Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

我慢や協力ではなく、税金という交付金で生活できなくなる不安からの怒りではないのか

September 22, 2016 ニュースに関するコメント No Comments

政府が21日、原子力関係閣僚会議を開き、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について「廃炉を含め抜本的な見直し」を表明したことについて、地元からは不信や困惑の声が上がった。(ニュース記事より引用)

成果のない税金の無駄使いは関係者への長期生活保護(保証)になっているだけ。

日本はいやなことを押し付けられ交付金を中央からもらっているけど、それをやめて地元で経済がよくなるように地元、地域中心のやりかたにするべき。そもそも市町村のトップも議員もいて、地域の経済をよくできないのは疑問。何のために地域ごとに政治家や行政があるのか考えるべき。中央から交付金をもらうための政治家はいらない。

小国でも独立して国民を養っているのに、なぜ日本では地域ごとに自立できないのか、そこを考えるべき。地域のために経済などよくしてくれる政治家や行政をつくるべき。

廃炉でも何十年とかかると思うので、そこにも税金を使われるのではないか。こんなことばかりしているから問題なのである。

 

Comment on this Article:

September 2016
S M T W T F S
« Aug   Oct »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives