Home » ニュースに関するコメント »偽装大国日本 » Currently Reading:

偽装大国日本: 隠せればなんでもやっていい行政の対応、オリンピックは返上を!!!

東京都の都政改革本部の調査チームがボート、カヌー・スプリント会場「海の森水上競技場」(東京湾岸)の総整備費が高額だとして移転を提言した問題で、都が2年前に国際オリンピック委員会(IOC)に「本体工事費は98億円」と実際より安い虚偽の建設費を伝え、開催の承認を得ていたことが関係者への取材で分かった。都の資料には本体工事費251億円、総整備費491億円と明記されている。(ニュース記事より引用)

偽装をしてまで権利(オリンピック招致)を取ろうとするのは最悪。これって関係者に当初からの増額分をすべて支払うようにそれこそ整備するべきでは。これも都民や国民に負わせるのか?冗談じゃない!!

もっと関係する全体をすべてチェックをしてほしい。随所にこのようなことがあるのではないか。

そこまで偽装してオリンピックを受け入れる必要があったのか。組織ぐるみの悪質なものではないか。

それを我々にまで責任(増額分の負担)を負わせるな。当初の予算ですべて行うべき。それができないなら2020年のオリンピックは中止にするべき

少なくとも税金はそれを納税した人、国民のために還元すべきで、それを利用して自分たちの業績にする行政は即刻解散するべき。彼らには偽装をするプロ集団と同じである。

何か自分たちで稼ぎもしないのに好き勝手に税金を使う組織は総チェックをするべきだ。

そこまでしてオリンピックをしたいのか。偽装で成り立っている、嘘で勝ち得たオリンピックでいいのか??

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives