Home » 一般 »家庭菜園 » Currently Reading:

この3日間はベランダのペンキ塗り

April 27, 2013 一般, 家庭菜園 1 Comment

この3日間はベランダのペンキ塗り、業者がこのマンションを上から順番にベランダのペンキを上塗りしている。でも昨日まで何もなく、今、この時間にベランダに業者が入ってローラーでペンキを塗っている。この3日間は窓も開けず、洗濯物も出さなかったが、実際は今日が彼らが作業をしているから、窓は開けられない。あけると風でシンナーの臭さが部屋に入ってくるからだ。

今日は天気もいい。私にはGWも関係ないので、ただこの3日間、あるいは明日まで植木鉢はよけている。花も咲きそろっているのに、それを3日前から日陰に作業の邪魔になれないような場所においている。

もっと2-3月にやっていれば、花もまだ咲いていない時期だったのに。

まあ、明日まではにおいが漂うと思うので、明日の様子を見て、ベランダの植木鉢のレイアウトを見直そうかと。

というのも風が強くて、花も買ったときはまっすぐ上に向かっていても多年草だとどんどんと伸びてそれも風下に倒れている状態になっている。これまではそういう植木鉢をタイバンドでしばって飾っていたが、1年もするとそのタイバンドも切れてしまう。

先週、ホームセンターで金属の植木鉢をかけるタイプも探したが、実際そういう製品もあるのだが、それをつけたところで、どうなのかなという疑問も。そもそも最初から狭いベランダに植木鉢を置くことが問題なのだが、やはりある程度広い庭があるほうがいいな。だって自由にガーデニングができるからだ。

まあ、ともかくもたぶん、元通りにもどすだけになると思う。

今日は暑くなりそうだが、窓を開けられないのが難点だ。

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    ベランダのペンキ塗りは3日目に1日で済ませてくれた。その日は窓も開けられない状態。その後、マンションの北側をペンキを塗っているのだが、なぜかこのにおいがマンション内に漂っていて、特に、この数日、北風になっているので、玄関を開けるとすべてにおいが部屋に入ってくる。これが難点だ。やはりなぜいまごろやるんだろうと思うよ。

    ところでこのにおい、何かの化学変化で何か無臭にならない限りは、分散するだけで、あのPM2.5と同様で、何かに変化しない限り、地球上にとどまる、つまり、未来は人間が創ったいろいろな物質に空気が汚染されるのではないかなと。空気でなくても土壌、河川、海も同じ理屈になる。そこはどうなのだろうか。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives