Home » ニュースに関するコメント »偽装大国日本 » Currently Reading:

偽装大国日本: これではVWの問題と同じ

三菱自動車が燃費試験で不正行為をしていたことが明らかになった20日、水島製作所(倉敷市水島海岸通)は対象車種の生産停止に追い込まれることになった。「これからどうなるのか」―。従業員からは不安や戸惑いの声が上がり、取引のある岡山県内の部品メーカーはブランドイメージや業績悪化を懸念した。(ニュース記事より引用)

結局日本でもVWの不正と同じことをやっていたということだ。

また国交省の管轄ではないか。国交省もVWの問題の問題のときに全国で調査をしていればよかったのかも。国交省は管轄というよりもただ事後処理をしているだけの省庁にすぎない。別になくてもいい存在。だって国交省管轄の問題はなんやかんやと話題になるけど国交省のその後の改革で改善したという記事を見たことがない。

やはり隠したいものは隠せるという技術だけが日本にはあるとしか思えない。

偽装大国日本はもう偽装することが当たり前の社会になっている。

技術立国、一部はそうかもしれないけど、品質など偽装で表面上OKに見せている部分も多いということの現れでもある。

救いようがない。

関係者はすべて責任をとって会社をやめて経営者も総入れ替えにするべき。それができないなら倒産するしかないのでは。

大企業だから問題が起きても許されるというのも問題ではないか。中小企業だったら倒産になるのに、大企業だけ結果として許すようなことも問題。

東芝でもあの東電もすべて社会が許しているではないか。そして被害を被っているのはいつも従業員やその地域周辺の人。当事者が裁判になって有罪になって服役なんてありえない。すべて偽装しても許す社会がこの日本でもある。

いつも中国のことばかり批判しているけど、日本だって偽装や真似はしているではないか。それをやらないと今の存在もその位置も確保できないのだから。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives