Home » 素朴な疑問 » Currently Reading:

ふと思うこと~加害者は人生を謳歌し被害者は人生を失う

March 7, 2016 素朴な疑問 No Comments

すでに311から5年、連日報じられる映像を見ると以下のようなことを感じる

原発関係者、東電や政府、行政など彼らの5年は仕事も住居もあって、給料も上がっている。つまり人生を謳歌している

一方被害者である多くの地域住民はこの5年を失い、元の生活にも戻りきれていない。

これってひとつの格差の現れであって、自然災害といっても、加害者である原発推進者はいまだに人生を維持している。

被害者の人はその元の人生さえ取り戻していない。いや失っている。これって平等といえるのだろうか。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives