学校の加害者保護の動きをどうみるか、これでは学校はいじめを認めている、危険な場所とみていいのでは

August 8, 2012 ニュースに関するコメント Comments Off on 学校の加害者保護の動きをどうみるか、これでは学校はいじめを認めている、危険な場所とみていいのでは

宮城・仙台市の男子高校生が、同級生から腕にたばこの火を20回以上押しつけられるなどして被害届を出した問題で、学校側は7日、いじめの事実を認めた。被害届などによると、仙台市内の高校に通う16歳の男子生徒は2011年11月ごろから、複数の同級生に、腕にたばこの火を20カ所以上押しつけられたほか、殴られるなどの暴行を受けた。しかし、学校側は、傷を見たほかの生徒が動揺するとして、6日付で被害生徒を退学処分とする方針を伝えてきた。学校関係者は「(根性焼きを見て)非常にその、不愉快な思いをしたという生徒も、多数います。『自主退学を勧めます』(と伝えた)」と話した。学校側は7日になって、いじめの事実を認めるとともに、警察も8日以降、傷害などの容疑で捜査を本格化することにしている。(ニュース記事より引用)

今の日本の学校は加害者を保護する仕組みになっているようだ。いじめを隠すことも通例だが、加害者をなぜ保護するように動くのだろうか。

この記事での被害者への自主退学の要請もその理由も一般には認められない、通用するはずもないことだ。もし被害者が転校して、その後も他の生徒が同じようにいじめられても、加害者を守るのだろうか。

これは明らかに学校も加害者を補助したようなものである。文科省もさっさとこの学校の認可を取り消すか、関係職員の解雇をするべきである。こういう考えの人がいる限り、学校のいじめがなくなるはずがない。

さらにいじめを認める認めないがまだあるようだが、学校もさっさといじめでなくても認めたほうが、対処もできて、それが評価できれば、かえってその学校の評価もあがるのではないか。 … Continue Reading

毎年選挙に翻弄される国会議員、早く総入れ替えを実施するべき

August 8, 2012 ニュースに関するコメント Comments Off on 毎年選挙に翻弄される国会議員、早く総入れ替えを実施するべき

民主党の城島光力国対委員長は8日午前、国会内で自民、公明両党との国対委員長と会談し、3党党首会談の開催を要請した。自民党が野田佳彦首相に迫ってい る衆院解散の確約に関しては「消費増税関連法案の成立後、近い将来国民の信を問う」との案を示した。自公両党は持ち帰った。(ニュース記事より引用)

参考
選挙制度見直しのきっかけとなったのは、去年3月の最高裁判決です。判決は、前回の衆議院選挙で、一票の価値に最大2倍を超える格差があったのは、憲法違 反の状態だと指摘し、制度の見直しを求めました。衆議院の小選挙区の区割りは、法律で、10年に1度の見直しが定められていますが、この違憲判決を受けて 作業が中断しており、ことし2月からは違法状態ともなっています。

この今日の記事からすると違憲状態の選挙制度でも解散を求めるというのが理由がわからないところがある。こういうのはさっさと決めてから解散の時期を迫るべきではないのか。そしてこの解散時期の確約もあの2年後との代表選挙にも関連している。この少なくとも与党は、2年後との代表選挙をやめたらどうか。国会議員は毎年選挙をしているのはやはり経費と時間の無駄である。 … Continue Reading

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives