Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

偽装大国日本: やはり行政から出ていた統計結果は都合のいいものだった

December 27, 2016 ニュースに関するコメント No Comments

経済産業省は26日、繊維原料や糸、織物の国内流通量を表す繊維流通統計で、回答数の減少を補うために過去のデータを長期間にわたって流用を続け、実態と乖離(かいり)した統計結果を公表していたと発表した。データの不正流用は、少なくとも文書保存期間の平成24年3月まで確認されている。統計の必要性も小さくなっているとして来年1月から廃止する。(ニュース記事より引用)

ひとつ見つかれば他もすべてグレイ。確認してOKとならない限りは無理、さらに今回OKでも続けてデータが正しいのかを第三者が見ていかないと信用はできない

やはり日本の統計は政権与党に都合のいいデータだけを出していたということだ。

これまでも失業率も仕事をしたいと思う人だけを対象にしていたり、年金も行政などの年金のことなども公表しないし、年収の平均も大企業のものばかり。

とにかくいいデータだけを公表し、政府もそれをもとに成果が出ているといってきた。

でもやはり政府は行政府の一員なので監視ではなく協力していい面だけを見せていたということだ。

この統計データ、発表はいいけど政策とのリンクもないのでやめたらどうか。そもそも政策と予算もリンクがない。いつも同じ項目に毎年上乗せしている。

野党もそれらを追求もしないしマスコミも話題にしない。行政府のやりたい放題。日本の現状は立法府が行政府を監視をしているのではなく一緒に国民に嘘のデータを見せていたということだ。

なぜマスコミは全体を見せないのだろうか。いつも同じことばかりで、全体像がまったく見えないではないか。

さらに公文書偽装にもあたる。つまり刑事事件にするべき事案でもある。こういう責任を明確にして罰則も与えるべき。韓国では公的情報を外に漏らして刑事事件になっているけど、日本では身内だけの処分でいいのかと言いたい。公務員は罰則がないような法律を作るのも問題だけどこういう偽装は刑事告発をして、関係者はクビにするべき。

Comment on this Article:

December 2016
S M T W T F S
« Nov   Jan »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives