イギリスからのクリスマスカードは早いな、私が毎年早めに出すからかもしれないけど。以前10年ほどホームステイをした家族からのカードが届いた。もうロンドンに行かなくなって10年近くになる。本来なら毎年行きたかったんだけどね。 個人旅行でホテルに泊まったのは最初の海外旅行のグアムだけで、その後はイギリスとオーストラリアとホームステイで2-3週間滞在するという形をとっていた。イギリスは最初は語学研修でBrigntonだったけどそこは1回だけ。その後はロンドン郊外に10年連続毎年お世話になった。最初に3w滞在したのがきっかけでその後は毎年夏やGWに。 以前にも書いたが、その地域は大陸からの子どもたちのバスによる遠足で1-2週間の滞在に使われているところ。私も何度か大陸の例えばロシア、ハンガリー、フランスなどの学生と同じになったこともある。彼らは先生引率で来てホームステイをするんだけど、観光と語学研修をかねて来ている。ホストファミリーは先生は流暢な英語なんだけど生徒はかたことで意思疎通をはかるのが難しいといつもなげいていたよ。 私も最初は日本の業者の紹介で行き、何も知らずに空港からホストファミリーの家までキャブで行ったんだけど当時、70ポンドだったかな。ロンドンのタクシーはすべてのストリートのことを知っているからいいのだが、ホストファミリーに怒られたね。だってなぜ安い地下鉄を使わないんだってね。地下鉄だと時間もかかるけど、確か10ポンドもしない。よってその後は地下鉄Tubeで行き来するようになったんだ。 初日は地下鉄やバスの乗り方を教えてもらって、私は観光目的だったので、ロンドンまで地下鉄で40分くらい。たまにストライキで止まってしまうと、バスで乗り継いでいったりと、その時の状況でいろいろなことをやったな。懐かしい。 そういうホストファミリーとはすでに長いお付き合いになっているよ。 何ごとも経験という考えの私なので、~~ああ~~またロンドンやイギリスの地方に行きたい。ほとんど日帰りの地方散策もそれは鉄道やバスを使ってなんだけどいろいろなところにも行ったからね。 日本もゾーン制とか1日フリー券とか、往復チケットの割引などやればいいのにね。またiというインフォメーションもないし、両替所もない。こういう旅行者にとっての基本がまだ日本にはないのも残念だ。 英語教育を小学校3年からになるという案があるようだけど、すでに親の考えで幼児から英語も教えている。それは正しいと思う。 さらに子供だけでなく大人もするべきである。 でもロンドンなど国際都市にいると普段はみんな母国語で話していて、英語も使えるという人が多いことに気がつくし、正しい英語をみんなが使っているとも思えない。でも意思疎通ができればいいんだから、私も最初は英語で無理ならとメモ帳に絵を書いたりして会話をしたりとしていた。辞書も最初は持っていたけど、そもそも現地では語学研修ならともかくも、観光では使わない。単語がわからなければ連想ゲームのようにそれに関連する単語で説明することでわかるからだ。 ああ、本当になつかしい。日本を探索するより海外を探索するほうがよっぽど面白い。
" />

Home » イギリス全般 »一般 » Currently Reading:

今朝もイギリスからクリスマスカードが届いた

December 14, 2013 イギリス全般, 一般 No Comments

イギリスからのクリスマスカードは早いな、私が毎年早めに出すからかもしれないけど。以前10年ほどホームステイをした家族からのカードが届いた。もうロンドンに行かなくなって10年近くになる。本来なら毎年行きたかったんだけどね。

個人旅行でホテルに泊まったのは最初の海外旅行のグアムだけで、その後はイギリスとオーストラリアとホームステイで2-3週間滞在するという形をとっていた。イギリスは最初は語学研修でBrigntonだったけどそこは1回だけ。その後はロンドン郊外に10年連続毎年お世話になった。最初に3w滞在したのがきっかけでその後は毎年夏やGWに。

以前にも書いたが、その地域は大陸からの子どもたちのバスによる遠足で1-2週間の滞在に使われているところ。私も何度か大陸の例えばロシア、ハンガリー、フランスなどの学生と同じになったこともある。彼らは先生引率で来てホームステイをするんだけど、観光と語学研修をかねて来ている。ホストファミリーは先生は流暢な英語なんだけど生徒はかたことで意思疎通をはかるのが難しいといつもなげいていたよ。

私も最初は日本の業者の紹介で行き、何も知らずに空港からホストファミリーの家までキャブで行ったんだけど当時、70ポンドだったかな。ロンドンのタクシーはすべてのストリートのことを知っているからいいのだが、ホストファミリーに怒られたね。だってなぜ安い地下鉄を使わないんだってね。地下鉄だと時間もかかるけど、確か10ポンドもしない。よってその後は地下鉄Tubeで行き来するようになったんだ。

初日は地下鉄やバスの乗り方を教えてもらって、私は観光目的だったので、ロンドンまで地下鉄で40分くらい。たまにストライキで止まってしまうと、バスで乗り継いでいったりと、その時の状況でいろいろなことをやったな。懐かしい。

そういうホストファミリーとはすでに長いお付き合いになっているよ。

何ごとも経験という考えの私なので、~~ああ~~またロンドンやイギリスの地方に行きたい。ほとんど日帰りの地方散策もそれは鉄道やバスを使ってなんだけどいろいろなところにも行ったからね。

日本もゾーン制とか1日フリー券とか、往復チケットの割引などやればいいのにね。またiというインフォメーションもないし、両替所もない。こういう旅行者にとっての基本がまだ日本にはないのも残念だ。

英語教育を小学校3年からになるという案があるようだけど、すでに親の考えで幼児から英語も教えている。それは正しいと思う。

さらに子供だけでなく大人もするべきである。

でもロンドンなど国際都市にいると普段はみんな母国語で話していて、英語も使えるという人が多いことに気がつくし、正しい英語をみんなが使っているとも思えない。でも意思疎通ができればいいんだから、私も最初は英語で無理ならとメモ帳に絵を書いたりして会話をしたりとしていた。辞書も最初は持っていたけど、そもそも現地では語学研修ならともかくも、観光では使わない。単語がわからなければ連想ゲームのようにそれに関連する単語で説明することでわかるからだ。

ああ、本当になつかしい。日本を探索するより海外を探索するほうがよっぽど面白い。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives