Home » 今朝のテレビ番組を見て思うこと » Currently Reading:

今朝のテレビ番組を見て思うこと

February 12, 2012 今朝のテレビ番組を見て思うこと No Comments

今朝は麻生元首相がゲストとして出ていたが、彼のデータや歴史を入れた説明にはあらためて感心してしまった。昨今、政治家のコメントは具体的な数字もなく、理想論ばかりで実行力もない人ばかりだったが、やはりビジネスの経験もある麻生元首相にはびっくり。ただそれが正しいかを司会者が理解できていないのが残念。彼も長くマスコミとして取材もしていたはずなのに、今やその経験の応用もなく、ただ出演者をコントロールしているだけだ。

さて麻生元首相のコメントでは政府支出を増やし、個人にあの子供手当てのように支給する政策は貯蓄にまわって意味がないという指摘は理解できる。

歴史観では株価が3万円強から8000円と土地価格も15%下がったと、資産の目減りと借金の返済ばかりをしていることを指摘。資産のデフレを解消することが必要と。公共工事も建築物だけでなく、政府から予算をつけて出す投資による国としての儲けであればどの産業でもありうると説明。これもやはり予算案の不満も指摘していたように、国会で国が稼ぐところへの優先順位を決めていく議論が必要なのではないかなと。

GPSでトラクターを自動運転することやロボットの活躍も紹介していたが、そういう困っていることを他の方法で解決することをビジネスにすることはいいことである。そうしたものが輸出産業になり稼げればいいのだが、若いコメンテータが、他のことで、一部の産業だけが稼ぐだけではないかと指摘。麻生元首相はそれによって波及する効果もあると説明していたが、そういうやりとりがまず現首相とはないのも残念。成長戦略の具体的な見通しがないのも事実で、増税だけして、官僚も含め、使いやすい金を増やしたいだけ、自由に使える金を確保したいだけに見える。増税で何を行い、日本が今後何で食っていくのかという部分が見えないのである。

麻生元首相は高齢者にあることを次のように言っていた

・高齢者も元気

・金を持っている

・暇な人が多い

・知識がある

・さびしい

これらを解消するビジネスをやることだと、高齢者でも働けと訴えていた。確かに病人は治療に専念すべきだが、元気なのに仕事をしていない人も多い。

昨日も書いたが、なぜ定年というのがあるのだろうか。自営業にはなくて死ぬまで働けといい、民間企業には定年後は仕事もしないで余生を送ってくれといっている。さらに若者には仕事がなくなるともいうのだが、麻生元首相も指摘の通り、シニアにも必要な仕事を作ればいいのである。少なくともシニアができることを新人にできるのかと指摘したいのである。

せっかく仕事もできるシニアをやめさせるこの定年というのはやめたらどうか。人の生き方なんだから、会社で辞めさせるのではなく、個人や家族の判断でやめたり転職や起業すればいいのではないか。そうすれば退職金という概念もなくなる。

ここでも何度も書いているが、なぜ失業者に仕事を作ってあげないのか。新人になぜ仕事を与えないのかなのである。政治家も政党助成金をもらって選挙対策するなら、そういう無職の人を雇って、仕事をさせたらどうか。まだその方が雇用が生まれる。。

皆が元気に、そして仕事をして、国に税金を納める

これは以前から言われていたことだ。そろそろ年金はいつからとか、いくらしかもらえないとかそういう議論ではなく、定年の廃止、仕事を作る方法、稼ぐ方法、元気でいられる方法などを議論したらどうか。

麻生元首相はさらに民主党の増税の目的がわからないと指摘。これもその通りで、北欧型の福祉国家を目指すのか、アメリカのようにどちらかというと個人に任せるのかというところが見えない。民主党はとにかく何でもかんでも見通しがない。説明もない。

そうそうあの外交顧問で鳩山元首相が選ばれ、ゲストの絵日記作家の90歳代の人が批判していたが、失敗した人を民主党は守る傾向がある。失敗から学べという言葉もあるが、民主党は失敗から復活しても失敗している人ばかりがいて、それを党として守っている団体という傾向がある。なぜ失敗者を切らないのだろうか。少なくとも民間企業では業績に多大の影響を与えた人は解雇になる。政治家でも基地移設で嘘をついて日米同盟を混乱させたあの鳩山元首相は政治家をやめてもらいたい。あの80人に必ず入ってほしいものだ。金でしか人を集められないお坊ちゃんは政治家になる資格はない。

菅前首相は震災後もあって彼はその対応に翻弄され、その遅さから首相交代になったが、新しく野田首相になって、彼は増税のことばかり。菅前首相のほうがまだ毎日が復興に関する話題が多かった。まだ311から1年も立っていないのに、すでに復興庁もできたことからか、原発事故も話題が薄れてしまった。すでに過去の終わった事案になっている印象がある。

橋下大阪市長には実績をまず作ってから国政にと浅生元首相がいっていたが、これもその通りの部分もあるが、それなら、新人政治家も実績のある人を候補者にするべき。芸能人など有名どころはやめるべき。だって、政治家になって、実績を残している国会議員はどこにいるだろうか。皆が素人なのではないのか。野田首相も財務以外は詳しくないように見えるよ。

そうそう最近できた橋だが、あの映像を見るとあの恐竜の部分だけ、足の部分が他と違う。あれってそうしなければならない理由は何だろうか。かえってその接合部が弱いのではないのかなと。さらに上の恐竜の部分もなぜあれが必要なのか。飾りだけなら税金の無駄だし、別にあれがなくても良かったのではと思うのだが。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives