「AIJ投資顧問」(東京都中央区、浅川和彦社長)の年金消失問題で、同社がうその利回りを示して顧客に契約させた疑いが強まったとして、証券取引等監視委員会は23日早朝、金融商品取引法違反(契約に関する偽計)容疑で、同社など関係先の強制調査を始めた。(ニュース記事より引用) この記事で連日テレビで言われているのは、投資した金が戻らない、戻るとしたらそれをAIJに預けたそれぞれの年金何とか組織であって、もともと金のない中小企業だから困るねと解説があるが、この自己責任というのがどうなのかなと思うのである。つまり、AIJが正常な取引で情報も正しく公開して、2000億円の損失で手元に80数億円しかないというのであればまだわかるが、今回のケースはAIJが虚偽の報告をしていたことが問題になっている。でもなぜこの虚偽を理由に、彼らの返済責任が生じないのかが納得できないのである。 こういう仕組みならば、いくらでも金を顧客をだましてかき集め、損失が出てもその返済をしなくてもいいとなる。いくらでもこの虚偽がばれなければ営業もできるということではないか。返済責任もないとなれば、それこそ、その時点でこうした投資企業に任せること事態が問題なのではないのか。 自己責任という言葉からするとこのAIJと中小企業の間にあったその運営を任された個々の組織が自分たちの責任で運用を行えばよかったのである。 この人任せというのはこの日本においては問題ばかりが生じている。 あの国会議員だって国民が法案つくりなど任せているが、それによってどのくらいの問題を作ってきたことか。 この確認をしない我々国民こそ責任がある。人に任せて内容を知らない例としてあの小沢議員がいる。かれはその典型だ。金で秘書を雇い、彼らに財務を任せ、自分は何も確認しない。その結果、今回の強制起訴でも証拠がない中で、個人的には裁判の判断は無罪になるのではないかと思っている。 この人任せにして自分で確認しない、その結果として、人に責任を押し付けることが問題を温存させている。 このAIJの事件後、どのくらいの企業がこうした投資企業から撤退したのだろうか。そもそもAIJもプロの投資運営者がいなかったということだが、中小企業ごとにある年金管理組織にもそうした専門家がいるのだろうか。いなければ、そもそもその組織の存在も問題ではないのか。 この人任せ、他企業任せほど怖いことはないことを認識して、自分で人任せにするにしても納得するまで確認をすることだ。 この確認をしないということはいろいろな事例が311以後にも起きている。これも国任せとか、行政任せというのが問題なのではないのか。 結局、自分に帰ってくるこういた事件、どうそれを回避するかは簡単である。自分でやるか、確認をして納得することだ。それさえも出来なければ、それ自体をやめるか他の人に譲ることだ。 日本って、専門家とかプロって本当の基準からするといないのではないかな。専門家では311以後のいろいろな判断でのミスが指摘されているし、今朝のニュースでも千葉の警察の対応が旅行優先だったということもあって、とにかく、人任せほど信用できないことはない。悪く言うとだます人が多く、だまされるほうが悪いというのが常識化している。
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

AIJのことを思うと、確認と自分たちで運営できないのを他人に任せるなということではないのか

March 23, 2012 ニュースに関するコメント 1 Comment

 「AIJ投資顧問」(東京都中央区、浅川和彦社長)の年金消失問題で、同社がうその利回りを示して顧客に契約させた疑いが強まったとして、証券取引等監視委員会は23日早朝、金融商品取引法違反(契約に関する偽計)容疑で、同社など関係先の強制調査を始めた。(ニュース記事より引用)

この記事で連日テレビで言われているのは、投資した金が戻らない、戻るとしたらそれをAIJに預けたそれぞれの年金何とか組織であって、もともと金のない中小企業だから困るねと解説があるが、この自己責任というのがどうなのかなと思うのである。つまり、AIJが正常な取引で情報も正しく公開して、2000億円の損失で手元に80数億円しかないというのであればまだわかるが、今回のケースはAIJが虚偽の報告をしていたことが問題になっている。でもなぜこの虚偽を理由に、彼らの返済責任が生じないのかが納得できないのである。

こういう仕組みならば、いくらでも金を顧客をだましてかき集め、損失が出てもその返済をしなくてもいいとなる。いくらでもこの虚偽がばれなければ営業もできるということではないか。返済責任もないとなれば、それこそ、その時点でこうした投資企業に任せること事態が問題なのではないのか。

自己責任という言葉からするとこのAIJと中小企業の間にあったその運営を任された個々の組織が自分たちの責任で運用を行えばよかったのである。

この人任せというのはこの日本においては問題ばかりが生じている。

あの国会議員だって国民が法案つくりなど任せているが、それによってどのくらいの問題を作ってきたことか。

この確認をしない我々国民こそ責任がある。人に任せて内容を知らない例としてあの小沢議員がいる。かれはその典型だ。金で秘書を雇い、彼らに財務を任せ、自分は何も確認しない。その結果、今回の強制起訴でも証拠がない中で、個人的には裁判の判断は無罪になるのではないかと思っている。

この人任せにして自分で確認しない、その結果として、人に責任を押し付けることが問題を温存させている。

このAIJの事件後、どのくらいの企業がこうした投資企業から撤退したのだろうか。そもそもAIJもプロの投資運営者がいなかったということだが、中小企業ごとにある年金管理組織にもそうした専門家がいるのだろうか。いなければ、そもそもその組織の存在も問題ではないのか。

この人任せ、他企業任せほど怖いことはないことを認識して、自分で人任せにするにしても納得するまで確認をすることだ。

この確認をしないということはいろいろな事例が311以後にも起きている。これも国任せとか、行政任せというのが問題なのではないのか。

結局、自分に帰ってくるこういた事件、どうそれを回避するかは簡単である。自分でやるか、確認をして納得することだ。それさえも出来なければ、それ自体をやめるか他の人に譲ることだ。

日本って、専門家とかプロって本当の基準からするといないのではないかな。専門家では311以後のいろいろな判断でのミスが指摘されているし、今朝のニュースでも千葉の警察の対応が旅行優先だったということもあって、とにかく、人任せほど信用できないことはない悪く言うとだます人が多く、だまされるほうが悪いというのが常識化している。

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    ようやく今朝になってこのAIJ問題が自己責任という意味がわかってきた。NHKもTBSもそれを解説していた。それは厚生年金基金の意味が厚生年金の一部も借り入れてAIJで運用していたということ。その損失は国や政府からすると企業に貸して彼らの私的年金運用で損失を出したわけだから、これは全額返せ、それは自己責任だろうという解説でようやくこの自己責任の意味もわかったし、納得できた。

    これまではこの部分の説明がなく、とにかくAIJに任せっきりにして彼らの嘘もあっても損失を出した結果の損失は企業が負うという部分が自己責任と専門家が説明していたから納得できなかったのである。

    でも連鎖責任と連鎖倒産の説明もあったが、これも契約上そうなっているとすると、倒産してその借金を他の企業に押し付けるというのもちょっと変だなと。そもそも倒産するとこの借金って返済しなくていいのかという部分がよくわからない。普通は倒産しようが借りた金は返すことが常識、それなら倒産したら他がその責任を取るというのはあの連帯保証人のような感じなのだが、まだその倒産した関係者がいるのであれば、その責任を負わせてもいいのではないか。

    あの解説だと、倒産するとこの負債が消えてしまうような言い方になっている。倒産したほうがいいのではないかと思うのである。最後に残った企業が全負債の返還を負うというのもね。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives