることそのものがこの政治家の考えは普通ではない。

それだけをとっても責任はあって、法案化していないからいいとかという理屈にはならない。

民主党議員もマスコミの質問も無視するといういうことは、やはり権力を取り、民間とは違うと思っているのではないか。テレビに出たり、選挙運動をやったりTPP反対や党大会を欠席してでも、グループ結束として集めることはできても国民からの質問は無視するとはね。やはり、仲間がまず重要、身内が重要な民主党には国民=身内の数百人しかいない。 … Continue Reading

健全化は必須だが、何か身内の財政の温存に聞こえる

January 18, 2012 ニュースに関するコメント, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 健全化は必須だが、何か身内の財政の温存に聞こえる

野田佳彦首相は17日、内閣記者会とのインタビューで、基礎的財政収支の赤字を2015年度までに半減させる財政健全化目標について「必ずクリアしなければいけない」と述べた。(ニュース記事より引用)

マスコミもきっちりと首相の真意を聞かないからこういう解釈にもなるのだが、もっとどういう世界が2015年になっているかを聞くべきである。たとえば国家公務員の数や政治家の数、今と比べて歳費はどの程度具体的に下がっているか。そしてこの国民が負担することで何がしくみとして変わっているのかである。少なくとも野田首相が2015年に首相であることはない。

この増税はすべてそれをコントロールする政治家や官僚が使いやすい金を確保するだけにしか聞こえない。少なくとも毎年10%予算カットで成果もきっちりと上げていく、その積み重ねで3年後の2015年にはこうなっていると具体的に言ってくれればいいのである。

増税によって誰が喜ぶか、それを利用する人はあたかも税収が増えたという統計データを下に、その金を使いきろうと思うのではないだろうか。そして増税も含めてすべての過程と結果が成果になるから、今報酬をカットしても、税収があるのだから、報酬も上がるだろうし、もちろん彼らが途中でかしめとる予算も温存か増えることにもなるだろう。

やはり増税よりも、歳出を毎年1割カットを続けたほうがいい。来年度の予算も94兆円かな、これの1割でも2割でもまずはカットするべきである。それを通常国会で議論するべき。これを毎年行い、スリム化を測るべき。そして増税したときもそのときの予算額以上には出さないことだ。少なくとも成果のない予算はカットするべきである。

そういう具体的なことを調べ国民に紹介しない限り、今のマスコミの情報の調べ方では増税だけ決まって、歳出カットもなく終わってしまうだけである。

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives