昨今の音楽業界、特にCD市場の不調要因として、インターネットや携帯電話、昔は従来型携帯電話の着メロや着うた、現在では各種音源を使えるスマートフォンの普及に代表されるメディア環境の変化・競合の登場以外に、視聴者の音楽離れが進んでいるのではないかとする意見がある(ニュース記事より引用) 昔はPCでブラウザを表示するとラジオステーションという世界中の音楽を無料で聞けた。そして海外にある自分の好きなジャンルのラジオ局もあることを知ってそれを聞くようになった。つまり以前は確かにレコードからCDと集めていた時期もあった。でも今は違う。 そう時代の流れはすでにコンテンツはネットで楽しむであって、CDやDVDを買ってまでというのは私の環境ではない 音楽も日本の音楽もまったく変わらずで集団主義の結果、お互いのレベルに関係なく共存共栄、さらに日本ではブーイングの習慣もないので、彼らのレベルが低くてもそれを批判する対象にならない。だから彼らのレベルは世界のレベルからするとかなり低い。 そしてネットでは有名な歌手の動画も無料で見れる。それが今なのである。わざわざコンテンツを買わなくてもいくらでも楽しめる。 記事では音楽離れと書いているけど、それは日本の楽曲から離れているという意味ではないか。わざわざ同じ時間があるのに、世界には有名人のコンテンツもあるなかで、レベル評価もできないような日本の楽曲をわざわざ聞くのかと言いたいのである。 今のままでは日本だけ取り残されるだろう。一部のマニアが本来の目的である、例えば歌手なら歌唱力とか表現力で認められるのが日本の場合は単にかわいいとか全く本業に関係ない評価でまだビジネスが成り立っているというだけ。 もうここまで過去を維持するなら、無視。 世界の今をネットで音楽でも動画でも楽しむのが私の今なのである。 CDやDVDはPCでも利用できるけどわざわざ買うなんてない。ステレオ装置も必要ない。そもそもそれをじっくり聞く時間もない。ただバックグラウンドミュージックとして、何かをしている時も流れていればいいのである。 そういうライフスタイルも想像もできない日本の関係者のビジネスは先が見えている。
" />

Home » 一般 »動画 »音楽全般 » Currently Reading:

音楽離れではなくどういう状況で音楽を聞くかの環境を関係者は調べていない結果では

April 8, 2016 一般, 動画, 音楽全般 No Comments

昨今の音楽業界、特にCD市場の不調要因として、インターネットや携帯電話、昔は従来型携帯電話の着メロや着うた、現在では各種音源を使えるスマートフォンの普及に代表されるメディア環境の変化・競合の登場以外に、視聴者の音楽離れが進んでいるのではないかとする意見がある(ニュース記事より引用)

昔はPCでブラウザを表示するとラジオステーションという世界中の音楽を無料で聞けた。そして海外にある自分の好きなジャンルのラジオ局もあることを知ってそれを聞くようになった。つまり以前は確かにレコードからCDと集めていた時期もあった。でも今は違う。

そう時代の流れはすでにコンテンツはネットで楽しむであって、CDやDVDを買ってまでというのは私の環境ではない

音楽も日本の音楽もまったく変わらずで集団主義の結果、お互いのレベルに関係なく共存共栄、さらに日本ではブーイングの習慣もないので、彼らのレベルが低くてもそれを批判する対象にならない。だから彼らのレベルは世界のレベルからするとかなり低い。

そしてネットでは有名な歌手の動画も無料で見れる。それが今なのである。わざわざコンテンツを買わなくてもいくらでも楽しめる。

記事では音楽離れと書いているけど、それは日本の楽曲から離れているという意味ではないか。わざわざ同じ時間があるのに、世界には有名人のコンテンツもあるなかで、レベル評価もできないような日本の楽曲をわざわざ聞くのかと言いたいのである。

今のままでは日本だけ取り残されるだろう。一部のマニアが本来の目的である、例えば歌手なら歌唱力とか表現力で認められるのが日本の場合は単にかわいいとか全く本業に関係ない評価でまだビジネスが成り立っているというだけ。

もうここまで過去を維持するなら、無視。

世界の今をネットで音楽でも動画でも楽しむのが私の今なのである。

CDやDVDはPCでも利用できるけどわざわざ買うなんてない。ステレオ装置も必要ない。そもそもそれをじっくり聞く時間もない。ただバックグラウンドミュージックとして、何かをしている時も流れていればいいのである。

そういうライフスタイルも想像もできない日本の関係者のビジネスは先が見えている。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives