Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

これも国が自由に使える金欲しさのサービスなのか

July 12, 2014 ニュースに関するコメント No Comments

菅義偉官房長官は11日午後の会見で、少額投資非課税制度(NISA)について、非課税となる限度額を倍にすることができないか、検討していく考えを示した。(ニュース記事より引用)

NHKでも報じていたが、これってわけがわからないのは、政府がこれまで自由に使える借金を積んでいたものがいままでは国民の貯蓄で1500兆円ある、だから財政破綻はしないと言っていたはずなのに、さらにこの金額をこのNISAに使ってくれと言っていたことだ。

何かすべて1500兆円しかない預貯金を元にした国の借金とかこの記事のことって矛盾しないのか。

もし国民が預貯金をすべて現金化するとどうなってしまうのだろうか。利息をつけて戻してくれるのだろうか。それともすでに借金1000兆円を超えたから払い戻しはできないと言うのだろうか。

何かこの預貯金があるから大丈夫という言い方は本当なのかと思ってしまう。

それともすでに国の借金が1000兆円を超えているのだから、預貯金はいづれは国民に返すことを禁止するというのが本来の正しい判断ではないのか。だってすでに借金として使っているんだから、現金はないはずである。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives