自炊とは書籍をPCに取り込むこと。個人で当然できる環境もあり、ゆくゆくはそれがビジネスになっていき、電子書籍もオークションなどで販売も自由にな将来はなると思っているのだが、日本はまだその傾向がない。 でも自分で自分が使えるような便利なものを作ることまではOKだと思うので、以下の理由もあって、昨日から自炊を始めた。 それは、10年ほど前に購入していた英和辞典のスキャナーによる取り込み。10年間ほとんどこの辞書を使っていなかった。さらにEpsonの安価なスキャナーも以前に購入。年間数回しか使わないのだが、以下の理由で昨日から辞書の取り込みを行い始めた。もちろん辞書のpdfはたぶんネットにはないと思う。 理由は、やはり紙なので、検索が大変。さらにいろいろな事例もあるのに、それを単語で検索もできない。でもそれをデータベース化すれば検索ができるので、便利になる さらにスキャナーだが、OCRがあることを昨日知った。これまでも知っていたが、pdfを作っても文字化けばかりで別の市販のソフトからテキストにしていたが、それも文字化けばかりと性能も低かった。でもスキャナーの取り説に書いていない方法で、取り込みとテキスト化が完璧ではないが、それに近づける方法もわかったので、取り込みをすることに。 pdfのテキストには多くのミスもあるのだが、それをopenofficeに取り込んで、ゆくゆくはこれだけでは膨大な容量になるので、html化して、自宅のPCで自由に使える環境にするつもり。ネットには上げない。 2000ページもあるので、一日500ページの取り込みだけでも4日もかかる作業。でも取り込んだら、pdfとして画面検索も出来るし、先のようにデータを自分の好きなように編集することで、和英辞典のように日本語の単語で例文を検索することも可能となる。 これが英語の勉強に効果があれば、これまで購入している英語の書籍も自炊をしようかなと。辞書から関連性をつけていけば、例文も増えるし、文法も取り入れればその構造も追加できる。 ということで、しばらくはこの作業もやっていかなければならないが、目的は辞書の中身を覚えること。それも日々の生活で辞書を読みあさることが目的である。 この英和辞典は語源、コロケーションもあるので便利。語源やコロケーション専用の書籍も持っているので、これらも追加していく予定。ともかくも自分にあった英語の書籍の統合版を作る予定だ。 htmlで作るのは容量を食わず、リンクもつけられ、検索もできるから。ゆくゆくはXamppを利用して、WordpressなどCMSの登録で、英語のデータをmySQLに登録もできればと思っている。そうすることで、ブログが英語の大辞典になるという構想だ。Xamppだから、Htmlもつかえるし、データベースに入れれば検索もカテゴリ管理も簡単にできるというわけだ。 これって犯罪ではないよね。あくまでも個人のために作るもの。当然販売なんて考えていない。だって、英語を勉強することが目的であって、英語の勉強にならなければ、この構想も途中でやめてしまうかもしれない。ただ自分が所有しているものをただ本棚に飾っていることをやめたいだけである。 ついでに一言 辞書のpdfなどの販売をしているとすると、コピー禁止、印刷禁止をしていればまだいいが、そういうのはフリーで出回るので、それはメーカとしては避けるべき。そうしないと売り上げが下がるため。でも自炊のように、安価なスキャナーでも取り込みとテキスト化ができるので、そこは私個人を守るわけではないが、個人で使うことだけを許し、その販売は徹底的にネットサーチを日々行うことだ。でもこれも海外で行われたら、あっという間に広がるだろうね。 海外のオックスフォードなどの辞典もすでに電子ファイルも存在することを思うと時間も問題なのだが、辞書は電子ファイルのほうが断然使いやすいことも事実。私は私の書籍を統合したいだけなので、自分独自の好き勝手な状態を作るだけ。 要は海外との接点が多い中で、どの単語を使えばいいのかが英和でも和英でもよくわからないけど、その使い方、例文から推測する、あるいはそこからネットにある多くの英語の例文(実際は記事などだが)も利用したいので、ともかくも自分のための環境を作るだけという意味だ。
" />

Home » 一般 »英語の勉強 » Currently Reading:

自炊による個人のための英語の勉強法の確立

December 17, 2012 一般, 英語の勉強 1 Comment

自炊とは書籍をPCに取り込むこと。個人で当然できる環境もあり、ゆくゆくはそれがビジネスになっていき、電子書籍もオークションなどで販売も自由にな将来はなると思っているのだが、日本はまだその傾向がない。

でも自分で自分が使えるような便利なものを作ることまではOKだと思うので、以下の理由もあって、昨日から自炊を始めた。

それは、10年ほど前に購入していた英和辞典のスキャナーによる取り込み。10年間ほとんどこの辞書を使っていなかった。さらにEpsonの安価なスキャナーも以前に購入。年間数回しか使わないのだが、以下の理由で昨日から辞書の取り込みを行い始めた。もちろん辞書のpdfはたぶんネットにはないと思う。

理由は、やはり紙なので、検索が大変。さらにいろいろな事例もあるのに、それを単語で検索もできない。でもそれをデータベース化すれば検索ができるので、便利になる

さらにスキャナーだが、OCRがあることを昨日知った。これまでも知っていたが、pdfを作っても文字化けばかりで別の市販のソフトからテキストにしていたが、それも文字化けばかりと性能も低かった。でもスキャナーの取り説に書いていない方法で、取り込みとテキスト化が完璧ではないが、それに近づける方法もわかったので、取り込みをすることに。

pdfのテキストには多くのミスもあるのだが、それをopenofficeに取り込んで、ゆくゆくはこれだけでは膨大な容量になるので、html化して、自宅のPCで自由に使える環境にするつもり。ネットには上げない。

2000ページもあるので、一日500ページの取り込みだけでも4日もかかる作業。でも取り込んだら、pdfとして画面検索も出来るし、先のようにデータを自分の好きなように編集することで、和英辞典のように日本語の単語で例文を検索することも可能となる。

これが英語の勉強に効果があれば、これまで購入している英語の書籍も自炊をしようかなと。辞書から関連性をつけていけば、例文も増えるし、文法も取り入れればその構造も追加できる。

ということで、しばらくはこの作業もやっていかなければならないが、目的は辞書の中身を覚えること。それも日々の生活で辞書を読みあさることが目的である。

この英和辞典は語源、コロケーションもあるので便利。語源やコロケーション専用の書籍も持っているので、これらも追加していく予定。ともかくも自分にあった英語の書籍の統合版を作る予定だ。

htmlで作るのは容量を食わず、リンクもつけられ、検索もできるから。ゆくゆくはXamppを利用して、WordpressなどCMSの登録で、英語のデータをmySQLに登録もできればと思っている。そうすることで、ブログが英語の大辞典になるという構想だ。Xamppだから、Htmlもつかえるし、データベースに入れれば検索もカテゴリ管理も簡単にできるというわけだ。

これって犯罪ではないよね。あくまでも個人のために作るもの。当然販売なんて考えていない。だって、英語を勉強することが目的であって、英語の勉強にならなければ、この構想も途中でやめてしまうかもしれない。ただ自分が所有しているものをただ本棚に飾っていることをやめたいだけである。

ついでに一言
辞書のpdfなどの販売をしているとすると、コピー禁止、印刷禁止をしていればまだいいが、そういうのはフリーで出回るので、それはメーカとしては避けるべき。そうしないと売り上げが下がるため。でも自炊のように、安価なスキャナーでも取り込みとテキスト化ができるので、そこは私個人を守るわけではないが、個人で使うことだけを許し、その販売は徹底的にネットサーチを日々行うことだ。でもこれも海外で行われたら、あっという間に広がるだろうね。

海外のオックスフォードなどの辞典もすでに電子ファイルも存在することを思うと時間も問題なのだが、辞書は電子ファイルのほうが断然使いやすいことも事実。私は私の書籍を統合したいだけなので、自分独自の好き勝手な状態を作るだけ。

要は海外との接点が多い中で、どの単語を使えばいいのかが英和でも和英でもよくわからないけど、その使い方、例文から推測する、あるいはそこからネットにある多くの英語の例文(実際は記事などだが)も利用したいので、ともかくも自分のための環境を作るだけという意味だ。

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    上記の記事を書いてからすでに3ヶ月、実際は取り込みはすでに終了、単語もそれを認識するための方法もわかったので、コツコツやっているとここで書きたいのだが、実は他の作業があってほとんど進んでいない。

    でも先週、ようやくこの辞典をWordpressで作成しようということになって、簡単に追加として例文などもどんどんと入れたいので、その検討をしているところだ。

    もともとの辞書の編集はその投稿時に必要に応じて行うことにする。何せ、目的はあくまでも、
    ・簡単に例文が検索できる
    ・例文が豊富
    ・例文はすべて文法の構造つき
    ・日本語でどの単語を使うべきかという解説付き
    などが目的。自分のPCの中で動かすので、自分の好き放題という意識だけはある。

    まあ、英語力がついて、海外ドラマも英語の字幕とヒアリングで聞けて、その内容をそのまま、あるいは概要を英語で説明できるところまでかな。概要はすでに海外サイトにも多くあるので、それらもどんどんと追加して、なぜそのような文章になるのかというところをやって行く予定だ。

    さていつになったら、Wordpressのデザインも決まって簡単に投稿だけできて、検索も自由にできるのかな。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives