Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

結局、年金も破綻、介護保険も破綻なのか、政治家は自分の報酬は確保して周りの仕組みでは厳しく削減するんだ

January 13, 2015 ニュースに関するコメント 3 Comments

高齢者の介護サービスを行う事業者に税金などから支払われる「介護報酬」について、政府は来年度、2.27%引き下げることを11日に決めた。特別養護老人ホームなどの収益率が高く、「もうけすぎ」との声があるため。 こうした指摘に対し、都内の老人ホームは、「多くの入所希望者に応えるため、空きがでると、すぐに次の高齢者を受け入れるなど努力した結果、収益がよくなった」という。(ニュース記事より引用)

やはり頑張った人や組織には報酬は上がらないんだよ。上がるのはこの記事のように国民が苦しい状態になっても政治家の報酬だけは満額確保するというだけの話・

ところで国民の意識として政治家の報酬はいくらでいいかという調査でもやってみたらどうか。

政治家や公務員にも成果主義をいれるべきではないのか。

そもそも自公政権の失策で今の財政問題や不景気を出しているのに、なぜ彼らだけは優遇されているのだろうか。

年金も介護も期待がもてないということだ。破綻寸前ということだ。

Currently there are "3 comments" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    民間企業ってよく若者を入れるために定年制度があると聞くけど、なぜ政治家や公務員には定年というのがないのか。60歳で定年、あるいは5期当選したら終わりとかすればいいのに。若者支援とか成長戦略でやろうとしているけど、なぜ政治や公務員にはそういう制度がないのだろうか。

  2. tetsujikenny says:

    民主主義の原点、民衆の団結あるいは社会を変えるためのデモがフランスをはじめいろいろな国にあるけど、日本はデモ抑制、そもそもデモはテロと言う人もいるし、そもそも民衆の声で社会を変えようとする考えがとにかく低い。

  3. tetsujikenny says:

    介護関係者もストライキをしたらどうか。1週間でもやれば、困る人が出てきて政府も考えなおすのでは。そもそもマレーシアかインドネシアから介護人員を呼んだはずなのに、なぜ待遇は悪くなるのだろうか。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives