Home » 一般 » Currently Reading:

Pligg: 昨日、30m-1hほど、exitの文字表示

November 6, 2012 一般 No Comments

これが画像だが、exitはこの記事のテキストではなく、このように左上に表示。現在は消えている。

* このサイトのURLもこれでわかったのだが、もしこのサイトを使いたいなら、基本は英語で書いてください。今はインドからのアクセスが7割で、英語で書いてくれているので、問題はないのだが、他の言語では理解不能や法外な内容は強制削除を実施しています。それは表示画面の右にも案内をかけています。現在は全体で順位は97000番台、インドでは5000番台になっていまう。登録数も今週には15000人を超える見込み。

昨日だが、管理運営しているPliggのサイトの左上にEXITという文字を表示していた。その原因を調べているといつの間にか消えてしまっていた。少なくともソースには冒頭にその文字があることは確認。でもソースを調べてもどこに書かれているのか見つけられなかった。

そもそもPliggのソースは冒頭の2行は空白になっている。普通のhtmlソースでは1行目からコードが書かれているのだが、それも不思議でならない。

他にもうひとつPliggのサイトを運営しているが、レンタルサーバも異なるためか、そこには変な文字はなかった。

さらにサーバでのソースの確認では、他のサイトにも影響しているかとそれも調べてみたが、それもなく、明らかにPliggだけの問題だった。サイトでの単語検索も行ったが、ヒットもなく。

この左上にexitと表示されたのはなぜなんだろうか。今となっては消えてしまったので、確認のしようがない。

よく、サーバなのに、他から変なファイルが入り込んでいることは経験している。それを使って、もしphpファイルでも仕込まれて、サイトに何か見えない仕組みでも作られたらとそれが心配。たぶん、自分もそれに気がつかないかもしれないからだ。以前に別のレンタルサーバで、自分のサイトを表示すると、アメリカのグリーンカードのページに移動するのを仕込まれたことがあった。そういうことも経験しているので、どう管理するべきかは不明だが、サーバのファイルの日時のハードコピーなど、その時の状況を知る情報を保存しておくほうがいいのかなと。そして、日時の違いだけのファイルを調べて、OKなのかNGなのかを判断するしかないのかなと。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives