豊洲市場は東京ガスの工場跡地に整備。ベンゼンなどの有害物質による土壌や地下水の汚染が確認されたため、都は平成23年8月から約850億円かけて土壌汚染対策を実施した。対策については、専門家会議の提言を受け、約40ヘクタールの敷地内の表土を約2メートル削って汚染を除去した上できれいな土を搬入し、4・5メートル分の盛り土を行うと都議会やホームページなどで説明していた。だが、都によると、食品を扱う水産卸売場棟▽水産仲卸売場棟▽青果棟-など主要な5棟については建築設計を行う際、配管などを通すため床下に約4・5メートルの地下空間を設ける必要が生じたため、実際には土壌を除去しただけで、盛り土は実施しなかったという。(ニュース記事より引用) 都政のこのやり方はミスを知りながらそれを公開もせず、ミスを何かでごまかそうという意図がある。 こういうことばかり日本全国にあるのではないか。 表面上、目に見えるところだけは安全で実は見えないところは問題だらけというパターンである。 ごまかしをごまかしで隠す日本人の悪い伝統である。 すでに偽装は前から記事になっているけど、結局、技術大国日本と言いながら、実は偽装でごまかしているということではないか。 あの三菱自動車の燃費問題だって何も偽装がなければ技術大国日本にこの企業も入っていた。でも今や偽装をしたブラック企業のひとつになった。 ごまかしばかりの今の日本社会。 技術大国とか安全とか言うけど、本当はそうではないということを認識するべきである。 たぶんこういう記事が出ても関係している、身に覚えのある関係者は自分のところも確認をしないのだから、、すでに偽装をしている本人になっているという人が大勢いるのではないか。 これは有権者やマスコミにも問題がある。税金で何かをするときはすべてを確認するべきで、今の政治家の議論は問題を表に出す議論をやっていない そもそもこの問題、都知事が変わったからわかったのであって、都議会だって問題にしなかったのだからである。
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

偽装大国日本: 嘘のうえにさらに嘘や偽装

September 11, 2016 ニュースに関するコメント No Comments

豊洲市場は東京ガスの工場跡地に整備。ベンゼンなどの有害物質による土壌や地下水の汚染が確認されたため、都は平成23年8月から約850億円かけて土壌汚染対策を実施した。対策については、専門家会議の提言を受け、約40ヘクタールの敷地内の表土を約2メートル削って汚染を除去した上できれいな土を搬入し、4・5メートル分の盛り土を行うと都議会やホームページなどで説明していた。だが、都によると、食品を扱う水産卸売場棟▽水産仲卸売場棟▽青果棟-など主要な5棟については建築設計を行う際、配管などを通すため床下に約4・5メートルの地下空間を設ける必要が生じたため、実際には土壌を除去しただけで、盛り土は実施しなかったという。(ニュース記事より引用)

都政のこのやり方はミスを知りながらそれを公開もせず、ミスを何かでごまかそうという意図がある。

こういうことばかり日本全国にあるのではないか。

表面上、目に見えるところだけは安全で実は見えないところは問題だらけというパターンである。

ごまかしをごまかしで隠す日本人の悪い伝統である。

すでに偽装は前から記事になっているけど、結局、技術大国日本と言いながら、実は偽装でごまかしているということではないか。

あの三菱自動車の燃費問題だって何も偽装がなければ技術大国日本にこの企業も入っていた。でも今や偽装をしたブラック企業のひとつになった。

ごまかしばかりの今の日本社会。

技術大国とか安全とか言うけど、本当はそうではないということを認識するべきである。

たぶんこういう記事が出ても関係している、身に覚えのある関係者は自分のところも確認をしないのだから、、すでに偽装をしている本人になっているという人が大勢いるのではないか。

これは有権者やマスコミにも問題がある。税金で何かをするときはすべてを確認するべきで、今の政治家の議論は問題を表に出す議論をやっていない

そもそもこの問題、都知事が変わったからわかったのであって、都議会だって問題にしなかったのだからである。

Comment on this Article:

September 2016
S M T W T F S
« Aug   Oct »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives