ヘリの出す騒音が被災者の不安感を増幅させるだけでなく、生き埋めとなっている人の発する声が届かなくなる、というのがその理由だ。同時にドローンによる代用にも注目が集まっている。(ニュース記事より引用) そうyahooの記事に対するコメントを見ると過去にも批判のあった災害時のヘリの運用、マスコミは私も書いたことだけど ・中央主義でスクープばかりしか興味ない 壊れた過酷とか崩れた現場、救助中の状態、そして助かった人、あるいは…そういう映像を撮りたいだけ ・誰のためにわざわざ現場に行くのか不明 そう311の時もわざわざキャスターが現地に定期的に行き、彼のドキュメントを作っているだけだった。その取材で得た課題が次の訪問で解決したのかという報道は一切ならかった。それは被災状況を伝えるNHKでも同じ、問題指摘はするけどそれを解決する、あるいは過去の災害から学んだことの紹介もない ・災害時にあった諸問題をまとめたサイトもないし、改善したという経緯もない ・いつも同じ ・中央の東京の放送局は災害に関係なく、いつも番組出演者のために作られているので、映像も使い回しもあれば独自のものも。でも内容はほとんど同じ。それを永遠に1Wは続ける。それは土日だけの番組もあるから。さらに月曜から始まる番組も金曜から土日とおさらいもする。つまり番組出演者のための番組でしかなく、今どうなっているのかという報じ方を一切しない ・ここ数日と書いてきたけど現地からそれぞれ独自の放送局をたてて必要なもの、問題を流す。あるいはまとめていくというのがない ・報道を1-2社にすることには賛成、だってどこも同じだから、さらに現場主義にして、地方にもマスコミがあるのだから、すべて中央が仕切るのはやめることだ。 — 日本の報道はいろいろあっても100人いると1つのことしかどこも報じない。100人がそれぞれの視点で取材してその結果を報じることがない。だからとてもレベルが低すぎる。 だからこそ現場主義で独自の放送局を作って、現場の状況を報じて欲しいといいたいのである。別にすごい機材などいらない。映像がなければサイトだけでもいい。とにかく対象者が誰で、それを誰に向けて報じるのかを明確にするだけで変わる。 今は個人でも情報発信できる時代、東京のような中央ばかりに任せないでほしい。彼らに合わせる必要もない。 私もほとんど今は日本のニュースはYahooの記事を見るくらいで、テレビではたぶんトータルでも週に1時間ほどしかみなくなった。だってどこも同じだから、さらに現場のトータルの情報がないから、本当に被災している人は大変だと思う。 現状がダメなら自分たちで独自の放送局をつくるしかないということだ。 ヘリもドローンを活用というのも数日前から書いている。 日本の中央でスタジオにいるキャスターは高報酬のわりにはとても現場を知らない人が多すぎる。
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

過去から学ばない日本のマスコミ報道

April 21, 2016 ニュースに関するコメント 1 Comment

ヘリの出す騒音が被災者の不安感を増幅させるだけでなく、生き埋めとなっている人の発する声が届かなくなる、というのがその理由だ。同時にドローンによる代用にも注目が集まっている。(ニュース記事より引用)

そうyahooの記事に対するコメントを見ると過去にも批判のあった災害時のヘリの運用、マスコミは私も書いたことだけど

・中央主義でスクープばかりしか興味ない
壊れた過酷とか崩れた現場、救助中の状態、そして助かった人、あるいは…そういう映像を撮りたいだけ

・誰のためにわざわざ現場に行くのか不明
そう311の時もわざわざキャスターが現地に定期的に行き、彼のドキュメントを作っているだけだった。その取材で得た課題が次の訪問で解決したのかという報道は一切ならかった。それは被災状況を伝えるNHKでも同じ、問題指摘はするけどそれを解決する、あるいは過去の災害から学んだことの紹介もない

・災害時にあった諸問題をまとめたサイトもないし、改善したという経緯もない

・いつも同じ

・中央の東京の放送局は災害に関係なく、いつも番組出演者のために作られているので、映像も使い回しもあれば独自のものも。でも内容はほとんど同じ。それを永遠に1Wは続ける。それは土日だけの番組もあるから。さらに月曜から始まる番組も金曜から土日とおさらいもする。つまり番組出演者のための番組でしかなく、今どうなっているのかという報じ方を一切しない

・ここ数日と書いてきたけど現地からそれぞれ独自の放送局をたてて必要なもの、問題を流す。あるいはまとめていくというのがない

・報道を1-2社にすることには賛成、だってどこも同じだから、さらに現場主義にして、地方にもマスコミがあるのだから、すべて中央が仕切るのはやめることだ。


日本の報道はいろいろあっても100人いると1つのことしかどこも報じない。100人がそれぞれの視点で取材してその結果を報じることがない。だからとてもレベルが低すぎる。

だからこそ現場主義で独自の放送局を作って、現場の状況を報じて欲しいといいたいのである。別にすごい機材などいらない。映像がなければサイトだけでもいい。とにかく対象者が誰で、それを誰に向けて報じるのかを明確にするだけで変わる。

今は個人でも情報発信できる時代、東京のような中央ばかりに任せないでほしい。彼らに合わせる必要もない。

私もほとんど今は日本のニュースはYahooの記事を見るくらいで、テレビではたぶんトータルでも週に1時間ほどしかみなくなった。だってどこも同じだから、さらに現場のトータルの情報がないから、本当に被災している人は大変だと思う。

現状がダメなら自分たちで独自の放送局をつくるしかないということだ。

ヘリもドローンを活用というのも数日前から書いている。

日本の中央でスタジオにいるキャスターは高報酬のわりにはとても現場を知らない人が多すぎる。

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    今朝のテレビ番組で三菱自動車の不正でこの企業は過去にも不正があって、何も変わらないことをマスコミが指摘していた。とにかく日本はいろいろな事件や災害から学ぼうとしない。マニュアルがないと何もできない。マスコミも相変わらずスクープの紹介だけである。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives